アナザー・ストーリー

donut
昨日は、過去に付き合っていたEさんと、わたしと二股をかけられていたRさん(女子)のことについて考えていた。
Rさんにとって、Eさんは初めての男性であり、厳格な家で門限も厳しかったので、たぶん絶対、Eさんは付き合う前にご両親に挨拶したものと思われる。
結婚するつもりもなく「お付き合いさせてください」、そしてご両親は「娘が婚約者を連れてきた!」。

そしてボタンの掛け間違いに気づかず2年間、ここからは一部わたしの想像だが、やがてご両親が「結婚はいつにします?」と言い始める。
「まあ、なんてこと! Eさん、30過ぎまでは結婚しないだなんておっしゃってるわよ! 婚約者だからこそ、門限も許してあげたのに。Rちゃん、Eさんとは別れなさい。30歳まで待ってられませんからね」
絶望にうちひしがれたRさんは、Eさんに必死ですがって、「お願い、結婚して。じゃないと、お見合いさせられてしまう」と懇願する。
だが、彼にはまだ、やりたいことがたくさんある。ほかの女性と知り合うこともそのなかに入っている。
彼は、わたしから見れば、すぐあちこちの女性に目移りしてウロウロする、ただの女好きである。
富士山は、山梨から見た方が静岡よりキレイだと言う人がいたが、それでいくと、彼女が見ていたのは、山梨側の方だ。

その後、彼女は気の毒なのだが、Eさんに助けてもらえず、あろうことか彼はRさんを捨てて、わたしのところへ逃げてくるのだ。
とても可哀想な話だが、わたしのなかでは、「これはねー、もとからこういうやつなのよ」と同情したい気持ちである。
彼女にとって、このストーリーはおそらく、「素敵な人との幸せな始まりがあって、ときめきの日々があって、やがて不安な日々が続いて、結婚に踏み切れなかった彼に逃げられてしまった」じゃないかと思うが、わたしによるアナザー・ストーリーは、「大の女好きなEさんが、バージンの彼女をどうしても欲しくて両親にあたまを下げ、楽しく連れ歩いたが、親ぐるみの結婚話が面倒になり、わたしを使って逃亡した」である。
これも富士山の話と同じになるのだが、やっぱ物事は、一つの方向から見たんじゃ、真実は見えづらいかもしれないな。

位相幾何学では、コーヒーカップとドーナツは同じ形とされるが、わたしとRさんが見ていたものは、それぞれの二つなのかもしれない。
この件で、わたしは親友を失ったのだが、もし弁明させてもらえたなら、「このテーブルにあるものは、あなたから見たらコーヒーカップだけど、わたしから見ればドーナツなんだよ」である。
「だって、どっちも穴が一つでしょ。粘土製だとしたら、ぐにゃ~って曲げたら同じ形になるやん。つまり、同じモノなのに、見方によっては違うモノに見えることがあるんだって」

そしてわたしは、ため息をついた。
彼女らのあいだで、おそらくいまでもそういう話になっているであろう、「ゆみがRちゃんの彼氏を盗って逃げた」。
違うんだよ、これはEさんってヤツが悪い男で、女たちが振り回されてたってストーリーなの。
でももう、誰も聞いてはくれない。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

久しぶりのパック寿司

sushi_ebi
先日、どうしても生魚が食べたくなり、スーパーでパック寿司を買ったのだが、これはなんと、父が亡くなる前の9月以来、10カ月ぶりであった。
外国人の方がよく食べているじゃないか!

食費を月2万円であげているわたしにとっては、スーパーの600円パック寿司さえ贅沢だ。
正確にいうと、お金は少し余るのだが、老後のために頑張って貯金している。
マンションを売って、生活保護なんてまっぴらごめんなのだ。
そのためには、多少の貧乏も我慢するのだ。

ところで、昨日か今日のスマホニュースで「60代の生活保護者が、熱中症で死亡した」というのがあったが、電気を止められていたことについて、賛否両論があった。
否定派の主張は、「電気代にあたるお金は、なにに使ったの?」である。
これはこの人が、どれだけ金銭の管理能力を持っていたかが気になるところである。
よく、お金が足らない生活保護者に対し、ギャンブルで使ったんだろうとか言う人がいるが、そもそも生活保護に入るくらいだから、お金の計算ができない人がいることも、考慮に入れなければならない。

