へバーデン結節の痛み

suponji

昨日もまた、大阪の現状をネットで見ていて、そうか~、すでにミナミはアジア人観光客の巣窟か~と感心していたのである。
たぶんこれから、国際的な観光都市としての地位を不動にするだろう。
まだまだ、万博とかカジノで伸びしろがあるし、なんといってもアジアの人々にとって、明るくてラテン系の大阪人はやりやすい。
まあ、少なくとも東京よりはそうだろうな。

そういうことで、わたしが元気な頃、遊んでいたミナミはもう帰ってこない。
代わりにいろんな病気がやってきて、いまはへバーデン結節。
手指の第一関節が、炊事をしているときがいちばん痛い。
どうすんのよ、これ・・・。1~3年、治らないって書いてあるけど。
しかも、指が変形するって。どれだけ歪むの?

わたしは、同じ病気と思われる母に電話をかけた。
「痛くなかったん? どういう経過?」
「痛くなかったよ。いつのまにか変形してた。たぶん、レジ打ってたからやろうなー」
母は指の変形については、なんとも思っていなかった。
結構、気持ち悪いくらい歪んでいるのにな・・・、こだわるところって、人によって違うからな。

それで、わたしは昨日は力が抜けて、しょんぼりしていた。
足とか手をやられると、動物って元気がなくなるんだよね。
痛いんだから、忘れるわけにはいかないし、関節に無理をかけたら駄目なんだろうし、ほんとうに気を使うなあ。

8月に大学陸上部の飲み会があるんだけど、そのとき、「手の関節が・・・」なんて言うと、すごくおばあさんになった感じがする。
だいいち、化粧はできるのか。
化粧もせずに、おばあさんみたいに手をそろそろ動かしている自分って、あまり想像したくないな。
それにしても、なんでわたしだけ、こんなに病気や身体の不具合が生じるのだろう。
ほかの同級生は、せいぜい50肩くらいだよ。
へバーデン結節は、遺伝も多少含まれているようだから、双極性障害と合わせて、母方の血を呪うしかないな。

そういうことで、今日は買い物に行ったら、また冷房の利いた部屋で、しょんぼり観葉植物に話しかけて一日を終えようと思う。
吐き気がするほどの退屈に耐えて、へバーデン結節の痛みに耐えて、わたしの前途は多難である。

手指関節の痛みに悩む

hear_gom

相変わらず、手指関節が痛いのである。
パソコンの文字を打つのも、ちょっと辛い。

いちばん困るのが、トイレでジーンズを下すとき。
指が~、曲がる~痛い~。
それから、コップや鍋を洗うとき。
奥まで手を突っ込む、痛い~、力を入れてゴシゴシする、痛い~~。

それから、何気に髪を束ねるのも、痛くて一苦労だ。
暑い時期に、首まで垂れる髪を放っておくわけにはいかんよ。
これ、1~3年間続くのか・・・、ほんとうに困る。

考えたら、自転車に乗れるかどうかだって疑問だよね。
ブレーキをかけられなきゃ危ないし・・・。
ただでさえ、このまえ前方不注意の右折車にはねられかけたのよ。
子どもを乗せたおばちゃんだったけど、まったくこっちを見ていなかった。
あれは気の荒いおじさんでなくても、「どこ見てやがる!!」って叫びたいね。

そういうことで、家のなかの行動も外での行動も、制限がかかりそうで憂鬱なのである。
リウマチの人が、鬱になっていくってわかるわ。
なにをやるにしても、思うようにできなくて、「ハァ~」ってため息が出る。
いろんなことをやる気がなくなってしまう。

今度、Hクリニックへ行ったとき、先生になんて言うかな。
「へバーデン結節になってしまい、家事がやりにくいです」
「なんやて? へバーデン結節。ああ、あれか。うーん。どのくらい痛い? 家事は一応できる。ま~時間が経たなしゃーないな~」とか言いそう。
精神科のH先生にとっては、患者の日常生活状態だけが大事なので、痛いのはどうでもいいのだ・・・。

あと、大根おろしもできんのかなとか、昨日ちょっと悩んで大根を握ってしまった。
やり方次第でできるかもだけど、あー悩ましい・・・。
これからいくつ、できないことを発見してしまうんだか。

炊事がしんどい

sara
昨日も、手の指が痛かった。
とくに、夕方が気になる。
炊事とか片づけのとき、皿をいちいち両手で挟んで運んだりしているが、それでもときどき鈍い痛みが走って辛い。

もう~。これ、だんだんひどくなっていくんじゃないの。
いつか治るとはいえ、一人で生活できないようになったら嫌だよ。

それで、昨日はあんまり考え事もできずに、家のなかでウロウロしていた。
夕食は鶏のから揚げにしたが、食べるときはフォークにした。
箸はなんかヤバイ気がするなー。
とにかく、手の変形を少しでもなくすために、指を使いたくない。

でもまあ、時間と体力をかけて物事をすれば、一応ちゃんと終わってはいる。
ここはよかったというべきなんだろう。
あとは、気持ちの問題だな。
ぱっと行動できないので、なんかもどかしいし、ハァ~ってなる。
なんか、力が抜けちゃうんだよね。

一応、診断つけてもらった方がいいのかなと思って、病院に行くかどうか迷っている。
それにしても整形外科って、ほんとうにジジババが多いよね。
うちの母がつい口を滑らせたけど、「新しいクリニックビルができたら、暇つぶしできるわ」なんて人がいるから、ほんとうに迷惑。
待たされるのが嫌だから病院に行かない高齢者以外の人って、いつの時代もいるよね、きっと。

へバーデン結節の診断

Xray_cat

昨日は、やっと整形外科を受診した。
すると、やっぱり「へバーデン結節です」と言われた。

「長いことかかりますよ。1年とか。指が変形してきます」
「生活に支障をきたしますか」
「それほどでもないけど。結構、隠すくらいの人いますよ。ゴツゴツした手になると思います」

魔女の手か。どんなふうに曲がるんだろう。嫌だな。
うちの母は、人差し指から小指が、全部小指側に曲がっている。
わりと見ていて気持ち悪くて、「痛くないの?」って感じである。

でもわたしは、形は多少悪くなっても、日常生活がちゃんとできればいいと思う。
歳をとって、なにもかも健康で元気だなんて、欲張りすぎだよ。
わたしはもう、双極性障害の方は治らないんだから、その他の被害は最小限であればいい。
あとは、痛みが取れればな・・・。

整形外科の先生によると、この病気は、指を使わないから変形がましになる、ということではないそうだ。
ならば、お箸を使ってごはんを食べてもいいってことだな。
だけど、昨日は手づかみで鶏の手羽先を食べた。
自分でこうやって、ごはんを口に運べるってことは、幸せだよね。

それにしても、この病気は珍しくもないようだが、仕事をしている人はどうなっちゃうんだろうな。
かなりズキンとくるよ。ふつうに手を使うのは無理だと思う。
いきなり失職になるの? 人によっては3年経っても治らないそうだけど。
病気はやっぱり命取りだね。
わたしもそうだったけど、いつ襲ってくるかわからないから、怖いのよ。

過去へトリップ

sakura_sepia

昨日は、すごく昔のことを思い出して、しょぼんとなっていた。
カレシを親友の友だちに奪われて、とか、その結果、親友を失ってとか、病気になってから去って行った友だちのこととか、要するに消えて行った人たちのことだ。

わたしには、人生の連続性がない。
病気前・病気後だ。
病気後はろくな人間関係を築いていないから、どうしても過去のことを思い出してしまう。
それで、あのときもっとこう言えばよかったのに、とかいまさらどうでもいいことを考えている。

