FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

Archive2018年02月 1/1

コーヒーで失敗の巻

昨日はやっとカーペットとユッカの木が届いて、せっせと部屋に配置した。これで、思ったとおりのインテリアになった感じ。あとは、ゆったりここで過ごすだけだー。わたしはちょっと前から、昼にあまりに眠いので、元彼Sちゃんが置いていったコーヒーを飲んでいた。しかしそれが尽きたので、食料を買いに行く必要もないのだが、コーヒーを手に入れるためにスーパーへ行った。売り場には、たくさんのコーヒーがあった。ふうん、最近...

  •  -
  •  -

相席バーのこととか

今日は診察日だった。わたしはこの二週間であったことを、H主治医に報告した。「壁に釘を打って、お隣さんに抗議されたんですよ・・・」「壁? コンクリート? それはちょっと・・・、石膏ボードならともかく」「精神病患者やってばれるんじゃないかと怖くて」「考えすぎやろ。ふだん、何も考えることないんやろ?」「はい」「デイケアに来たらええのに」「ん~~。障害者ばっかりで集まってるのって、どうかと思うんですよね。...

  •  -
  •  -

ユッカの木との出会い

昨日は、新しく買ったユッカの木の育て方について、遅まきながら添付書類を見たら、すごく「大切に育ててあげてください!」というメッセージが書かれてあったので、うわーこれは大変だ! と思った。そうだよね、植物も生き物だったんだ・・・。この子はいままで、最良の環境で育ってきていて、突然知らない場所に連れてこられて、不安になっているに違いない。わたしは、書類を一生懸命読み、水やりのタイミングなどを勉強した。...

  •  -
  •  -

精神医療福祉のお粗末さ

一昨日、通院したときに、受付である手続きをするために、「年金受給額は?」と訊かれたのだが、わたしが△△万円×12です」と言うと、看護師さんが「え?」と手を止めてしまった。手元を見ると、もうすでに「○○万円/年」と書いてある。「こんなに少なくないですけど」「(△△万円って)2ケ月で?」「2ケ月?」←精神保健福祉士「1ケ月ですけど」「・・・空欄にしときましょ」そして、彼女らはわたしの申請を無視して、勝手に書類...

  •  -
  •  -

過去のプライド

昨日は一昨日の続きで、精神障害者への理不尽な扱いについて考えていた。こんなことを考えているのは、身体によくないと思うのが、困ったことに、気になることは決着がつくまで考えたいのである。わたしは、数年前にH主治医に訊かれて、元陸上短距離選手で、ある程度の戦績もあることを話したことがある。「短距離100・200です」「へー! すごいやん。100のタイムはなんぼ?」「1○秒○○です」「僕は、50m7秒5やで...

  •  -
  •  -

八方塞がりのときは

昨日は、哲学者のように一日中、考え事をしていた。というか、最近ずっとこれだけど。精神障害者として、これからもずっと人から見下されて、一人で生きていくなんてしんどいな・・・、とふさぎこんでいると、ふと数年前に自殺した身体障害者のMを思い出した。彼もまた、たった一人で、自分の生きている価値を見出すために、あらゆる模索をしていた。車椅子バスケだのダンスだの・・・、でもどれも彼には合わず、「俺はもともと運...

  •  -
  •  -

007を観る。

昨日は、3日目のクリームシチューをようやく片づけて、テレビ観戦することにした。「007は二度死ぬ」である。これは日本が舞台だが、もう何度観たかわからない。007シリーズは、中学生のとき初めて観たのだが、そのときはジェームズ・ボンドが宇宙に行っちゃうというやり過ぎがあって、その後古きよきMI6に戻ったのかな?どっちにしろ、そっちの方がいい。ソファでだら~っとしながら、「あーこの予定調和がいいんだよな...

  •  -
  •  -

クソ豚肉・トマト・大根

No image

昨日の夜は、豚しゃぶにした。寒い冬にほっこり・・・、と考えたのだが、肉を出汁に泳がせて食べてみると、むっ・・・固い!そういえば、脂身が少ないな。安かったけど、やっぱりモノをちゃんと見て買わないといけないな。このまえは、クソトマトとクソ大根を買ってしまった。クソトマトの方は、見た目は全然よかったのだが、切ってみるとこんなのいままで見たことない! っていうくらい白くてカチカチだった。店に、「この前買っ...

  •  -
  •  -

快適なバスタイム

昨日は、考えごとで疲れたあたまを休めたいと思い、お風呂に入浴剤を入れてみた。「草津の湯」である。それは、黄緑色でさわやかな香りがした。「うわー、これはいいわ」と思いながら、わたしは自分好みの41℃くらいのお湯に浸かった。BGMとして、ユッカの木に聴かせるためのジャズピアノを洩れ聴く。なんて気持ちいい・・・!わたしは、入浴剤は高いから買えないよと思っていたが、ずっと家にしかいないんだし、これくらいの...