わたしの死んだ友人は、ケータイとパソコンとタブレットとファックスを持っていて、「金がない」と言って、お風呂の水を半分にして入っていた。
わたしが、「それ、ランニングコストを考えたら、解約した方が得やろ?」と言うのだが、「でも、解約資金がない」とくる。
「タブレットとコレは一緒に持ってたら得やって言われてん」「でも、トータルしたら損やん。使ってんの?」「使ってない」。
こういう金銭感覚の人に、生活保護費を適切に使えと言っても、無理かもしれない。
ともかくこういった問題は、起こった現象だけ見て、こうに違いないとは言い切れない部分がある。

さて、生活保護者より生活費が少ないと自負しているわたしの、7月の家計は、管理修繕費を除いてトータル6万円であった。
このなかに医療費6千円が含まれているから、わたしは生活保護費8万円なら、余裕でやっていける自信があるよ。
だからわたしは、世の中のワーキングプアが言う「生活保護者はもらい過ぎ」というのは、少し違った意味でそう思っている。
誰かと比べてもらい過ぎなのではなく、ちょっと切り詰めたらもう少し少ない金額でもやれるはずだという意味である。

しかしまーそれにしても、いつもわたしは貧困層ばかり見てしまうけど、高見の見物をしている富裕層にも、この国のために少しくらいなにかしてほしいと思うわ。
ありていに言うと、税金をもっと払ってくれってことだけどさ。
お金のない若者が子どももつくれない社会で、国は大量の移民を入れて、まるで国民総入れ替えみたいなことをしている。
2025年までに50万人の移民を入れるって言っていたのも、さらに増やすと言い出して、どうやら完全に貧困層の日本人を切り捨てにかかったらしいことは、見ていてほんとうに憂鬱になるわ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

人類激減の日

joro
台風12号の直前の猛暑で、ボロボロに枯れてしまったうちのベランダの外の街路樹に、最近水をやっている。
ボロボロがまだ治らないのだ。日が浅いから仕方ないけど。
で、また大阪は晴れの猛暑が続くので、これ以上は見ていられないと思ったのだ。

しかしわたしときたら、うちのベランダにある植木に水をやって、水を入れたペットボトルを持って下に降りて、夕暮れにだらしない恰好でじょぼじょぼと樹に水をやっている・・・、これってもうおばあさんのやることじゃないだろうか。
べつにこんなの、おばあさんがやっていてもいいよな。
若いわたしが、やらなくてもいいよな。

だけど、このままじゃあちこちの街路樹が枯れてしまうんじゃないかと心配しているんだけど、市は把握しているんだろうか。
わたしが心配しているのは、景観もそうだが、異常気象で変わっていく地球である。
わたしは、マンガ少女だったのでついSF的に考えるのだが、たとえば街路樹がぜんぶ枯れてしまっている風景を見たとき、「日本がこんなに砂漠化している」というようなセリフを思い浮かべる。
砂漠っていうより、豪雨と干ばつの繰り返しかって感じだけど、どっちにしてもこの状況はヤバイ。
近い未来、経済力にものを言わせて海外から食糧を輸入し、いわば弱者から搾取するような形になるのかな。
世界は、勝敗が二極化しそうである。

ところでこうした異常気象を語るとき、わたしは「地球が危うい」とか言う人は、自然に対して傲慢だと思っている。
人類は、特別な存在じゃないよ。地球にとっては、温暖化がすすんで人類がいなくなっても、どうってことない。
水も二酸化炭素の量も、どうせ地球上では変わりないんだから、人類がいなくなれば適正な位置に移動するまでの話である。

産業革命以降の人口の爆発的増加と、いつか来る水・食糧不足、疫病、排泄物処理などの問題は、わたしが中学生の頃からすでに塾の先生から聞かされていた。
「もう、そろそろやで」と先生は言っていた。わたしは信じたくなったが、どうやらそろそろなのかな。
しかし、食糧は外国から買えても、水だけは運びようがない・・・。
あちこちの農家で、作物が枯れてしまっているようだが、大丈夫なんかな。
日本は水が多いというのはじつは勘違いで、海外から工業製品で入ってきているので、足りているかのように見えるだけだ。

まー自分の勝手だけど、生きているうちに地獄はみたくないわ。
これからの地獄は、アフリカとインドなのかな・・・。
なんか予定通り、粛々と人類激減への道が進んでいるので、自然の正直さを感じて身につまされる気持ちだ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