わたしは、赤ちゃん返りしたときに、どうやらもとの年齢に戻らなかったらしい。
というより、調べてみたらそういうものらしい。
もう、ここから先へは行けないというとき、自我が退行し、ここまでなら大丈夫という年齢までしか上がってこないのだ。
だからわたしはいま何歳なのか知らないが、母からは、ちょっと考え方が幼稚で単純になったと言われている。
自分は、まえより子どもになっているのかと思うと、ガッカリする。
失ったものの一つだ・・・。

それで、いつまでも若いころにあったことを思い出しては、悶々と考え込んだりするんだろうな。
そんなこと、大人になったら誰もしやしない。
わたしだって、病気前のときはしていなかったはずだ。
退行って怖いな・・・。子どもに戻ってしまった自分か。
そして、わたしと接触する人はみんな、「この人、子どもっぽいな」って思うんだろうな。

そんなわけで、わたしはどうやら先に進むことを止めてしまった自分を持て余し、ただひたすら肩を落としていた。
身体障害ならわかってもらえるけど、子どもに戻りましたなんて、絶対誰にもわからない。
終わっている自分につくづく落胆するし、健康で社会で笑っている人を見ると、全然べつの世界で、すごい敗北感がじわっと胸に広がってくる。

マドレーヌを焼く

madorenu
昨日は、あまりの暇さにマドレーヌを焼いた。
材料を量ってみると、砂糖、バター・・・、なんて多いの!
スイーツって、ほんとうにカロリーが高いのね。

オーブンはずっと使っていなかったけど、爆発しないだろうなとビクビクしていたら、25分後に美味しそうなマドレーヌが焼けた。
一つ試食をしてみると、おお~! これはウマい!!

わたしは甘いものはあまり好きじゃないんだけど、これは食べられそうだと思い、翌日の朝食にすべく冷蔵庫に保管した。
ミルクと一緒に食べたら、いっそう甘い香りが引き立つと思うんだよね。
朝食にパンケーキを食べることを思えば、そんなに変でもないでしょ。

そして本日、その通りにして食べた。
美味しかったー。ボケーっとしながら食べられたから、美味しかったんだろう・・・。
これを定期的につくって、朝食としようかな。
とにかく、なにかすることを作らないとね。

さて、それでも時間が余るので、わたしはまた考え事にふけっていた。
自分の過去のこととか、これからアジア化していく日本のこと。
富裕層はなんの問題もないんだけど、貧困層がね。
アジアな人たちと国内で競争という、シビアな現実がやってくると思うから、なんだか嫌だなあと目を伏せたくなる。

いまはわたしもこんな、スイーツをつくったりして呑気にやっているが、今後なんて全然わからない。
とにかく、貯金だけはベストを尽くして貯めようとしている。
最近よく言われるように、政府を頼ってはいけないと思うから、これでも何とか生き延びてやると思っているんだよね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

カクテルの目論見とか

namakemono2
昨日は一日じゅう雨で、なんにもすることがなくて、部屋で椅子にはまり込んでいた。
お菓子づくりはやっちゃったし、買いものもあまりの大雨で行けない。
わたしは、食材を買いにいくのをやめて、冷凍豚肉で、なんちゃって豚しゃぶをつくって食べた。

じつはこのところ、3・4時間しか眠れていなくて、昼にゲームでもしようものならば、クレジットが出て、さあやるぞのあたりですでに眠気が来ている。
「どうぶつの森・ポケットキャンプ」って眠らせるためのゲームか・・・。
持っているスマホをガクッと落としそうになることもしばしばである。
しかしその後、へバーデン結節のため、スマホを指で支えているのが苦しくなった。
いまは、膝にのせて使っている。あー不自由極まりない・・・。

今日も雨で、どうやらすることがなさそうである。
今度はパンをつくってみようかと思ったが、手間が多いので、途中でくじけそうだと断念した。
自家製冷やしあめに、カクテル風のお花をつけることも考えたが、それって時間つぶしになるんだろうか・・・。

冷やしあめは、シェーカーで冷やして、飲むときにシャカシャカ振って、カクテルを気取っているんだけど、あれをもっと本格的に、カクテルづくりに挑戦してみるとか?
冷たいカクテルって、氷を入れて振るから、じつは死ぬほど手が冷たいんだよね。
さらに、リキュールとかいっぱい種類がいるよね。
お酒はやめたし、少しとはいえ、昼間からアルコールは嫌だしなあ。

わたしは結局、一日なにもできず、夕方また椅子にはまり込んだまま、「わたしの先にはもう道がない」と思った。
「出会いが人の人生を変えるって言うなら、わたしはこのまんまってことじゃん」
「もう、終点に来ちゃったってことか」

20代のとき、描いていた将来の夢が、「83歳のおばあさんになって、過去の宝物のような思い出を、一つ一つ取り出して眺めること」だったんだけど、もうすでにそれ、やってない?
あのとき、考えていたような宝物は、手持ちにないけれど。
それとも、これから新しい展開があるんだろうか。
あんまり、期待はしていないけどね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

昔の恋愛のこと

rockingchair
昨日は眠くて、椅子に座っていたら、すぐウトウトしてしまい、何もできなかった。
考えごとはした。昔のこと。
どれもこれも、いいものが浮かんでこない・・・。

男性に対しては、わたしは気を使い過ぎたと思う。
浮気していると知っていても、平気なふり。
だからといって、「なにしてるのよ!」と言い争うなんて見苦しいと思っている。
でもそれで、ずいぶん損しちゃったなあ。
一度、浮気をいいことにしてしまうと、単純な男性は、2度目もいいと思ってしまうんだよね。

わたしがあまり男性に大事にされなかった理由は、性格のキツさ、言葉の激しさにあると思う。
ムッときたら、ナタのように鋭い文句を、立て続けに叩きつける。
あれは、どんな男性でも「この子はふだんはいいんだけど、これが始まると手に負えないんだよな・・・」になると思う。
気が強かったからなあ。

だけど、二番目にされていると知ったら、やっぱりしゅんとなっているのだ。
心のなかで、「またか」って思っている。
ほんとうは傷ついているんだよね。でもそれがまた、強気なもんだから、表に出さない。
するとたぶん、浮気男性は、「あいつは気が強いから、浮気も平気」ってなったんだろうな。
平気なわけないでしょ。弱い女が得をするって、バカバカしい世界だと思うわ。

そんなことを考えながら、わたしはもう、恋愛なんかどうでもいいいと思った。
こりごり。嫌な思いをするのは、こりごり。
なんか、エネルギーが枯渇しっちゃったんだよね。
強がりじゃなく、一人の方が楽って感じ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

ブランドバッグを買う

bag_pink
診察に行くにあたり、最近まともなバッグを持っていないなーと思い、メルカリを見ていたのである。
こういうの、見ていると時間を忘れるなあ。

しかし、あまりの暇さに眠気が断てなかったわたしは、メルカリに夢中になるあまり、FENDIのバッグを一点購入してしまった。
やっちまったー。でも、安かったんだよ。
やっぱ、バッグくらいは年相応のものを持っていないとね。
やんちゃな恰好をしているときに、どこまでも若作りにみえるので、それはそれで危険なのだ。

メルカリの怖いところは、一度買い物をしてしまうと、それでは済まないところである。
わたしは今度は、レディース全体を見て、「あーサンダルも欲しい・・・」と思ってしまった。
サンダル、しまむらで買ったやつがあるんだけど、サイズがいまいち合っていなくて、足が痛いんだよね。
だからといって、写真だけ見て購入するのは、もっと危ないんだけどさ。

しかしその誘惑を振り捨て、わたしはまた、あー暇だと思っている。
なんか、カワイイ小物でも買おうかな・・・。
暇つぶしを買い物に充てるって、とことんやばいよな。

ともかく、FENDIが来るのが楽しみなのである。
ちなみに、ブランド物のバッグを持つのって、わたしは初めてじゃないのかな?
べつにオシャレに興味がないってわけではないのに、珍しいかもしれないな。
何しろ、ブランド物のバッグは不当に高いのが許せないんだよね。

