LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

占いのトリック

uranai

昨日は、過去に受けた占いのことについて、思い出していた。
謎と思っていたものを掘り起こして、考察する作業をしているのである。

数年前、わたしはお見合いパーティに早く来てしまい、時間が余ったので、側にあった占いコーナーを見て、「どんなものなのかやってみよう」と、ただの好奇心で入った。
そこでまず、「人生と恋愛とどっちにしますか」と言われ、わたしはちょっと悩んでから恋愛を選んだ。
その後、名前と生年月日を書かされ、相手のそれも書くように言われた。

じつはその当時、付き合っていたといえるのは20歳年下の身体障害者のKで、彼とはお見合いパーティで知り合ったのだが、あまりに歳が離れているので、これは続かないなと思っていた。
こんな恋人とは呼びにくい人との恋愛を、どう占うんだと思っていたら、彼女はいきなり「あなたは頭のいい人です」と関係のないことを言った。
しかしわたしは、占いというものは、相手が出す情報をもとに、いかにも自分が予言したというふうに語るということを聞いていたので、そのまま反応せず黙っていた。
すると彼女は、Kの名前のところを指さし、「彼は、身体が悪い人です」と言った。
これにはわたしもちょっとびっくりして、「身体障害者です」とだけ言った。

その後、ほかにもいろいろ聞かされたが、正直言って、「それ、確証の持てないことか、誰にでも当てはまることですよね」の内容で、「占いって、もっとスパスパ切れるのかと思ってた」という感想だった。
というか、スパスパ切れていたのは前述2ヶ所だけだったのである。

わたしはいまになって、なんであそこを断言したのかなと考えた。
絶対、なにかヒントがあったはずだと記憶を辿ってみると、あの占いコーナーのあった場所が浮かび、もしかしてあそこの客は全員、お見合いパーティに早く来てしまった人じゃないかなと思った。
だとすれば、わたしが入ってきた瞬間、占い師は「いつもの客だ」と思ったはずだ。
でも彼女は、自分がもっともらしく名前を指さしているときに、わたしがそれを食い入るように見つめていることに気がつく。
「あ! この客はただ時間つぶしに来たんじゃない。占いとはどういうものか、知っていてわざわざ試しに来たんだ」
そこで彼女は、「あなたは頭のいい人です」と冷ややかに言う。
しかし心の中では、「わたしには、あなたの魂胆がよーくわかりましたよ」と宣言している。
そしていつも通り、「この人の年齢からすれば、出れるパーティは少ないはず。この相手は、前々回の障害者編で出会った人だな」と予想して、客を驚かせる。

ここまで考えて、わたしは、なるほど、そういうことかもなーと思った。
やっぱり、ちゃんと考えたらタネも仕掛けもあるよな。
そういえば名前も、Kには韓国名があるとか、下の名前は難しくて書けないだの言ったんだけど、なんでもいいって感じだったもんな。
文字を意味ありげにいじっていたのも、完全なポーズか。
それにしても、そういうの恥ずかしくないのかなー。わたしなら、赤面して冷や汗かくけどね。

-

辛い過去を思い出す。

kushon

躁が上がって、妄想に苦しんでいたここ数日だが、薬を飲んで、ようやくちょっと落ち着いてきた。
でもまだ、なんかわからないな・・・、妄想中に考えたことが、ほんとうに真実じゃないのかどうかが、よくわからない。

わたしは、病気になってからいままでのことをずっと考えた。
双極性障害だけじゃなくて、解離性障害もあったから、たぶん多くの人に誤解されたんだな・・・。
交代人格の思春期の女の子と、2・3歳のちっちゃいゆみちゃんが、みんなの前でなんかやったんだと思う。
いま考えたら、お見舞いの下着3枚のうち1枚が、成人女性用とは思えないほど子どもっぽかったり、遊びに誘うといつも、子どもに言ってきかせるような口調で、「仕事が忙しいねーん。ごめんな?」となだめられたり、わたしがみんなの前ではしゃぐと、無言で立ち去られたりした。
あの人たちのなかじゃ、いまやわたしは、完全にあたまの狂った人になっているよ。
まーその通りなんだけどさ。

そんなちょっと辛い過去を思い出しているうちに、わたしはもう、完全に過去の人々とは関係を断ちたくなってきた。
大学関係は、わたしの異常さを知らないからいいんだけど、高校関係は、いろいろなコネクションで伝わっているだろうしな・・・。
今後一切、高校の同窓会といったものは、無縁にした方がいいかもしれない。
ほんとうは、大学より高校の方が思い入れがあるんだけど、こんなおかしくなった自分を見せたって、陰で「あの子、頭おかしくなってるよ」なんて噂する人が出てくるんだろうしな。