戦闘機とかアニメとか

sakura_fuji
昨日、海外の掲示板を見ていたら、日本の戦闘機F‐15の背中に、富士山と桜が塗装されいるのがアップされていて、わたしは思わず「だっせー!」と思った。
これじゃ、まるでヤクザさんのモンモンじゃん・・・。

しかし海外は相変わらず、「クールだ」と日本を褒めている。
もう最近、なんでもかんでも日本のものはクールだな。
でもわたしが思うに、桜って淡くてはかなくて、すぐ散るものだから、あまり戦闘機には描かない方がいいと思うの・・・。

また、80年代の少女漫画のアニメ「BANANA FISH」の毎放送後の感想が語られていた。
吉田秋生の作品だけど、わたしはこれがあんまり好きではない。なぜかというと、先が読めすぎるから。
「BANANA FISHは人じゃない!」というセリフのあとで、「あれ? 冒頭でわかるじゃん」と拍子抜けした。
まー、子供向けの雑誌だったからな。

それがなんで、海外では男性に受けるのかわからない。
ニューヨークという、欧米社会からいえばホームが舞台となっているからか?
もっとも、この作品には頻繁に暴力とゲイと○イプが出てくるので、日本男児には嫌われるだろうな。
いままで海外に輸出されていたのは主に少年漫画だと思うが、少女漫画を漁り出したら、もっと名作がたくさん出てくるよ。
少年漫画が「友情・努力・勝利」に特化しているのに対し、少女漫画はあらゆるテーマを扱っていて、奥が深いのである。

しかしまー、日本という国は、観光地にしろ文化にしろ、こんだけの量を持ち合わせておきながら、いままでちょこっとしか出していなかったというのが不思議だ。
「いまの日本のイメージ」という外国人の描いた絵を見たら、真ん中にデンとアニメの女の子がいて、後ろにスカイツリーと東京タワーと大阪城と富士山と桜があって、前に食べ物がたくさんあって、その間にちっちゃく車だった。
若い人が描いたと思うんだけど、もう車を輸出して儲けていたっていう時代じゃなくなっているのね。
それなのに、トランプさんは・・・。

ともかく、日本を取り巻く情勢はそのようになっているので、東京オリンピックの開会式の内容は、ピントを外すなよーと願う。
どうせ、おじさんたちが考えるんだろうから、いやーな予感がしないでもない。
わたし的には、予告編みたいにキャプ翼とか出さないでほしいわ。
スポーツだからいいってもんじゃないでしょ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

昼間の眠気

nemui_akubi
最近、昼間、眠くて仕方ないのだが、昨日もそういう意味では絶好調だった。
スマホで「どうぶつの森・ポケットキャンプ」をやっていたら、頻繁にガクッとスマホを落としかける。
なんでこんなに眠いかって、眠剤の量が足りていないからである。

わたしはいま、「デパス」というみんなが知っているありきたりな薬を、睡眠導入剤として使っているが、ここまで薬を減らすのに、相当の月日がかかった。
だから、H主治医としては、またこれを増やしたくないのだ。
すでに何回か、「眠いです」と訴えてみたのだが、「昼寝したら駄目ですよ!」と言われ、コクコク状態を続けている。
先生、どっかに「睡眠負債をつくるな」って書いていたのに・・・、いまわたし、一日4時間くらいですよ。

仕方ないので、昼間やることを考えるのだが、ほんとうにない。
出かけようかなと思った瞬間、「暑い・・・」。
この酷暑は、まったく人の生活に大きな影響を及ぼすね。
葉物野菜が採れなくて高くなるって聞いていたけど、スーパーに行ったらほんとうに高くて、6分の1か? くらいの大きさの白菜を90円くらいで買ってきた。
厚揚げと一緒に煮たけど、惣菜のつもりが厚揚げばっかになってしまったよ・・・。

そんで、眠るわけにもいかず、できることもないわたしは、また吐き気が出て苦しんでいた。
これはね、仕事のないボーダーコリー状態なのよ、たぶん。
羊を追うのが仕事で、それが大好きな犬が、檻に閉じ込められてゲロゲロ吐いている感じ。
犬にたとえると、わたしって相当かわいそうだなあ。
人間も社会でなんらかの仕事をして、人間同士繋がっているんだから、それができないと動物としてしんどいよね。

ともかく、いまは街路樹の水やりと、在日外国人の日本語教室がわずかにあるので、ささやかながらそのへんでもつついていよう。
あーしかし負荷が足りないな。
自分のポテンシャルを使いきれる場所がないというのは、苦痛だよと繰り返し思う。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

化粧品店にて

foundation
今日は診察日だったので、クリニックのある繁華街へ出ていった。
中国人観光客、暑いからかさすがに少ないな・・・、ベストシーズンの半分くらいか?