そういうわけで、なぜか貧困層でもブランド物のバッグが持てちゃう、ここはおかしな国なのだ。
貧困層は、自分が貧困であることに気づいていないっていう人がいるけれど、これじゃ当たり前でしょ。
わたしは、いまの生活レベルでじゅうぶんだなー。
もっとも、どうせ病気のせいで、あちこち行く元気なんかないけどね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

リウマチの気

riumachi

へバーデン結節の診察のついでに、血液検査でリウマチ因子も調べてもらっていたのだが、なんと陽性であった。
確かに、父方も母方もリウマチ患者がいるが、冗談はやめてくださいよ・・・。

「リウマチの気があります」と曖昧なことを言う医師に、わたしはたぶんムッとして訊いたと思う。
「気ってなんですか」
「いや、数値にこうして出てるから、なる可能性がある、くらいな感じ」
「どのくらいの確率なんですか」
「いや、それはもう、いろいろやから」
「どんな経過を辿るんですか」
「最近はいい薬が出てるから、昔みたいに関節がすぐ曲がったりとかせえへんよ」
「治療費、高いんですか」
「・・・1本10万の注射とかあるなあ。まあでもそれは、高額医療やから」

ちょっと待って・・・。それじゃあ、非課税所得者でも、年間30万円以上必要なんじゃないの?
それを? 死ぬまで?
お金が足りないよ!

わたしは、なんだかいやーな予感がしてきた。
リウマチって、人によって症状の出方や進行の仕方が全然違うみたいだから、一概にこうなる、とは言えないみたいね。
お金の心配をしながら死ぬまで生きるなんて、ほんとうに勘弁してだよ。
ひがみながら言うけど、こういうとき、生活保護の人は得だよね。
お願いだから、発病しないでよ!

いま、へバーデン結節の指関節が痛いので、つい、リウマチってもっとあちこち痛いんだよな、あーやだな、と思ってしまう。
自分で日常生活が送れなくなったら、ヘルパーを呼ぶことになるのかな。
特定16疾患は、介護保険が使えるんだよね・・・、ってそのお金がないんじゃないのか。
貧乏だと、病気にもなれない!

せっかく、実家から出てきて一人生活を楽しんでいるというのに、これが長く続かないのかもと思っただけで、しゅんとなってしまうわ。
いまここでの生活をやめたくないから、わたしはまた節約生活を頑張るわ。
と言いながら、またメルカリを見ているんだけどね。
今度は、アップシューズを買ってしまいそう。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

ダメージジーンズの衝撃

jeans
ここ数日、ファッションのことを考えているが、そんななか、あるサイトで「40・50歳代のダメージジーンズは痛い」と書いてあったのを読んだ。
へー。神経質なことを言うね。

しかし、あちこち見てみると、たくさんの人が「痛い」と言っている。
うそ~? どこが痛いの??
わたしはふつうに穿いていますけど・・・、しかも、あれをなんで「破れている」と表現するの?
あれは、着崩しの一種じゃないの。

わたしは思わず、ダメージジーンズに穿き替え、鏡のまえに立ってみた。
ん~? そんなにおかしいか? っていうよりアリだぞ??
そりゃ、顔は20代とはいかないが、たとえシワがあったとしても、ほかのアイテムで魅力的になれるんじゃないのかなあ?
要するに、若作りとしてビシッと決めるんじゃなくて、ジーンズだけ気を抜いています、という感じとかさ。
その場合、あんまりお肉がポヨッとかしていない方がいいだろうな。あと、姿勢とか動作をエレガントにするとかさ。

そんで、世の40・50歳オーバー女性たちが、口々に「自分はキレイめのジーンズ」って言っているのを見て、なにがキレイめだよと思った。
キレイなジーンズなんてつまんないのよ!
彼女らは、「スキニーもやめた方がいい」と主張していたから、つまり無難の代名詞・リーバイス501あたりを意味しているの?
いっつも、そんなしょーもないストレートを穿いているのかな? オシャレをあきらめているよね!
ファッションの老化って、40歳から始まるのか。早いよな。

わたしは、40・50代の女性のファッションをあちこち見て、どこがダメージジーンズをアウトにしてしまうんだろう、と考えてみたが、それは髪型だと思った。
どんなに若いコーデをしていても、7分分けのセミロングじゃ「奥さま」になってしまう。
多いのは耳を出したショートだけど、あれ、最高に老けてみえるよ。
若者と同じ流行を追っちゃダメだけど、その流行を年相応にアレンジしたあたりが、いちばんいいとわたしは思う。

そんなわけで、中年女性の皆さんが、保守に回っているのを眺めつつ、「若作りとか、人のケチばかりつけてないで、自分を磨けばいいのに・・・」と思わないわけでもない。
わたしはこの件に関しては、数少ない「着たいものを着ればよろしい」の人に、大きく賛同する。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

他人に気を使わせる人

dosekiryu
メルカリから、一向に商品が届かないのだが、きっと西日本豪雨の被害のせいなんだろうな。
仕方ない。気を長くして待とう。

ところで今回、岡山在住の大学の同級生が、被災してしまった。
そのことは、大学体育学部グループLINEで、本人からのコメントによってわかった。
「自分がこんな状況になっているなんて気がつかなかった。スーパーの品物が少なくなってる」

その後、彼女は再三にわたり、被害状況を伝えてくれた。
それに対応して、ほかの人たちも、あれこれお見舞いの言葉を送っていた。
しかしわたしは、なんとなく傍観者だったのである。
なんでかというと、「ほんとうにヤバイ人は、頻回にわたって連絡してこないだろう」と思ったからだった。
なんとなく、彼女がリポーターに見えてきたんだよね。

この人はまえにも、高速道路で危ない目にあったとき、グループLINEで報告してきた。
しかしなんで、グループLINE? である。
その結果、本人は自虐的に笑っていたが、わたしを含め40人以上が心配したと思うのである。
だからこう言っちゃー身も蓋もないが、この人は、知らず知らずの間に人に心配させて、愉快になってしまう人のようにも見える。
今回、甚大な被害を受けた地域では、彼女と比べものにならない苦痛を受けた人もいると思うが、そういう人たちにとって、同じ被災者とはいえ、愉快になっている人って忌々しくて仕方ないだろう。

そんで思うのは、たとえ被災者であっても、自らすすんで現場のリポーターになってはいかんということである。
阪神大震災のとき、被害の良し悪しが違う人同士が、同じ避難場所にいると、悪い方が苦悩を受けるという話を聞いた。
同じように、自分が被害が少なかったからといって、グループLINEに飛びついて、あーだこーだと喜んでみんなのまえで披露してみせるのは、不謹慎だと思うのである。

まーわたしが、あまりにお堅いあたまだっていうことは、自分自身が知っているんだけどね。
わたしが気になるのは、善良で天真爛漫な人がやっちまう、他人への忖度の強要なのよ。
いわば、安倍総理夫人のタイプ。
彼女とは仲は悪くないし、明るいところはいいと思うけど、一人の大人としてはどうなんかなと思う。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

来たる同窓会に思う。

wine-party
昨日は、メルカリを見ていたら、なんとなく同窓会に着ていく服ってどんなのがいいのかなと探してしまった。
ちなみに、高校の同窓会は来年だが、行くかどうかはまだ決めていない。

わたしは、4回付き合って別れた人のことを思い出した。
この人にとってわたしは初恋の人で、熱烈に入れ込んでいたが、わずか3ヶ月でわたしに拒否され、その後2年間立ち直れなかったと噂されている。
しかしその後再会して、再び付き合い始めたときは、人が変わっていて、ふつうに浮気男になっていた。
二人で企画したパーティにいた女の子に、その日のうちに電話番号を聞いて、ケンカ別れした数日後、さっそくデートに行っていたのだ。
このときの、わたしの面目はつぶれたなんてものじゃなかった。