わたしはそのうち、いつもの「なんで自分は悪くないのに、こんな目に遭うんだろう」という怒りで憤然となった。
誰に怒っているんでもなくて、自分の人生にだよ・・・。
勉強をし過ぎて、そのストレスで発症したのに、なんでその結果が子ども扱いなんだろう。
あまりの理不尽さに、世界全体を呪ってしまう。

まえの同窓会で、元彼が寄ってきて「出向になったから、出世がなくなってどうのこうの」と言っていたが、アホかと思う。
健康で、稼げる職があるんだからいいじゃない。
病気やケガで働けないっていうのは、けっこう不幸度が高いから、そういう人間からすれば「そんな小さいことを自分に言うのか・・・」って感じ。
そういうことを考えると、やっぱ同窓会っていうのは、しんどいというよりは、呪いを増幅させられそうな気がするので、やめといた方がいいかなと思う。

-

家でブツブツ独り言

manaita

診察後、もらった向精神薬を飲んで、早く効け~と思っているのだが、なんだか眠い・・・。
これはたぶん、躁による睡眠不足で、デパスを追加してしまったことによるものだろう。
そういえば、デパスって依存性があるんだっけ?

妄想があたまでいっぱいのわたしは、家事ができないので、ちょっと空いたときに、必死でごはんをつくっている。
「えっと! 次はこれをこうして。これはするねんで? ほかは考えるな!」って感じである。
昨日はそれで、揚げだし豆腐となすびの田楽をつくった。
でも、なすびがほとんど残ってしまった。
食欲がない・・・、躁だな、やっぱり。

わたしは、躁になったときの心得を、何度も唱えた。
「1.すぐ病院に行く。 2.薬を飲む。 3.誰にも会わない、SNSもしない」である。
そうして、それを実行している。
ブログだけはいいことにしているんだよね。これは記録にもなるからさ。

それにしても、昨夜1錠飲んだだけで、今日はちょっとマシな感じ。
躁は、早期発見・早期治療が大事なんだよね。
18年もの間、この波で人間関係を破壊してきたんだから、もう失敗したくないよ。
しばらくは、家でブツブツしゃべりながら、誰の害にもならないようにするわ。

-

妄想に苦しむ。

table_is
今日は、躁が上がっているっぽので、急遽、クリニックへ行った。
のだが、昨日眠れなかったので、わたしは夜中の2時半に追加眠剤を入れてしまい、朝は躁というよりボーっとしていた。

「独り言が止まらないんです。ごはんの用意もできないし、食べれないし、なんか一日中しゃべってて、何も何をやってんのかわからないんです」
「それって、一段階下がってるやん」
「えっ どういうことですか」
「だって、そうやろ、。一日、人ともしゃべらんとネットばっかりやってたら、そうなるんちゃう? デイケアに来れば?」
「人と会うのは嫌だし、しゃべりたくもないです」
「××さん(わたし)、なんか、変わったなあ~」

とりあえず先生は、躁に効く抗精神薬を出してくれた。
これで、しばらく様子を見れば、ちょっと妄想が収まるかもしれない。

ところで、わたしは昨晩、古い古い記憶が蘇った。
当時親友3人が、テーブルに両肘を乗せ、わたしの前方で無言で凍りついている姿だ。
彼女らのあの態度は、「怒ってる?」「凍りついている?」「恐怖で固まっている?」なのだが、もしかしたら別人各「ちっちゃいゆみちゃん」が出ていたのかな。

なんか、いまだに混乱しているので、あんまり書けない。
薬が効いて、早くまともになればいいなと思う。

-

様子がへん

oshaberi_tori

なんか、様子がおかしくなってきた。
たぶん、躁が上がってきていると思う。
空想が止まらなくて、ごはんも作れないし、あまり食べられなくなってきた。
今日こそ食べなきゃと思うけど、台所に入るとまた空想が始まって、いつまで経っても食べられない。