そんで、診察のあとで、こんど大学のOB会があるから、化粧品を買おうと、まずドラッグストアに繰り出した。
アイブローはやはり、リキッドタイプよりペンシルタイプが描きやすいと結論づけた結果である。
眉毛って、顔全体の印象を形作るから、要注意なんだよね。

そしてなくなりかけていたファンデーションを買いに、今度はいきつけの百貨店へ行くと、レジにどばーっと並んでいた中国人客は、今日はあまりいなかった。
代わりに、店員にベトナム人のおねーさんがいた。
色とか、細かいところは日本人のおねーさんにやってもらったけど、商品を出したり包装は、ベトナム人のおねーさんにやってもらった。
彼女は、多くの美容部員と同じく、キレイなマニキュアで手入れされた指先で、丁寧に紙袋を折り曲げていた。
これなんだよね。日本人が誇りを持って仕事をしているっていうのは。
商品をただ包むんじゃなく、それを美しく見せるっていうかね。

それにしても、「ベトナム人労働者」って言ったら、なんか単純労働者? って思いがちだけど、アレは全然そうじゃないよ。
その百貨店は全国でも売り上げトップクラスで、キラキラの職場で、店員の方が偉いかもっていうブランドの立ち並ぶフロアである。
見ている間にあれよあれよと、化粧品店という敬語だらけの難しい職場に外国人が入りこんでいるんだから、日本人もあまり仕事について不平不満を言っている場合じゃないのかもね。
安倍政権って、なにを考えているかわかんないし・・・。

そういうことで、明日の日本語教室は、気が変わらなければ行こうかなと思う。
なんだかんだ言って、わたしは在日外国人を応援しているのよ。
日本人はもう、増えないんだもん。誰かに日本を伝承しないと。
そして、死ぬころに「日本も変わったな」くらいの変わり方で、肩の力を抜いて、コーヒーでも飲んでいたいんだよね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

日本語教室の日

strawhat
今日は、いつもの日本語教室のボランティアに行ってきた。
先生たちとも雑談を交わし、だいぶ仲良くなってきた。

そして前々回の、ベトナムのTさんの学習のアシスタントをした。
Tさんは、1月にベトナム人の旦那と結婚して、6月に日本へ来たばかりである。
日本語はほぼしゃべれない。やっと、ひらがなとカタカナが読めるようになったところだ。
だが、非漢字圏の人に漢字は難しいだろうなあ・・・。

でも彼女は若いので、なんとかなるだろう。
と、ふと見るとなんか半袖ニットを着ているんですけど・・・、今日の大阪は33℃だぞ?
視線を落とすと、パンツも起毛で、さらにパンストを穿いている!!
あっつーー!! パンストってことは、服がないわけじゃないのね?!

それで、授業が終わったあとで、彼女を捕まえて「暑くないの?」と身振り手振りで話してみた。
彼女は、(笑)みたいな感じで、でもまあ意味はわかっていたようだった。
しかし、話はここで終わらなかった。
帰り際、後ろから自転車で追いついてきたTさんは、「さよなら~」と清々しく去っていったのはいいのだが、あとに残されたわたしは、彼女のレモンイエローのカーディガンを見ることになった。
ベトナムの人って、ほんとうに寒がり?
まえに写真で、あっついなか革ジャンの人を見たことがあるけど、やっぱり生まれた環境で、ここまで違うもんなのかな。

さてそんなわけで、ほかには、台湾から帰ってきた先生のお土産のクッキーをいただいたり、わたしの周辺も時代とともに、国際色が出てきた昨今なのである。
元教師の先生方は、ほんとーにあちこち外国に行っている。
引退したあとの教師って、超安定な生活なんだろうしなあ・・・、現役中は大変だったと思うが、やっぱいいねえと思ってしまう。

わたしが帰るときも、「また再来週ね!」と元気よく言っていただき、悪びれないところが教師のいいところね。
まーわたしのリハビリにはよさそうな場所。
とにかく、わたしの病気に詮索したり、偏見を持ったり、そういうのがなければいいんだよね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