さらに年月を経て、彼女と別れるときも、わたしは当て馬としていいように扱われ、さらに年月を経て付き合ったときも、「ボサノバが好きで、カフェの好きな関連会社の子」と浮気され、しかもその後別れてから、わずか三ヶ月後に彼女と電撃結婚された。
つまり、わたしとかぶっている間にデキちゃったってことだな。さすがに最低の称号を与えよう。

そんな人だったが、わたしは昨日、「あの人は結局、わたしをどう思ってたんだろう」と考えた。
あんなに熱烈に好きだったセーラー服の女の子を、大人になってからちょっと派手になったとはいえ、あんなふうにひどく浮気で傷つけることができるもんだろうか。
こういうときは、あたまが良すぎてなんでもわかるH主治医の言い方を真似るとヒントが得られる。
「誰だって、初恋の相手を忘れたりしませんよ。ましてや、4回も付き合った人なら特にです」
「その人があなたのことをどう思ってたかは、その人しかわからないことでしょ。あなたが考えても意味がないです」
「途中でほかの女性に心を奪われたとしても、結局あなたのもとへ帰ってきたわけでしょ。それでいいじゃないですか」
「初恋の人にそんなことができるかって、そらできる人はできますよ。それ、ただの浮気者ですから」
「まあ、そういう男を好きになったっていうことで、仕方ないですね」

はぁ~。わたしの脳内H医師、シンプルだなー。
さて、わたしは2回目の同窓会に行くのか。
でも、あどけない幼い高校生のわたしと、浮気されても平気なふりをしていた、わずかな若さのなかにいたわたしが可哀想じゃない。

そういうことで、かなり長い時間、居眠りしながらそんなことを考えたのだが、結局、「なんといっても初恋の相手だし、あれだけ長期にわたって絡んだんだから、とりあえずわたしは、忘れられない存在にはなっているだろう」と折り合いをつけることにした。
それは、「ギャーギャー自己主張してうるさくて、あれだけは勘弁してほしかった」というマイナス点も含めてである。
ついでに、「病気で弱って寝たきりになってるって聞いたけど、かわいそうなことをした」っていうのも入っているといいのになと、わずかな希望をあたまのなかでぼんやり考えたりした。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

暇つぶしの買い物

sunika
昨日、メルカリで買ったスニーカーが届いたのだが、思いのほか小さい!
とにかく容積の問題で、これは紐をゆるめたらどうのという話ではなかった。

まー安かったから仕方ないか・・・とわたしは、ほかにいいのはないかと探した。
すると、出品されたばかりの格安中古が見つかったので、さっそくそれを購入した。
今度は、ちゃんとしたメーカーでサイズもばっちしだから、大丈夫だろう。

それから、わたしはファッションショーをして、2つ目のスニーカーを買ったはいいけど、すぐまえに買ったシャツと手持ちのジーンズがどーも合わないなあと悩んだ。
いま流行の前だけシャツインって、わたしの嫌いなファッションだわー。
一部だけシャツを中に入れるって、体感としても気持ち悪いじゃない?
日本の夏は意地悪なくらい蒸し暑いんだから、外国の流行は必ずしも合わないって。

そしてその後、いろいろ試した末、ジーンズの裾の折り方を変えることで、一応人前に出れるコーデにはなった。
もうほんと、これ以上服を買うのはやめよう~。
考えたら、夏のあいだに、どうせあと4回しか外出の機会がないんだよ。
たくさん服を買って、いったい誰に見せるの? 状態になってしまう。

さて、これでここ数日間でメルカリで商品を買ったのは、計4件。
双極性障害には、「散財」という症状があるので、これをH医師にどうみられるかである。
まえに、中古ゲームを8本立て続けに買ったときは、さすがにカルテに書かれたな。
500~3,000円くらいまでの安いものばかりだったんだけど、どうやら値段は関係ないみたいね?

どうやら、暇すぎてこうなったので、また暇つぶしの手段を考えなければならない。
趣味じゃないけどつくったミルクプリン、まだ冷蔵庫に残っているわ・・・。
お菓子は食べないし、手が震えるから細かいことはできないし、へバーデン結節による指関節の痛みもあるし、いったい何をすればいいんだ。
わたしに、座っていてもできるパチンコの趣味がなくて、ほんとうによかったと思うわ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

浮気男のお見舞い

ster_moon
アインシュタインの言葉「わからないことについては、考え方を変えてみること」に基づき実行すると、また新たな事実が発見できた!
しつこいが、4回付き合って別れたカレシのことである。

謎だったのは、彼とうちの妹は高校時代は仲が悪かったのに、いい歳をしてから、急に一緒に飲み始めるようになったことだった。
ちなみに二人は同じクラブで、毎年みんなで飲み会をしているのである。
わたしの持論では、男がサシで女を誘うときは、必ずそこに下心があるのだが、妹は超身持ちが固いし、彼もさすがに元カノの妹に手を出すような人ではない。
このことは、ずっとわたしのなかで不思議の一つだった。

でも、やっぱり男が女を誘うときは、色恋沙汰に違いないんだよな。
では何が・・・、もしかしてわたしのことか?
わたしは、発病してから5年目くらいのときに、カレシに病気のことを知られている。
懐かしい初恋の人が、病気で何年間も寝ていると聞かされたとき、中年男でもやっぱり気になってしまうものなのかな。

だとしたら、それで彼は妹に近づき、お姉さんの具合を訊くようになった。
なぜそこまでするかっていうと、彼には初恋の人への、強烈な自責の念があるからだ。
彼女とケンカしたとき、当てつけのように彼女の友だちに乗り換え、その人と別れるとき、今度は彼女を二股にかけて利用し、次は付き合っている最中にいまのヨメに手を出し、できちゃった婚をした。
書けば書くほど最低男だが、自分が最低だって気がついたのは、病気の話を聞かされたときかもしれない。
「俺、あの子にずっとかわいそうなことしてた。最初は大事にしようと思ってたのに、逆のことばかりしてた」

そしてもう一つ謎だったのは、妹がその頃、「彼の家庭が、浮気でぐじゃぐじゃになってるってゆみに言ったら、絶交された」ということだった。
わたしは、そんなの予定調和なのになぜ? と思ったが、これはもしかして、浮気をチクったからというよりは、以下のような感じだったかもしれない。
「おまえ、そんなこと言うたらあかんやん。俺はもう、彼女の心配なんかする権利がないの、わかってるやろ? だからおまえに訊いてたのに、なんで二人で会ってるっていうこと言うねん」
「ごめん」
「もう、俺おまえに会わんとくわ。これ以上プライバシー流されたら困る」

つまり、浮気で家がどうのこうのじゃなくて、あんなに手痛い仕打ちをしておきながら、いまさらコソコソ心配しているのが、みっともないと思ったってところじゃないのかね。
これは、わたしにとって心地よい解釈かもしれなけど、何らかの理由で、わたしの情報収集をしていたところまでは、間違いないと思うよ。

さて、その後日談だが、わたしと彼は同窓会で話をした・・・のだが、わたしはまったく内容を覚えていない。
たぶん、解離性障害が起こって、記憶を空白にしたんだと思う。
なんか嫌なことでも聞いたのかな。
だとしたら、浮気男への制裁として、「すみませんね」と謝るのみだな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

日本語教室にて

dictionary
今日は、3週間ぶりに日本語教室のボランティアに行ってきた。
今回は、まえにご一緒させてもらったベトナム人Tさんの勉強の補佐である。

先生がTさんに日本語の単語を教えているあいだ、わたしはベトナム-日本語辞書を引き、「これです」と、せっせと意味を見せてまわった。
しかしこんなにたくさんの単語、よく覚えるなー。
ベトナムにはJの発音がないらしく、どうしてもZになってしまうので、ここはTさんは苦戦していた。
中国の人は中国日本語になっているし、やっぱり訛りって出るねー。