やばいかも・・・。
でも、今日って日曜日だよな。
クリニックが開いていない。
なんとか空想が収まってくれないかと思っているけど、困った・・・。

いまはとにかく、用事の一つ一つをちゃんとこなすのに一生懸命。
なんか、ヤバいことにならないように気をつけないと。

-

過去の発見

gakko_tsukue

アインシュタインの「想像は知識より大事」という教えに従い、また想像していたら、再び過去のことで発見をしてしまった。
高校3年生のときの謎である。

このときわたしは、同じクラスのEさんから、カセットテープを大量にもらったために交際を断れず、3ヶ月間ほど苦しんだ時期があった。
しかしその後、意を決して彼を断って、あースッキリしたと思っていたら、なんかの二次会で、もう一人わたしに告白をしてきた人と二人で、クラスの大半が大合唱して、ツーショットをさせられたのである。

わたしはそのとき、なんでみんなが秘密のはずの告白を知ってるの? と謎に包まれたまま終わったのだが、いま考えてみると「そーか!」と合点がいく結論が出たのである。
つまり簡単だが、それは、わたしがEさんとの付き合いを嫌々していることを、彼を始めとするクラスの全員が知っていたのだ。
それから、彼の苦悩が始まった。
好きな女の子が、好きでもない男に無理矢理付き合わされていてるのに、自分は口出しできない、助けられない、しかもそれを同じ教室で見ていなければならない、という地獄である。
Eさんと別れたあとに、みんなが「よかったねー」と、彼とわたしがカップルになったわけでもないのに喜んでいたのは、彼が苦しみから解き放たれたからなのか。
なるほどね。
クラスのみんなで、休み時間のたびに「あーあ。また死んでる・・・」みたいなことを、コソコソやっていたんだろうな。

そういうわけで、わたしは3年前の同窓会のときを思い出してみた。
そのとき、彼は「すいません!」と謝って消えていったのだが、いま思うと、そんなに苦悩していたその人が、なぜまた謝って会場で逃げ回るんだろう。
「そんなこともありましたね!」って笑ってくれる人だったらいいけど、わたしはあのとき何も言わなくてよかったのかな?

いろいろ考えているうちに、わたしは今度の同窓会で、このことを修復した方がいいのかなと思い始めた。
同窓会って、シワシワになるまでやるんだし、誰か近い人に相談した方がいいんだろうか。
弘兼兼史のマンガにもあったが、男性は70歳になっても、昔の女性のことを覚えていたりする。
あのときみたいに、「ツーショットさせられたけど、意味わかんない」とか言って逃げちゃっていいのかな。

こういうとき、男性はどう思うのかわからないので、いつもカンニングみたいで悪いけど、もはやお悩み相談室になっているH主治医に尋ねてみようかな。
予想では、「べつにそんなん、気にせんでもええんちゃう」「もう、ほっとき。あなたにできることはありません」だが、まあ一応、確認はとっておきたいよな・・・。
友だちがいなくなってしまったいま、学生時代の友だち関係って、わりとわたしにとっては大事なんだよね。
無理かもしれないけど、楽しかった時代に陰を落とすようなものは、取り去りたいんだよね。

-

吐き気がする過去

kangaekomu

昨日は、吐き気がするほど考え込んだ。
テーマは、10~30代にかけて4回付き合ったカレシEさんについてである。

この人は、高校のときはとてもひたむきで純粋だったのだが、社会人になってから、再びわたしと付き合い始めたとき、突然現れた友人の友人女性に、その日のうちに言い寄って、わたしへの当てつけのようにして去ったのだ。

わたしはそのことについて、「高校のとき、あんなにわたしを好きだったんだから、ただの浮気だろう」と思っていたが、アインシュタインの「想像は知識より大事」の教えに従い、あれこれ想像してみると、なんだか「最初は軽い気持ちだったにしても、途中から本気だったのでは」と思えてきた。
彼女は、24歳にして「誰とも付き合ったことがない」という美しい女性だった。
Eさんはその清純さに目を奪われ、おそらく、見せるもの連れて行く場所すべてに、驚き感動してくれる女性に、すっかり得意になっただろう。
この女性を、ずっと自分のものにしておきたいと、やがて思うようになったかもしれない。

でも、もともと門限があるほどの家だから、彼はしょっちゅう、彼女の親から、付き合いについて詮索されたと思う。
「どこの大学? どこにお勤め? どういうお友だちと知り合い? さあ、今日もお夕食を召し上がっていって」
そのうち、彼は次第に「俺は、彼女と付き合いたいわけで、家族とじゃない」と思い始める。
「俺、××ちゃんと二人で、外で会いたいんねん」
「なんで? 家族もEちゃんのこと、気に入ってるのに・・・、家に来るの嫌なんておかしいわ」
「嫌じゃないけど、べつに家に行かんでも会えるやろ?」
「そんなん・・・、Eちゃん、ほんまにわたしのこと、好きなん?」