Google翻訳とか

banana
朝1時に起きてしまい、それからゲームをして、おにぎりを握って食べ、いろいろと用事をしていまはバナナなのである。
眠剤が足らなすぎる。ダダをこねたらもっと出るだろうが、わたしも薬漬けは嫌なので、このまま頑張る。

日本語学校では、アナログ辞書を引いていたのだが、よく考えたらわたしはスマホを持っていたんだった。
音声でやればすぐじゃん~。なんだ。
ついでに、ベトナム→日本翻訳のアプリも入れようかと思ったが、アンドロイドのアホが、Google Playに繋げてくれなかったので、あえなく撃沈した。
ちょっと疲れた。寝ていないもんね。

でも、この便利なスマホというかGoogle翻訳を持っていったら、先生方はきっと「来週も来てね」になるだろうな・・・。
だって、わたしの役割は辞書だもん。
それに、せっかくテクノロジーと最先端技術の日本に来ていただいているのに、ボロボロの辞書はないよね。
もっとも、最近は最先端ってわけでもないけどね。

中国が、株式市場の時価総額で、また日本に2位の座を明け渡したということで、ネットが湧いていたみたいだが、最先端を行っていたかのように見えたかの国は、やっぱりハリボテだったのか。
まーどの技術も全部パクリだしね・・・、あの国ほど、コピーや泥棒が平気な国民性はないわね。
日本人に対するアンケートで、中国人が好きか嫌いかを尋ねたら、90%以上が嫌いだと答えるらしいけど、わたしもじつはそっちで、理由の一つは「ずるくて汚い感じがする」である。
人をだまして自分が得してナンボ、みたいな性格が、かなり寒気がするんだよね。

というわけで、自分に誇りを持てるような国に生まれたことに感謝しよう。
しかしまー、年金でカサ増ししているとはいえ、日本の株式市場はやっぱり大きいね。
外国から見たら、日本人って裕福なんだなあ・・・、なにしろ高齢者がお金をたくさん貯めているし。
お金があるからって、身分不相応なローンを組んでいる中国人とは、悪いけど大違いである。
バブルがはじけたら、どうなるんだろう? とかって、人のことを考えても仕方ないんだけど。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

君が代への反応

mt_fuji_asahi
例によって、海外の掲示板を見ていたら、3・4日前に立った「君が代」のスレで、外国人たちがすごく感動しているのである。
なんでだ? こういうことは、わからないままで置いておくのはよくない。
わたしは、原因究明に努めた。

まず、映像が荘厳で、始まりのシーンで、天皇その他皇族方が、国民の振る日の丸を静かに見下ろしているシーンがある。
んで、タイトルが「KIMIGAYO/The Reign of the Emperor」だから、たぶん中韓以外の人たちは、「えっ、国歌がエンペラーなの?」とちょっと意外に思ったかもしれない。
なにしろ、世界でブームとなっている日本と日本人は、神道の国と言われつつあまり信仰しているふしもなく、それどころか「クリスマスする」とか言う、いまいち外国人からは理解できない宗教観の国である。
世界の人々は、神や何らかのものを信じているのが当たり前で、無神論者は親類に入れたくないほどなのだ。

それで、なんとなくこころの中で、「日本人は好きだけど、いったい何を信じてるんだろうな?」と疑問に思っているところへ、天皇を敬う国歌が出た。
それで、あたまでピーンときて、「そうか、日本人があんなに規律正しいのも、礼儀正しいのも、天皇という神を崇拝しているからか!」と日本国民の天皇への敬意を、宗教的なもののように外国人らしい捉え方をする。
それで、神=天皇に、いじらしく旗なんか振っている日本人に、「日本、大好きだ!」「尊敬します」の言葉が出たのかな?

だがしかし、日本人なら誰でも知っているが、「君が代」ってダレだ?
誰も有力な説を唱えないところをみると、永遠に謎なのか。
わたしは、これはどっか名もない人がつぶやいたポエムじゃないのかって、勝手に考えているけど。
でも、エンペラー説でもいいよ。
王室がある国ってカッコいいよね。これだけは、歴史がないとどうにもならないもんね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

幼児教育の義務化

kuroneco2
昨日、自民党が幼児教育の義務化を検討するというニュースがあったが、わたしはよかったなと思っている。
「そんな小さな頃から勉強させるなんて」という人は、ちょっと先を甘く見過ぎているよ。
今後、日本は移民が増えるわけだけど、海外の例から言うと、2世以降の教育がうまくいかないと、治安が悪化するんだよね。
それにわたしは、日本人になるには、日本の教育を受けないと駄目だと思っている。