最後に、Tさんはわたしに「さよなら」と言って、手を振ってくれた。
わたしも振り返したのだが、待てよ・・・、わたしはミスリードしていないだろうな?
じつは前回、わたしはTさんに「バイバーイ」のノリで、手を振って帰ったのだが、これってわたし以外の大人はしないからな。
日本じゃこれがアリだと思っていなきゃいいけど。

そんで、暑くてたまらない道を辿って帰って、昼ごはんのスパゲティを食べて、ぐったりである。
一日2時間。これ以上は動けないわ。
それも、週1回とかじゃ難しいだろうな。
体力じゃないんだよね。精神力みたいなものが、全然衰えているんだよね。

教室の先生に、「お仕事は?」と訊かれたのだが、「病気があるので」と答えておいた。
「暑くて大変でしょう」「いえ、暑さは大丈夫です」
このへんで、精神疾患だって気がついたかな。
いつかは、気づかれるんだろうな。
H主治医にも言ったんだけど、このグループでは、わたしはできるだけ長くいられるように、あんまり顔を出さないで、ヘンな人と思われないようにしたいと思っている。
要するに、ボロが出ないようにね。
ほんとうに、双極性障害の患者は、こういうところにこころを砕かないといけないから、やっぱ大変だよ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

グルグル思考のこととか

kangaeru_kaeru
また、「元彼がぁ~」という考えが止まらないので、これは躁の仕業かと思い、向精神薬を飲む。
こんなにも、同じことがあたまの中をグルグルするっていうのは、その可能性大かもね。
暇だからいいんだけど、ほんとうに生活の効率が悪いわ。

それで、前から言っていたへバーデン結節の痛みが、かなりよくなった。
ありがたい。
でもまだ、洗い物のとき、指先に力を入れると痛いので、棒型のスポンジを使っている。
雑巾を絞るのも、水道に巻き付けてぎゅーっとか、指を使わないようにしている。
病院では、なにをやっても指は曲がるって言われたけど、工夫すれば、ちょっとは変わるんじゃないかと期待している。

それから、吐き気は相変わらず、ときどき来る。
暇すぎて出てくるやつだ。
H主治医からは「仕事しなさい! 新聞配達は?」などと言われているが、そりゃ無理ですよ毎日・・・。
「あんたは何ができるねん?!」と訊かれて、わたしは上を向いて考え込んでしまった。
昔はあったけど、いまはもう、ほとんどないよ。

日本語教室も、「それ、毎回やったらええやん!」と言われたが、そうすると皆さんがストレスを抱えると思うんだよね。
「あの人、ちょっと・・・変わってるねえ? 気になっててんけど」
「ああ、そうやね。こういうことは、ふつうせえへんのにね」
双極性障害になってから、人間関係のルールが見えなくなったわたしは、自分がなにをしているのかわからない。
事象の捉え方自体を間違っていたりするので、周りから見たら、「何を考えている人?」になることもしばしばなのである。

しかしそんなことを言っていると、社会に出ればどこでも人間関係なのだから、短期を渡り歩くしかないのかな。
どこまでも逃げる放浪のキチガイ人生って、なんだか寂しいよな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

地球の異変

aircon
暑くてたまらないのである。
昨日も今日も、買い物は暑くなるまえの午前中に行った。
だけど、それでも空いていた。
おばあさんたち、外に出たくないんだろうな。

昨日は一日中暇で、珍しくハイビスカスが2つ咲いたので、そればかり見て過ごした。
夕方、ちょっと散歩に出かけようかと思ったが、ちょっとベランダに出てみると、とんでもない! こんな暑さ!!
やばいよね、地球。
わたしは、水不足のインドから、人類は激減していくと思っている。

そういえば、アマゾンの伐採も宇宙から見えるんじゃないかというくらい、大規模なハゲができているし、あそこのジャングルがなくなったら、地球上の酸素が薄くなっちゃうね。
「今日の酸素濃度は○○%です。お出かけの際は、酸素マスクを」とか、天気予報で言い始めるんじゃないかと、わたしは危惧する。
思えば、各地で洪水なんて、最近ふつうになってきたもんね。
気がつかないうちに、徐々に徐々に、こういうものは進行していくのかもしれない。

うちのクーラーは20年前のもので、いまは動いているけれど、突然故障したらどうしようと思っている。
生きていけないよ!
その場合、一日中水風呂に入っているしかない・・・。
寝るときはどうすんの? ホテルに泊まるのかな?
ほんとうに、最近の気候は殺人的である。
なんか、住むのに適していない環境になりつつあると思うんだけど、きっとこの傾向は年々ひどくなっていくんだろうな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

暑い日にいろいろ

coffee_milk
昨日も暇で暇で仕方なくて、食べたくもないマドレーヌを焼いた。
だが、しょせん眠気覚ましのためにやったので、なんと牛乳を入れ忘れた。
出来上がったのは、しょぼーんとしぼんだ、マフィンの作り損ねみたいなもので、食べるとガジガジ砂糖の舌触りがした。
牛乳がないだけで、こんだけ変わるのか・・・。

それで今日は、マドレーヌのリベンジをしようかと思っている。
しかしこれ、カロリーがすごいよ。
砂糖50g、バター7g。これで9個ぶんだから、1個何カロリーになるんだろう。
おやつとして食べたら、明らかにカロリーオーバーになるので、わたしは朝食として食べる。

あとは、ハイビスカスが2つ咲いて眺めているうちに、ほかの色のも欲しいなーと思って、買いに行った。
今度は赤。南国の花は、やっぱり情熱的にいきたいね。
それにしても、ここ数日間、暑すぎてどこにも行けず、わたしはベランダで植物を見るだけの生活をしている。
もう、おばあさんの隠居生活だなー。
まだ体力はあるのに、ほんとうにもったいないことをしていると思う。

夕方、ちょっとだけ「みんな働いているのに、わたしは」とまた考えてしまった。
もう、完全にレールから外れちゃったもんな。これが自分の人生なのか。
フェイスブックなんかを見ると、かなり落ち込むね。
プロフの写真って、わりと多くの人が、ペットやスポーツや旅行のときのものである。
ペットはともかく、あとのを見ると「お金かかってんなー」とか考えてしまい、病人特有の「なんで自分だけ・・・」という気持ちが湧いてくる。

そして、遠い学生時代の頃を思い出した。
あの頃のわたしは、こんな自分をまったく想像もしていなかった。
可哀想になあ・・・。
毎日、朝起きたときから寝るまで、楽しくて楽しくて仕方なかった。
あの時期があったからこそ、いまの自分と帳尻が合っていて、我慢できるってものかもしれないけどね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

セールスマンと長話

sarariman
昨日は、お風呂のセールスマンに捕まって、大変だった。
なんだか、マンションのお風呂というものは消耗品で、定期的に替えなきゃいけないそうだ?