  •  -
  •  -

一家に舞い降りた不幸

昨日は、一週間ぶりくらいに、買い物のあとで散歩した。寒波がずっと来ていたけど、この日はとても暖かかった。いつもながら、散歩コースの住宅街には、誰も人がいない・・・。あー気持ちがいいな、と思いながらも、わたしは1年ちょっと前からの上の空が治っていなくて、帰宅してから考えると、散歩の途中の風景を覚えていなかった。危ないんじゃないのか・・・、なにを思索していたのだろう。その後、明日の夕食の鶏のから揚げの...

  •  -
  •  -

平和の祭典とやら

昨日の夕食には、鶏のから揚げとキャベツとトマト、そしてナス田楽の残り物を食べたのだが、このナスがこれまたボケナスビで最悪だった。切ったとたん現われたのは、白くなったスカスカの中身。○○スーパーは、この前もクソトマトを売ってくれたが、またか! とわたしは形相になった。しかも話はそれだけでは終わらなくて、気を取り直して買ったトマトは、今度は熟し過ぎてぐにゃぐちゃになっていた。ちょっとー!! こんなの、よ...

  •  -
  •  -

ドッグタグ検討

昨日もいろいろ考えごとをしていたのだが、7年前に躁が大爆発して、赤ちゃん返りしてしまったときのことを思い出して、ふと「いまの状況はあのときと似ている」とギョッとしたのだった。あのときも、たった一人でマンションにこもり、恨みつらみをつぶやきながら、あたまをカッカとさせていたのだ。その後、わたしはどうやら記憶が途切れ途切れとなり、窓のカギの閉め方、お風呂の入り方がわからなくなった。あとからわかったのだ...

  •  -
  •  -

観葉植物にスズメの来訪

昨日の大阪は、雪がちらつくほどの寒さで、わたしは家でじっとしていた。雪国の人からすれば、そのくらいで・・・って感じかもしれないけど、まあ南国の人に言っても仕方ないって思ってもらえると有難い。それでわたしは、いつもの日課で、ユッカの木の側のレースカーテンを引いて、この子を日光浴させていた。すると、10匹近いスズメがちゅんちゅん! と、外のベランダに置いてある観葉植物に向かって、飛んできたのである。そ...

  •  -
  •  -

ひざ掛けをしながら考え事

昨日は、昼からぼーっと眠くて、ちょっとウトウトしよう・・・、と持ち出してきた布団を下半身にかけたら、すごく暖かくなってびっくりした!背中からお尻にかけて電気毛布を当てているから、ちょうどコタツと同じような感じになるんだね。これは、電気代の大幅節約になっていいわー。それで、半目を開けながら、オリンピックのハーフパイプを観ていた。すごい運動神経だなあ・・・。あれは、練習したからといって誰もがやれるもの...

  •  -
  •  -

診察室でペラペラペラ

今日は診察日だった。今朝も、磁気パルス爆弾の恐怖に怯えていたわたしは、H主治医にそのことをぺらぺらしゃべった(←軽躁になっている)。「一日中、落ちたらどうしようとか、そんなことばっかり考えてて、しんどいし怖いんです」「うーん」「ぼーっとしてて、いつの間にかカーテンが引かれてるとか、料理ができてるとか、うわの空なんです」「もったいないなー。障害者特別枠で仕事したら? 年金落ちへんで」「15年間も、毎...

  •  -
  •  -

人が集まってくる日

一昨日から昨日にかけて、たくさんの人と接触したのである。先月もそうだったが、なぜか人と接する機会は、一気に集中する。まずは患者仲間のIちゃん(♀)。Iちゃんは、このまえ立て続けに生活保護を勧めてきたので、ちょっと距離を置いていたのだが、それはあちらにもわかったらしく、LINEを少しやり取りしただけだった。内容は、「障害者手帳を更新するのに、なんでうちの病院は勝手に高い診断書を書くんだろう」だった。...

  •  -
  •  -

核攻撃への恐怖

昨日は、たぶんモーグルを観ながら、ずっと考えごとをしていた。ここが病気なんだけど、はっきり言って、あまりにも考えすぎていて、なにを見ているのかよくわからないのである。電磁パルス攻撃がどうやらあり得ないらしいと知ったわたしは、今度は核攻撃が心配になってきた。でも、これはほかにも気になっている人がいるだろうな・・・。わたしは次第に、マンションに食糧・水を備蓄するのはいいけど、2週間ものあいだ、一人で立...

  •  -
  •  -

半島情勢とか人手不足とか

昨日は、一日中調べものをして考えて、ようやく「北朝鮮から大阪への核攻撃はない。そもそも、アメリカは先制攻撃などできない」という結論に至った。先制攻撃っていうのは、あまりにリスクが大きすぎるんだよね。やるやるって言っているのはゼスチャーで、おそらくもう方法がないから、威嚇しているだけなんじゃないのかな。そういうことで一息ついて、平昌オリンピック・男子フィギュアスケートを観ているときに、元彼Sちゃんか...