一方、「遅すぎた」と言う人については、「そりゃ、政治家が女コドモに合わせて、教育を考えるワケないでしょ」である。
彼らがそうするのは、決して女性が子どもを産みやすくするため・・・とかではなく、さっきも書いたように移民問題の一環、あと経済状態による学力の格差あたりだと思う。
それは意義のあることだけど、「おっそ~い」なんて、女らしく喜んでいたらちょっと違うと思うよ。
まー、わたしみたいに文句を言わないで、黙って甘受すればいいのかもしれないけど。

そんな移民の話だが、ちょっと信じがたいが、中国ではアフリカ移民が中国人を悩ませているらしい。
なんでも、アフリカ人はあの中国人以上にうるさいんだとか・・・。
シュウキンペイさんは、どうやらアフリカで有利にコトを進めたいために、移民を許してしまったようだが、その怖さはわかっていなかったようね。
まー中国は広いから、もし日本で同じことが起こったときのような悲劇にはならないかもだけどね。

世界の人々の話によると、イスラム教徒というのは、自分があとから来たのに人を自分のルールに変えさせようとするんだそうだが、イスラム教徒といっても地域によって違うようだから、一概にはいえないだろう。
たとえば、インドネシアなんかは人を改宗させようとしたりしない・・・そうだ。
それでも日本政府は、インドネシアを移民候補に挙げていない。
あくまで、ASEAN諸国で同じような宗教の国から、ということで、必然的にベトナム、ミャンマーということになる。

こういう動きをみていたら、わたしは政府はじゅうぶん移民の危険さをわかっていて、慎重にしてはいると思う。
だけど、2025年までに50万人以上っていうのは、正直寒気を覚えるけどね。
移民の人たちに悪気はないのはわかるけど、たとえば道にペッと唾を吐くのなんか、彼らにすればふつうのことで、日本人としてはこれをどう受け止めるかっていう悩ましい問題になるけどね。

そんな感じで、また移民のことについていろいろ考察してしまった。
こういうのは、考えられるうちに考えて、自分なりの見解を持っていればいいか。
じつはひそかに、未来の日本を左右する大問題なんだしね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

ブラックパワー?

succer_ball
昨日も暇にまかせて、海外の掲示板を見ていたのだが、今度は、日本びいき欧米人による日本人×黒人ハーフの悪口スレに出会った。
サッカーなのだが、「ついに日本もブラックパワーを使い始めたか」というのである。

どうやら、日本人はイエローじゃないと気がすまないらしいが、日本的感覚でいうと、片方の親が日本人なら、子どもも日本人である。
なんだか卑しいよね、さんざん黒人を差別している欧米人が、正しいことをしている日本人のことをブラックとかって横目でさげずむのって。
日本人サポーターと思われる人々は、何言ってやがるの論調だったが、わたしもそのように思う。

しかし、最近ネットを見ていると、黒人ハーフを嫌っている日本人がいるのも事実である。
彼らが嫌いなのは、「大坂なおみ、ケンブリッジ飛鳥、サニーブラウン」あたりである。
アホだと思うのは、「黒人なのに、日本の名前がついているのが嫌」などという腰が抜けそうな理由である。
ちゃんと日本語もしゃべってんのに、こういう人って教養がないというか、目のまえにあるものしか感じ取れないんだろうな。
自分はどんだけ偉いんだ・・・という言葉がピッタリ当てはまる。

これから日本代表といった人のなかには、身体能力の優れた黒人の血をもった日本人が、増えてくるだろうと思う。
でも、それはフランスみたいに、フランス人の血の混ざっていない移民を代表に入れているのとは違う。
海外の掲示板を見ていると、平均的欧米人は、日本人が思っている以上に考えが浅くて、こういう違いがわかっていない・・・というか、人種・宗教の話になると、とたんに盲目になるんだよな。
あれは、いろんな意味で弊害になるだろうな。

日本人はなにもそんな外国人に合わせてやることはないので、仲間である日本人を守って応援すればいいと思う。
これまた悪口になるけど、だいたい欧米人って、勝手に東洋の神秘を妄想して、それを東洋人が壊すと怒るんだよな。
着物をアフリカ人が着ていたときも、「うん・・・、アリじゃない・・・」と微妙な空気だったけど、着物は着られるより着崩す方が粋だってことを知っていたとは思えない。