「まー確かに、そうかもしれませんね」
「下の階に水漏れとかしたら、取り返しがつかないですよ。それもいつ来るか、わからないんですから」
「いくらくらいかかるんですか?」
「100万とかですねー・・・」

わたしはその時点で、この話をナシにした。
いくら水漏れの可能性があるって言ってもねえ・・・、いま出す勇気はないわ。

すると、彼は「旦那さんは、今日は何時に帰ってこられるんですか?」と尋ねてきた。
「旦那さん」と言われると、途端に困ってしまうわたしである。
嘘が下手なのだ。
「女の一人暮らしです」とは防犯上言いたくないのだが、どう答えていいものか実に困る。

「えーと、わからないですね・・・」
彼は残念そうに「そうですか」と言った。
たぶん、「奥さん」一人でこんなことは決められないから、3人で話をしたかったんだろう。
セールスマンが旦那さんのことを訊いてきたときは、収入とか帰ってくる時間を知りたいんだろうな。
その後、わたしは仕方ないので、あっはっはと大阪のおばちゃんになって、褒めたりけなしたりしつつ、冷たいお茶を出してようやく帰ってもらった。
そして、「こういう場合は、どう答えたらいいもんなのかな」と考えた。

嘘をつくときは、事実に近い方がつきやすい。
わたしは、架空の旦那役に、まえに一緒に住んでいたSTを設定しようかなと考えた。
「関空の警備員で、時間が不規則。まえは正社員をやっていたけど、身体を壊していまは非正規」
なんか、収入低そうだよね。
飛行機が整備不良で戻ってきたりして、いきなり帰宅できなくなっちゃうことがあることも、事実だしな。

まーそれにしても、この暑いのに、一軒一軒回って説明して、ほんとうに仕事人は大変だよ。
それこそ、給料いくらもらってんのかなあ。
若くて元気そうな人だったけど、ブラックじゃなきゃいいけど。
わたしは年寄りでも優しくもないから、「じゃあ買いましょう」とは絶対言わないんだけどね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

別の世界

hadoru_neko
わたしは、高校・大学と陸上選手をやっていたわけだが、当時付き合っていた人のことが、なんでうざかったのかなーと考え、しょせん住む世界が違ったのだと結論づけた。
それにしてもわたしは、いい歳をして昔のことをよく回想するな。
そろそろ、死ぬんじゃないか。

Eさんとは同じ高校で、わたしは半ばハメられて付き合うことになったのだった。
そのこと事態、ゲンナリしていたのだが、さらに彼のグループに紹介されて、夜、お酒を飲んだりする場所へ連れ行かされたりした。
わたしはそういうのが嫌で、ついに別れたのだが、なんで嫌だったかって要するに、「甲子園を目指す高校球児を、飲みに連れて行ってしまった」ってことなんだな。
そんなことをしたら、甲子園球児は逃げていくに決まっているのに。
というか、全然選手として扱ってあげていないよね。なんにも、相手のことをわかっていないよね。

異性と付き合い始めて間もない頃って、どうしても独りよがりになったりするんだろうけど、それでも好きになった相手がいちばん大切にしているものくらい、尊重しなきゃダメだろうな。
「付き合ってください。野球のルール知らないし、知るつもりもないけど」じゃ、ちょっとね・・・。
野球に関して言えば、野球選手と芸能人の組み合わせなんか、うまくいくんかな。
どっちも目立ちたがりで独りよがりだったら、難しいじゃないかなーと思う。

わたしが当時いた、私立の強豪校がひしめく陸上競技の世界は、プライド高い、ヤンキー多い、人をチラ見もしない、およそ公立の進学校でゆるくて仲良しクラブとはまったく別なのだった。
でも、わたしはヤンキーが毎日練習して、競技で結果を出している方が、「大学のランク上げたいから、わざと浪人する」なんて言っている生ぬるいヤツより、ずっと尊敬できたんだよね。
そういうの、Eさんはまったく知らなかった。
まさか自分より、ヤンキーが尊敬されているなんて、言っても理解できなかったと思う。

そんな感じで考察を終え、わたしは「彼をふるとき、もっとバシッと言ってもよかったんだな」と思った。
「住む世界が違うから」で簡潔OKじゃん。なにをあんなに悩んでいたんだろう。
思い出していたら、なんかいまのわたしが腹が立ってきて、思わず彼女に代わって「この子に近寄らないでください!」と、母親みたいなことを言いたくなってくるな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

お金がない。

uchiwa_asagao
今日は、診察に行ってきた。
「あまり変わりないです」と言う。

「日本語教室のボランティア、一回行ってきました」
「どんなことしたん?」
「今回は、ベトナム‐日本語の辞書を引いて、ベトナム人の人に見せる役です」
「それ、毎日やったらええやん!」
「毎日やってないんですよ。それにー、いまはまだ時期じゃないです」

ほんとうに、いきなりいろいろやり始めると、足がつるからね。
ふつうの人にとってはなんだその軽作業? くらいのことでも、じつはふうふう言いながらやっているのだ。
それよりもわたしは、H医師の頬がなんとなくこけているのが、気にかかった。
ガンじゃないだろうな?
先生に死なれると、わたしの障害年金が危うくなって、心底困るんだけど!

それでなくても、H主治医は抜け目ない人のはずなのに、歯と腰の不養生をしているのだ。
おそらく、時間がないものと思われる。
H医師がやめて次の医師に変わった場合、必ずしも診断内容が同じになるとは限らない。
つまり、ハズレの医師に当たったとき、次の年金更新の診断書がヘタクソになる可能性があるのだ。

わたしは、「障害年金、ほんとに大丈夫なのか?」と、またお金の心配を始めた。
このまえ来たセールスマン、風呂はいつかは絶対、買い替えなきゃいけないって言ってたけど、いつかは100万円・・・、あとシステムキッチンもいずれ要るだろうから、消費税含めて150万円くらい要んのかな・・・。
クーラーも近いうちに壊れるだろうし、パソコンも必要だし。
貯めても貯めても、間に合わない・・・。

どうやら、よぼよぼになるまで、「ああ、お金がない」と空を見ている人生に、変更はなさそうだな。
つくづく、リウマチとかいったお金のかかる病気にならないでよと思う。
生まれてから、中流家庭に育ってきた人間なので、貧乏とかお金がないとか、死ぬまでそうなんだっていう環境が、いまいちよく理解できていない。
上級市民に言いたいけど、お金の心配をしなくていい、健康であるっていうことは、かけがえのない幸せなのよ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

マンションの騒音

nabe_chuka
まえから少しうるさかったのだが、昨日の夕方から晩にかけて、階下の飲食店がさらに大きな騒音をたてているのである。
音は3つに分かれていて、まず釘を打つような「コンコンコン」、次に激しくモノをぶつけるような「バシンバシン」、最後に鍋を返すような「ズルズルズルッ」である。

この件につき、わたしはまえに管理人さんに訊いたのだが、やっぱり飲食店の鍋が音をたてているということだった。
しかし、どんな料理をしたら、あんな音量の物音がたつのよ?
物音だけじゃなくて、天井が振動しているのよ!
そう、店は階下なのに、なぜか天井から音が来ているのだ。
だからうちだけじゃなくて、あちこちのフロアが苦情を言っているんだよね。

わたしは、これほんとに鍋なのかー? とまた推理してみた。
なんで日によって、うるさい日とそうでない日があるのか・・・。
もしかして、鍋を扱っている人が違うんじゃないか?
だとしたら、騒音をたてている調理人は、筋力のない人だ。
中華鍋が重いもんだから、いちいちコンロにぶつけて回してんじゃないのかな。
コンロも気の毒だけど、管理人さんがすでに一度、苦情を言っているんだから、怠惰なことすんなよなと思う。

さらにわたしは、騒音を聞きながら、「紙に『うるさい』って書いて、ドアに貼ってやろうかな」と考えた。
だがその瞬間、「それって、躁の人がいかにもやりそうなことでは」と思い、あたまから打ち消した。
ほんとにね、躁の初心者はやりかねんよ。
そんで、社会的なトラブルを起こして、ダメ人間の烙印を押されることになるんだよね。

しかしわたしがいつも感心するのは、騒音に耐える皆さんの我慢強さである。
たいがいうるさくても、文句を言わない人が多いんだね。
近所づきあいに支障をきたすと困るという理由からだろうか・・・。
わたしはいまの騒音につき、誰かが何かを言ってくれるまで、一応耐えるつもりだけど、これ以上ひどくなったらなんか危ない気がする。
今日のうちに、管理人さんに報告しておいた方がいいのかな。
つくづくマンションに、騒音の悩みはつきものだなあと思う。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

冷やし中華とスズメ

hiyashi_chuka
大阪はもう、外に出ると完全にサウナ状態の暑さなので、わたしは昨日はずっとマンションにいた。
朝からゴソゴソと、冷やし中華をつくる。

そして、ベランダの植木とハイビスカスをずっと見ていた。
すると、けっこうスズメが来る・・・。
彼らは、植木鉢の受け皿から水を飲み、なにかをつついて去って行く。
わたしは、そういえば暑いとき、スズメはどこにいるのかなーと思った。
この前例のない猛暑のなかで、焼き鳥になるんじゃないだろうな。