  •  -
  •  -

あたまがヘン

もう、病気で困っている。妄想が妄想を呼び、東京がなくなったらどうしよう・・・とか、日本はまさかアメリカとか中国になんの? とか、あり得ないと思う考えが、あたまについて離れない。この状態こそ、どうしよう・・・だよ。これはもう、部屋に一人でこもっていることが原因としか思えない。なにもすることがなくて、ただ一人でぼんやり・・・、淋しくはないけど、ひたすら脳から情報を出したいって感じ。たぶん、誰とも会話し...

  •  -
  •  -

双極性障害の映画を観て

昨日は、恐ろしいことに自分がキチガイであることを自覚してしまった。朝から、朝鮮半島の恐怖から逃れられず、部屋で一人でブツブツつぶやいていたのだが、昼すぎ、いつもの散歩に出たら、やっぱりブツブツつぶやいているのである。それと、最近わたしは歩いていて、後ろを振り返るクセができているのだが、ふと気がつくと、ブツブツつぶやきながらキョロキョロしている、とてもヘンな人になっていた。あーそうか。キチガイって、...

  •  -
  •  -

明日に架ける橋とか

平昌オリンピックにすっかり飽きたわたしは、昨日はずっとBSで映画を観ていた。エリザベス・テイラー&ジェームズ・ディーンの「ジャイアンツ」と、「明日に架ける橋」である。「ジャイアンツ」は、30~50年代? のテキサス州に住む家族を描いたものだが、わたしなら「テキサス」というタイトルにするなと思った。だって、その通りなんだもんね。なんで「テキサス」じゃないの?「明日に架ける橋」は、わたしは先入観で第一...

  •  -
  •  -

放送大学入学に迷う

昨日は、ちょっと寝不足だったせいもあり、ソファにぐったり座って観葉植物の「ユッケ」を観ながらボーっとしていた。それで、まえから考えていた放送大学に入学してみてはどうだろうと、ふと考えた。重い腰を上げ、ネットで情報を得る。どうせ、ネット授業で1科目くらいしかやれないから、なにがあるのかと思ったら、あんまり該当する面白い科目がなかった・・・。それでも、「学校と社会」は、わかりやすい内容だし、わたしでも...

  •  -
  •  -

また複数のアクセスが

昨日はまた、複数の人からのアクセスがあった。といっても、二人だけど・・・。ふだんは誰も話しかけてくれないのに、来るときは来るんだね。一人は、大学陸上部の同期のSさん(♂)だった。LINEの友だち要請で、スタンプだけ押してあったので、送り返しただけだけど、繋がりが増えるっていうのは嬉しいな。大学陸上部は、LINEが普及してから、より親密になっている。あとは、いつもの元彼Sちゃん。Sちゃんはいま、人手...

  •  -
  •  -

平穏な一日

昨日は朝、自家製おにぎりとアイスクリームを食べて、観葉植物「ユッケ」と「外のやつら」を眺めながらボーっとし、昼にトーストを食べてから、散歩へ出かけた。いい天気だった。それにしても、ほんとうに昼間に出歩いている人が少ないな。最近、観葉植物をかわいがっているせいか、そこらへんに植えてある木々が気になる。もう、だいぶ梅が咲いているんだね。暇を見つけて、ちょっと出かけて梅を観に行こうかなあ・・・。散歩帰り...

  •  -
  •  -

食費の節約について

昨日は、気分が落ち着いていたので、ゆっくり家事をすることができた。いつものように、朝アイスクリーム、昼トースト・野菜ジュース・ミルク、散歩、買い物、夕チャーハン、家計簿の点検。今月の食費は、だいたい2万円ほどであった。でもまー、やろうと思えば1万8千円でいけるな。消費税が10%に上がっても、なんとかなるよ。それから、貯蓄額について考えた。いまの時代、貯金がゼロの人も少なくないわけだが、わたしはそん...

  •  -
  •  -

日本とパニック

昨日は夜、BSでアメリカのパニック映画を観た。凶悪なウイルスが、世界に蔓延するっていう話であった。まー予想しなくてもわかっていたが、人々の混乱するさまって相変わらずだなー。食糧がないとわかったら、みんなでワーッと押し寄せ殴り合いになって、建物のガラスは割られて火をつけられて。日本人が見ていたら、ポカーンだよね。なんで火までつけるの? って感じ。そんで、わたしがこの類のアメリカ映画を観ていて腹が立つ...

  •  -
  •  -

裁量労働制について

ここ2日間、なんだか面白くないテレビ番組を見ている。これといった映画をやっていないからだ。だからといって、わたしはうるさい番組は嫌いなのだ。そこで、いまをときめく「裁量労働制」について、専門家が話しているのをぼーっと聞いていた。わたしは障害者で無能者の烙印を押された者なので、あんまりこの件に関しては、一緒に憤慨することができないのだが、でもまーひどい話だなと思う。だって、なんだかんだ言って、日本社...

  •  -
  •  -