まーそういうことで、日本びいきの外国人たちに言いたいけれど、色の黄色いのが日本人という決まりはないのよ!
それはあなたたちがそうあってほしいという幻想。
まずは織田信長が、黒人のサムライを従えていたってところから、勉強してもらいたいわ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

大学陸上部OB会

beer_bottle
昨日は、大学陸上部のOB会に出席した。
20人くらいいただろうか。とにかく、体育の先生とかスポーツ関連の仕事の人ばかりで、みんなすごく日焼けしている。

わたしは、お酒はやめたので、かわいくウーロン茶を飲んでいた。
しかし、大酒飲みから一転して飲み会で素面でいると、いかに自分が正常な判断力を失っていたかわかるわ。
エネルギーも大きく費やすんだよね。

それにしても、この度は先輩からも後輩からも、なんかボコボコにからかわれた。
「おまえ、こーゆーヤツやったやろー!」みたいな感じである。
「難聴になったーとか、いちいち心配させるようなことになって、危ない感じ」
「なんか、一人だけ独特の世界にいてる」
その他、この人しょうがないなーという感じのことを、頭ごなしに次から次へと言われた。
いまや、上下関係なんかないから、弱くなってしまったわたしに、おっさんの後輩たちは容赦ない。
まったく、冷や汗をかくわ・・・。

いままでなら行ったであろう二次会に参加せず、そのまま10半ごろに帰宅したのだが、ふだん都会に出ないからくたびれた。
しかし、いまのわたしなら、あんまり人間関係でトラブったりしなさそうかな?
それか、一日だけ飲むくらいならどってことないってことか。
周りから、冷たい目で見られないのって、すごくほっとする。

わたしの周囲から人がいなくなって、いま残っているのが、この大学関係の集団だけである。
これだって、年に1・2回の集まりがあるだけである。
でもまーこの繋がりがあるだけでも、よかったことにしておかないといけないな。
大事にしなければ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

お盆と霊

yurei
昨日は、少し寝坊したものの、朝散歩して、自家製マドレーヌを食べて、洗濯して、植木に水をやって・・・、ということをしていたら、なんだか波に乗ってきて、快適に過ごせた。
しかし、このあとが問題なんである。

なんか、後ろから、シャツの襟口をピッと引かれるような感覚が、何度かあるのである。
わたしは、最初は気にしていなかったが、あるときン? と奇妙に思い、次に「お盆だ!」とゾーッとした。
この期間って、霊が帰ってくるんだよね?
去年12月に亡くなった父親なの? やめて~!!

で、わたしは薄情なのだが、まだお墓参りに行っていないし、行くかどうかもわからないという状況にあったのだが、さっそく母に電話をかけ、墓参りはいつ行くのか尋ねた。
すると彼女は、「昨日、行ってきたよ」と明るく言う。
「なんなら、明日一人で行けば」
「うーん・・・、遠いからなあ・・・」
「霊が出るって? お父さんがそんなことするわけないでしょ。お参りしてないからって、そんなことが起きることはないわ!」

そう強く言われて、わたしはそうなのかと納得した。
だいたい、これが父親のせいでない場合、彼は天国で「俺のせいじゃない!」と地団駄を踏むだろう。
それも悪いしな・・・、きっとこれは超自然現象ではなく、湿度とかいろいろあるのよ。
そう考えておこう。

お盆。
うちの近所はガラーっとして人気がなく、美しいゴーストタウンとなっている。
ゴルフバックとか水上バイクを車に載せようして、道路の端に車を停めている人。
子どもも元気に走り回っている。
わたしは、そんななかで相変わらず、霊だのなんだの騒いでは、街路樹に水をしょぼしょぼかけているのである。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

失われた20年のこと

kusuri_shihan
昨日は、「失われた20年」について、中国人たちがあれこれ掲示板で分析していたので、ふーんと思って見ていた。
最近でこそ、中国の人は日本に大勢来るようになったので、日本経済が破綻しているなどと信じていないと思うが、それでも1・2年前までは、「中国人の爆買いがなくなったら、やっていけなくなるのでは」という観測があった。
いや、たかが個人消費で、仮にも世界第三位の経済大国が潰れないってば・・・。

