FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

Category未分類 1/104

お金がない妄想

昨日は、もし障害厚生年金が2級から3級に落ちたらどうしようを、ずっと考えていた。働く力も場所もないのに、年金がどばっと減らされたら、わたしは生きていけない。企業年金が出る65歳まで、母に援助をもらうことで了承を得たが、やっぱり他人のお金でしか生きていけないというのは、とても不安なことだ。それで、この前年度の家計簿を今さらながら見ていたのだが、あれ? 月△万円貯金しているつもりが、全然できてませんよ...

  •  -
  •  -

日本語教室の好影響

いよいよ、3年に一度の年金審査のための診断書がきた・・・、というので、わたしはHクリニックでもらった瞬間にそれをコピーし、丁寧に読んだ。だがなんだ? ちょっと軽く書きすぎなんじゃないの。すべてここ1年間くらいの話で、日本語教室のボランティアをしたせいで、すべてがいい方向に回っているというような内容だった。えー。このところの、睡眠不足3・4時間は? って診察で言ってなかったんだっけ。ちなみにそれを昨日...

  •  -
  •  -

診断書が下る日

昨日は、暇さあまりに紙粘土でおにぎりをつくった。ぐにゃぐにゃと、粘土を握りしめていると、なんだか気持ちよくて肩こりが治りそうな気がするよ。これからもやろーっと。で、呑気なことをやっているが、今日はいよいよ3年に1回の年金審査のための診断書がおりてくるので、かなり憂鬱なのだ。だって、そこにはわたしの症状について、非道なまでに正確かつショッキングなことが書いてあるから。前回のとき、わたしは「これは誰?...

  •  -
  •  -

日本語教室の講習会

昨日は、日本語教室・講習会最終日であった。朝、ものすごく行きたくなくて苦労する。「いや、でもここで出ておかないと、これから春に調子が悪くなって休まなければならなくなるんだから、点数稼ぎしておかないと」わたしは必死で行った。昔、会社員だったころも、こうして雨のなか、嫌だ嫌だと言いつつ、新しい靴を濡らしながら通勤したっけな。だけど、やっぱり行ってよかった。古参の先生方のうち一人、Eさんに「ちょっと最近...

  •  -
  •  -

精神障害者の仕事

昨日もずっと、ソファにはまって考えごとをしていた。「姿がまともな障害者って、隅に追いやられるよな・・・」先日、わたしに「どこも悪くないのに、仕事もせんとどういうつもりや」という態度をとった大学同級生のほかに、最近ではボランティアの日本語教室の先生のなかでも、「なんにも仕事してないの?」と懐疑的に聞いてくる人がいるのである。健常な人にとって、仕事をしていない=何もしていないなのかもしれないが、精神障...

  •  -
  •  -