男脳のわたしが、女脳をクロスすると、ここで男性はふつうに「カノジョは俺と付き合ってるのに、なんで家族をそこに入れたがる?」で、女性は「わたしの大事な家族なんだから、仲良くしてくれて当然じゃないの?」って感じかなと思う。
その流れで、わたしが想像を膨らませると、彼女はだんだん、「まさか、遊びなのかな・・・」「もしかして、わたしと結婚したくない?」と思い詰め、美しい顔から笑顔が消えていき、「Eちゃんの気持ちがわからない・・・」と、沈んだ表情を見せるようになる。
彼は、そんな彼女を見たくないのだが、どうやら彼女が望んでいる結婚だけは、まだ20代でする気はない。
挙句、追い詰められて、前のワルイ女(=わたし)のところへ逃避行する。

わたしは、「浮気が終わったか」くらいに考えていたが、あのときの、思い悩んだ表情とかなにかから逃げようとしている感じは、やっぱり彼女をほんとうはまだ大好きで、いわば失恋の傷心旅行みたいなものだったのかなと思う。
きっと、彼女に別れを告げたとき、彼女は美しい泣き顔で、彼の心に深い傷を残しただろう。
そんで、最初から最後まですべて、ガラスの箱に入れられて、永遠の海に沈められたのかもしれない。
つまり、わたしは完全に脇役だったってことか。
想像の奥底にあった、古い古い記憶を検証したら、浅はかに生きた自分に自己嫌悪して、ほんとうに吐き気がした。

-

歯科に通う

dental

なんとなく鏡を見たら、歯の上の方が着色していたので、一昨日、歯科へ行った。
すると、ショックなことを言われたのである。

「詰め物が3個取れてますね。この着色は、削れたところが染まっているので取れません。それから、歯石を取らないとダメですね。なんでいっぺんにしないかっていうと、だいぶ奥に詰まっているので、一気にやるとモノが噛めなくなるからです」

えー! そんなにあちこち悪いの?
それに、着色だって、つい1年前くらいはなかったんだよ・・・。
確かに最近、コーヒーをよく飲んでいるけど、そんなんで色が取れなくなるものなの?

それに、歯石を取るのに、モノが噛めなくなるほどしみるってどういうことだ。
それって、かなり痛いということでは・・・。
痛いのが大嫌いなわたしは、心がとても重くなった。
これから何週間もの間、苦役と闘わなくてはならないのか・・・。

でも、歯槽膿漏とかになったら絶対嫌だ。
わたしは、歯磨きの仕方を教わって実践したが、まえから口の奥に歯ブラシを突っ込むと、えずくんだよね。
これが結構苦しいので、歯磨きのときは、ヨダレをだらだら流しながら苦しんでいたりする。
歩きながら歯磨きする人なんて、信じられないよ。

そんなわけで、いま歯磨きを思い出したら、また吐き気がしてきた。
じつは、歯科に行く直前にも、強い吐き気が出て、相当プレッシャーがかかっているんだなと思った。
これからわたしは、なにかあるたびに、ゲゲッて、酔っ払いみたいな汚い吐き気を催さなければならないのか。
まいったなー。これはまた、H主治医に相談しないと。
歯は治さなきゃいけないけど、当分のあいだ辛い思いをしなきゃいけなさそうだな。

-

ハンバーグの日に考える。

hanbag

昨日はハンバーグを食べたかったので、牛豚ミンチを買ってきて、ご機嫌で食べた。
ネタをこねるのって、なんか楽しいな。
キャベツと人参を煮てマヨネーズを和えて、出来上がったハンバーグを食べ、ニュースを見ていたら、いまの生活ってなんの不自由もないなと思えてきた。
発症してから18年間、嵐のような闘病生活を経てきたことを思うと、いまは天国だよ。
ひとえに、気分安定薬ラミクタールという薬のおかげなんだよね。

でも自分から望んだことだけど、世の中から外れて一人カプセルに閉じこもり、時代はもう自分のものじゃないんだと感じながら生きていくことは、少し淋しい気もする。
こんなとき、思い出してしまうのは、高校・大学の同級生たちだ。
わたしが高校生から32歳になるまで、4回付き合っては別れたカレシは、どうしているかな。
浮気の常習犯だった彼は、それが原因で、家が破壊寸前となっていると聞いたが、やっぱり離婚の方向かな・・・。
こんな結末、最初から見えていたのに、なんで結婚なんかするかな。