ぼーっと考えた末、わたしは新しい受け皿を持ってきて、そこに水を入れて置いた。
ここで、水浴びしないかな?
暑い日でも、スズメが水たまりで水浴びをしているのを、見たことがある。
うちに、冷たいプールがあるよって、仲間同士で教え合ってきてくれないかな。

さて今日、見ていたら二回ほどスズメがやってきて、植木鉢をつついていた。
だが、プールの方は見向きもしてくれなかった。
うーん。
まだまだ、あきらめるまい。

今晩もまた、冷やし中華を食べる。
一度つくったら、同じものが二つできるので仕方ない。
昨日と同じ、冷やし中華を食べて、スズメの観察をして。
相変わらず、同じ生活の繰り返しをしているな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

急性扁桃炎もどき

giraffe
1週間ほど前から、唾を飲むと左の喉が痛む、という症状があったのだが、あまり気にしていなかった。
だが、昨日なんとなくネットで調べたら、同じような症状の人が、「急性扁桃炎で、すぐに投薬が必要だった」と書いていたので、慌てて病院に行ったのである。

診断は、すぐついた。
「胃もあたまも大きいけど、喉だけ細いでしょ。だから、圧がかかるとこういうの、簡単に起きるんです」
なんだか、喉にケガしたみたいな感じ?
ともかく、内科医の話では、2・3日薬を飲んだら治りますということだった。

それにしても、吐き気だのへバーデン結節だの急性扁桃炎もどきだの、わたしの身体はボロボロだ。
全部、退屈からくるストレスから来ているんだろうか・・・。
最近は、ガラにもなくお菓子を焼いたり、洗濯しまくったり、植物の手入れをしたり、時間を有効に使うようにしているのだが、それでも暇は暇。
やっぱり、話し相手がいないというのが大きいだろうな。
そのことについて、あんまり不自由はしていないつもりだが、あたまのどこかで誰かと話したい、と思っているのかもしれない。

来月のお盆は、大学陸上部の飲み会があって、ようやく知り合いという名の人に会える。
だが不思議なことに、わたしはそれも、どうでもいいやになっているのである。
滅多に会えないおしゃべり相手なのになあ・・・、ほんとうにおかしいな。
体育学部の集まりは、ものすごく騒がしいので、それでちょっとくたびれるのかな。

あと、わたしは社会性みたいなものが衰えていて、いま、夜の外出が難しい。
それで、ボランティアの日本語教室の夜の部も、行けずにいるんだよね。
H主治医は「子どもですか!」と言うが、まるで夜の電車って、酔っ払いのための終電くらいキツイ感じがするのよ。
しかも、飲み会が大阪・北新地って・・・、あのへんは昔と変わりなければ、小さめのビルばっかで、道に迷うこと必須である。
去年の飲み会でも、べつの場所で1時間半も迷ったんだから、今度は2時間前に行かなきゃいけないとさえ思う。

というわけで、暇でそれがストレスになっているくせに、暇を解消しようとしないという奇妙な現象が起きていて、自分でもよくわからないのである。
暑いからなのかなー。
まったく、急性扁桃炎もどきの次はなんだろうって考えちゃうよ。
それと、医療費がバカ高くついたので、財布がとても痛い。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

街路樹が枯れかける。

tree_leaf
昨日の朝、何気なく窓の外を見ていたら、いつもの街路樹が、へなっとしおれているのである。
なんだか、先端の方とか、ほとんど枯れているといってもいい・・・、これ、ほっといたら駄目だよね?

わたしは一瞬、市役所に電話をかけようかと考えた。
でもさすがに、街路樹くらいのことではなあ・・・。
たぶん、雨が降っていないのと同時に、連日の猛暑でやられたんだろうな。
それにしてもこのままじゃ、まるで気候と災害に荒らされる日本を予言しているかのようだわ。

夕方になり、母と電話で話をしていると、樹木フェチの彼女から、「まあ、かわいそうに! ペットボトル1本でも水をあげたら、だいぶ違うのに」と、ほぼわたしにやれという指示が下った。
それでわたしは、結局ペットボトル2本4リットルの水を、街路樹にドボドボとやった。
横に青少年がいて、なんだか奇異な目で見られたよ・・・、まー子どもがどう思おうが、関係ないけど。

その後、わたしはなんだか気になって、街路樹をチラチラことあるごとに見ていた。
昨夜から今朝にかけて、まとまった雨が降ったのもあってか、ちょっとましになったかな・・・? と思うも、やっぱり元気がないし、いったん枯れた葉っぱはもとに戻らない。
うっかりしていたなあ。
市役所がどーのと言うまえに、自分がやればよかったんだよ。

街をキレイにするために、今朝もゴミを拾って歩くおじいさんがいた。
日本は、ゴミ一つ落ちていなくてすごいって外国人は言うけれど、ちゃんとこうした努力をみんなでしているんだよね。
わたしも、目の前にある街路樹の世話くらいしてあげよう。
市役所にお願い~なんて言わなくても、考えたらペットボトルを持っていけば済むことだった。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

台風12号がやって来る!

typhoon
御多分に洩れず、台風12号のことでアワアワしているのである。
いや、正確にいうと、うちはマンションだから大丈夫だけど、近くの実家がボロ家で、用水路だの川だのあるので、うかつにしていられないのだ。

最近の異常気象を舐めたらいけないからなあ・・・。
わたしは、テレビを見ながらそう思った。
地球はもう、完全に異次元に入ったとみていいんじゃないかと思う。
これからもどんどん、「かつてないほどの」が挿入されたニュースが出てくるんだろうな。

それで昨夜、実家の母に電話をかけてみたのだが、彼女はなんのことはない、いまやらなくてもいい初盆の用意であれこれ悩んでいた。
「そんなん、あとでもいいやろ。明日、昼までにどうにかせんと、また逃げられへんようになるで」
「ああ、そうだったの。じゃ、あんたのところに泊めてくれへんかなあ」
「うちはいいけど。もうなー、いままでが大丈夫やったからっていうのはナシやで」
「そやな、そや。じゃあ、明日また決めるわ」

まーいまの報道を見ている限りでは、母は高齢者だし、うちに避難した方がいいんじゃないのかな・・・。
わたしは、防災グッズのチェックをした。
うちの家には、米だの水だのいろいろ、まるで自衛隊の倉庫のように置いてある。
飲料水なんか、一人2週間はいけると思うよ。
あとは、ふつうに懐中電灯とか電池とか。

そんなチェックをしているうちに、台風は地震と違って、ある程度準備ができるから、助かるといえば助かるなと思った。
こういうとき、なんの対策もとらない人は怠慢だよね。
いつも外国人の話を持ち出して悪いけど、彼らがよく言う日本人が災害のときに冷静だというのは、一つは「政府がなんとかしてくれる」という絶大な信頼感があるからじゃないのかなと思う。
アメリカじゃ、災害のときに何をどれだけ持っているか、人に言っちゃ駄目だっていうけど、それは国を100%あてにできないから、サバイバルになっちゃうということなのかなと思う。

そんなわけで、大阪にいるわたしは、悪いけど東京の様子を見て、こころの準備をしたいと思います。
しかし、こう言っちゃなんだけど、土曜日でマシだったと思うよ。
平日だったら、日本人はどんなに危なくても、会社に行きかねないからね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

嵐のあとで

epron
今朝は午前1時半に起きてしまい、お腹が空いたので、マドレーヌをつくってしまった。
台風のなか、いったいわたしは何をしているんだろう・・・。

しかし、窓から外を眺めていると、その時間の大阪は全然大したことなかった。
よくわからないけど、どこか大きな被害を出したところがあるのかな。
昨夜、奈良に住む同級生が、フェイスブックで異常に赤い夕焼けをアップしていて、これは前兆かーと思った。
確か、関東でも同じ現象がみられたんだよね。
どっかで理屈を聞いたことがあるけど、あれは地震だったかな??