彼が、3年前の同窓会のときに、「ゆみさんが男やったらよかったのに」と言っていたことを思い出した。
その真意は測りかねるが、お互い価値観がとても似通っていたので、親友としてならずっと付き合っていられたのに、ということだろうか。
そのときは深く聞かなかったけれど、なんか話したいことがあったのかな。
男は決して、女にお家騒動のことなんか話さないからなー。
しかしなんとなく、家という重いものを抱えた一人の男の、隠しきれぬ辛さみたいなものを感じるな。

まーしかしはっきり言えるのは、あちらは若いころからいままで、ずっと同じ時間軸にいて、わたしは途中からレールが替わって、べつの世界にいるということだ。
障害者の世界は、健常者には見えないかもしれないが、やっぱり世の中の隅っこである。
病気の話などは、健常者はいくら仲がよくても嫌がるから、わたしは自分の最大のアイデンティティを語ることができない。
つまり、昔のように活発に意見を交わすことは、すでに無理だと思えるんだよね。
言えないんだけど、そこは「わたしが男であっても、もう前と同じじゃないよ」って感じだな。

結局、前述カレシには、わたしは「健康があれば、なんでもできるよ」とわかりきったことを言ったんだけど、わたしにとってそれが最大ともいえる重みのある言葉だなんて、彼には当然わかっていなかったと思う。
向こうも当たり障りのないことしか言っていなかったから、お互い「こんなこと言ってもわからないか」という雑巾が胃の中に入っていたということかな。
つくづく、歳月って残酷だなと思うけど、その一方で、運命のいたずらが現われて、突然ハッピーになることもあるのかなと考えたりする。

-

ピアスを買いに

pias
昨日は、通院の帰りに、ファッションビルへピアスを探しに行った。
瞬間接着剤に負けてから、ずっとアレルギーの薬を飲んでいるが、いま付けているピアスは、チタン合金でも樹脂でもないので、金属アレルギーを起こしやすいと考えたからだ。

あまり歩くと疲れるので、アクセサリー店に突撃するつもりだったが、ふとインド屋さんが見えて、フラフラと入ってしまった。
女性は知っていると思うが、インド屋さんは、アクセサリーやバッグその他を、300円とかいう破格の安さで売っているのだ。
そしてわたしは、そこで素朴な風合いのオシャレなアンクレットを見つけてしまった。
これを買わずして、なんとしよう・・・。

その後、急いで予定のアクセサリー店をいくつか回ったが、チタン合金や樹脂のピアスは、狙いすましたかのようにカワイくなかった。
一人暮らしを再開するまでなら、「いいのを見つけるまで、とりあえずの品を買っておこう」になるのだが、いまのわたしは、無駄なものは買わない! の主義なので、いやいや焦るなと言い聞かせて、いつもの経路で帰宅した。
それにしても、久しぶりのファッションビルで目の保養になったなあ。
春物の服がいっぱい店頭に並んでいて、あの服も着たい、この服も着たい・・・、でもわたしは、どうせどこにも行かないんだからな。

夕方、家でスマホゲーム「どうぶつの森」をしていると、大学陸上部のキャプテンRちゃんからLINEが来て、「今度、8月11日に集まるよ」とのことだった。
わー。去年はわたしは、体調を崩して行けなかったんだよね。
6学年合同でやるのだが、体育学部ということで、ほとんどが体育教師やスポーツメーカーなどの関連企業に勤めていて、いまでも密接に情報をやり取りしたりしている。
当時の体育学部は、とても上下関係が厳しかったので、6学年も下となると、向こうが奴隷でわたしは神さまのはずなのだが、いまでは皆さん立派になられて、ほんとうに自分が情けないんだけど、よくも悪くもここは日本なので、女性はこういうとき侮蔑されなくて楽である。

わたしは改めて、「着ていく服があるのかなあ」と考えた。
かえすがえすも、シャツをパンツに入れる流行は嫌いなんだよ。
あの恰好をすると、女性はまずお腹がポコンと出て見えるしね。
しかしまー、こんなふうにオシャレのことを考え始めたわたしは、春を感じているんだろうなと思う。
数ヶ月先の話だけど、人と会うチャンスも来たことだし、ここから1年を始めようかって感じ。