うちの近所の街路樹は、猛暑と水不足で葉っぱが枯れかけていたが、台風のおかげで枯れた葉が落ち、かえってみずみずしさを取り戻したようにみえる。
でも、やっぱりハゲだけどね・・・。
これから、雨が降らなかったらわたしが水をやるし、またどんどん葉を増やしてほしいと思う。

さてそれで、いまわたしは洗濯をしているんだけれど、台風ってほんとうにげんきんだよね。
あんなに嵐だったのに、いまはセミが鳴いていて、青空まで見えるよ・・・。
いつも通り去ったあとで、ホッとするとともに、あれは何だったんだろうって思う。
うちの家では、唯一、ベランダに転がっていたペットボトルが、風の強さを物語っていた。
あんなもの、ふだんは勝手に飛んできたりするものじゃないからね。

まだ8月にもなっていないというのに、これからまたこういうのが、やって来るんだろうな。
もうわたしは、食糧を買って、ひたすらマンションに立てこもりよ。
母にも、避難所はおすすめしない。
地震のときの、関連死の80%くらいは避難所絡みだと聞いたことがある。
もちろん、長期に渡っている場合だと思うけど、それだけストレスがかかるってことだよね。
わたしは母には、可能な限り、自宅にとどまるかうちに来るか、どっちかにした方がいいと思っている。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

次の恋愛

heart_ribbon
過去の恋愛の苦い経験を思い出していると、なんだかしんどくなってしまって、なんでもっとわたしは、自分を高く売らなかったんだろうと反省する。
昔のアナログ日記「LIFE,LOVE&PAIN」を読んでいると、彼女はものすごく元気で、周りには人がたくさんいて、飲んだり遊んだりしている。
たぶん楽しすぎて、一つの恋愛のことなんかどうでもよかったんだろうな。

もし病気にならなければ、あの頃の延長線上にわたしがいたのかなと、どうしても考えてしまう。
日記には、当時の行きつけの飲み屋やバーの名前がたくさん出てくる。
あのまま働いていれば、それらが自分の近くに存在し、何らかの知り合いが近くにいたはずだ。
わたしはそのことを考えると、いちばん心にこたえる。
ふつうから逸脱してしまった自分が、残念でたまらないのだ。
ふつうの人みたいに、ふつうに働いて、ふつうに人付き合いがしたかったのだ。

わたしは、これから自分が恋愛をする可能性について考えてみた。
まあ、出会いがないんだからないと考えるのが妥当だけど、世の中なにがあるかわからない。
そして、一昨年出席した大学陸上部OB会のことを思い出した。
そのとき、2つ下の後輩が、わたしに向かって「コイツ、独身ですよ!」と、同輩を売り込みに来たのだ。
これはまあ、あちこちに言い回ってあげているんだろうな・・・、しかし独身同士だからと言って、すぐにくっついたらそれは野合ってもんじゃないだろうか。

若いころのわたしは、こういう状況になったとき「え? どんな人?」って、とりあえず見てしまったと思う。
でもそこは駆け引きで、ほんとうは自分を高く売るために、最初は知らんふりをすべきだろうな。
そこで向こうが去って行けば、その程度の興味しか湧いてもらえなかった人。
こういうのを振り落としていかないと、いい恋愛ができないんじゃないかと思う。

さて、そんなことを考えている自分は、精神年齢が幼いなと思うが、実際、心の防御機能である退行が起きたので、考えが幼稚なのも単純なのも、障害の一つといえるのかな・・・。
でもまーね、言いたいことは、今度恋愛することがあれば、絶対軽はずみな始まりはしないぞってことなんだよね。
じっくり相手を眺めてから、飛びつかずに寄ってこさせる、みたいなね。
間違っても、暇だから、一人が嫌だからなんて理由で、誰かと付き合ったりしたくないわね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

アフリカの話とか

choku
今日はいつもの、在日外国人のための日本語教室のボランティアに行ってきた。
そして、今度はタイから来たTさん(女性)と何人かの先生と雑談した。

Tさんは、旦那さんが日本人で、日本語はかなり話せて、ついでに日本人にしかみえない二人のワンパク小僧も連れてきていた。
ガキ二人は、日本語・タイ語・英語が話せると言っていた。
いいねえ~。小さいころから語学ができると。
だけど、どっちつかずにすると、日本の大学に入るときに困るんじゃない? と思ったわたしは、Tさんにどうするのか尋ねたのだが、彼女は「上の子は日本の歴史が好きだけど、下は勉強が嫌いだし、子どもがいいと思った方」と笑いながら答えた。
そうね~・・・、でもわたし、小学4年生の段階で、もはや日本人の子どもと日本語力の差がついているのは、ちょっとまずいと思うわ・・・。
マクロでみると、このぶんだと移民2世は、あまり日本語ができずに、その結果、学歴に差がついちゃうんじゃないのかなあ・・・。

日本語教室の先生たちは、最初に出会ったときから、「この人たちは引退した教師ではないか」と思っていたのだが、やっぱり中学校の教師軍団であった。
ガキ二人がやっていた宿題の漢字ドリルを見ながら、わたしが「日本国籍をとるには、小学3年生くらいの語学力が要るらしいですね」と言うと、「国語っ?!」と食らいついてきたので、まーわたしの同級生の教師軍団もそうだけど、どうしても学校に関係あることは聞き逃せないんだよな。
「○○中のナントカ先生」という言葉もいっぱい出てきて、ほんとうに教師っていうのは、引退したあとも現役でいろいろやるよ。

あと、なんとタンザニアで登山をしてきたという人の話を聞いた。
タンザニア! わたしが世界で最も行きたい場所の一つよ!!
もっともわたしは、登山じゃなくて「セレンゲチー国立公園」っていう野生動物のいるところだけどね。
わたしがそのことを彼女らに伝えると、「いいところだから、行ってきたらいいわよ」とかるーく言われた。
なぜか、先生たちはアフリカが好き・・・、でもどっちみちわたしは貧乏で、30分の電車も乗れないわけだから、行けるはずもないけどね。

ただ、ちょっと気になったのは、先生たちの情報は古いんじゃないかということ。
「アフリカだと、どこがいちばんいいですか」と尋ねたら、「南アフリカがいいよ。希望岬とか」と言われたので、つい、「南アフリカといえば、もう水が出ないんじゃ・・・」と口ごもってしまった。
こういうとき、素直に「ワイン、美味しいんですよね」とか言えばいいんだけど、黙っていられない・・・というか、マジで、深刻な水不足にある南アフリカはマズイよ。
シャワーは1日10秒、トイレの水洗も1日1回だよ。感染症にかかるって。

ということで、何かと人にケチをつけるわたしだが、度を超さないように気をつけよう。
言いたいことを黙っているのって、ほんとうに苦しい。
だけど、これで躁状態のときにみんなから嫌われるんだよね。
しんどいけど、もっと気をつけて我慢しないと。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

プロフィール

由巳ゆみ.

Author:由巳ゆみ.

2000年うつ病、解離性障害と診断される。
2010年うつ病から躁うつ病と診断名が変わる。
現在は精神障害者として一人闘病生活を送っている。
◆LIFE,LOVE&PAIN(旧)
↑セキュリティをお忘れなく!
◆LIFE,LOVE&ごはん
  (ダイエットブログ)

◆LIFE,LOVE&PAIN
緊急避難先(FC2ブログ更新不能時)

当ブログについて

◆管理人の日記です。
◆文章の転載はお断りします。

人気ブログランキング

↑クリックして下さると励みになります

月別アーカイブ

11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 

Others

FC2ブログ

ログイン