いろいろ読んでいると、なんだかあの国は、すでに日本が衰退していて、老人ばかりでボロボロの家に住んでいるというイメージを持っていたみたいだぞ?
「みんな裕福なんだけど、どういうこと?」「よく考えたら、まだ世界第3位を維持している」などと、ふつうに話し合っている。
「こんなの、不買運動したって意味がない」、・・・そりゃそうだよ。それ、嫌がらせ程度だよ。
韓国も同じように不買運動をよく口にするが、ちょっと自分が日本に与える影響を、大きく考えすぎじゃないだろうか。

それはともかく、わたしは全然経済に詳しくないので、失われた20年があるにも関わらず、なぜ日本はそれほど打撃を受けていないのかを調べ直した。
コスト削減、海外への移転、企業の内部留保、そうだよな・・・、あと市民としてはデフレでモノが安くて助かってんだよな。
それらのことを横目で見ていると、中国が「日本を侮ってはいけない! 彼らは、失われた20年などと言って煙幕を張っているのだ!」と力説していて、おかしかった。
さらに共産党寄りのメディアが、漫画やアニメ産業について、「自国の考え方や文化を宣伝し、各国にとって脅威となっている」というのも、大袈裟すぎて中国らしかった。
漫画やアニメはね、夢を売ってんのよ。
それにあれは、いまの50代が子どもの頃からすでに慣れ親しんできた文化で、一朝一夕でつくられたものじゃないんだから。

そんな感じで、なんだかんだ言って、少なくとも中国メディアの一部は、まだ日本をあまり理解していないのかなと感じた。
分析が甘いというか、的を得た日本経済の考察がとても少ないし、なんか願望に近いような憶測が多いと思う。
不動産は絶対値崩れしないなんて、いまだに信じているし、それ、バブルの前の日本も言ってきたんだけど、教訓にしないんだろうか。
それこそ、夢を追ってんのかなー。

日本は、この20年というか30年間、地道にコツコツとよく道を作り直したものだと思う。
こういう粘り強さはほんとうにすごいと思うし、わたしという日本人も、そういう完璧主義のために病気になったと言えなくもない。
しかしまー、故障してはなんにもならないので、働く皆さんには無理をしないようにってお祈りします。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

夏バテの兆し

ichijiku2
あー・・・身体がだるくてたまらない。
夏バテなのかなあ・・・あり得る。
焼肉とか、元気が出るものを食べたいなあ・・・。

ということで、数日前からヨロヨロしながら買い物に行ったりしていたのだが、するとスーパーで大好きないちじくを見つけた!
価格は、小さいのが6個で398円。このへんがレートね。
いちじく一個には一日分のビタミンCが含有されているとされるが、わたしがパクパク食べきったところを見ると、ビタミンCが足りていなかったのかな?

よく考えてみると、わたしは朝は自家製マドレーヌ、昼はレトルトカレーやスパゲティ、夜はまともな食事、となっているが、まともじゃないのが2回だから、全体としてはまともじゃないってことだよな。
ちょっと、食事の改善をした方がいいのかなあ・・・。
実家にいたころは、いまの時期だと、よくそうめんを食べていた。
錦糸卵とキュウリとシイタケの佃煮をつゆと一緒にして、つるつるとやるのである。
いいなあ。今日は、そうめんにするか。

いま、体調がいいからできるんだけど、食事の世話はできるときにちゃんとやろうと思う。
どうせ、暇なんだしな・・・。
たくさんの栄養素で満たされた、みずみずしい身体をつくることに腐心してみるか。
そのうち、料理がうまくなっているといいな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

スマホのケースとか

sumaho2
相変わらず、身体がしんどいー。
昨日も、くるしーと言いながら、昼過ぎまで寝たり起きたりしていた。

午後3時ごろになってようやく、人間になった気がして、ぼんやりと「盆栽やろうかな・・・」と思いつき、Amazonを調べた。
するとなぜか、「そういえばスマホのケースが欲しい」となって、そっちを調べ始めた。
じつは、先日から起こっているへバーデン結節のために、細いスマホが掴めなくて困っているんだよね。
あれこれ迷ったが、最終的に無難なシリコンケースということになった。
これ、元彼Sちゃんが使っていたけれど、滑らなくて掴みやすいんだよね。
これからのわたしは、自分の指の関節に気を使っていかなければ。

今日は、ようやく雨が降ると言われていた大阪だが、なんだかいま晴れているんですけど・・・。
台風12号以来、全然降っていないから、もう何日経つの?
わたしは街路樹に水をやるのに必死だが、それにしても日本の治水ってすごいなー。
節水なんて言葉は、全然出てこないもんね。ほんとうに感心するわ。

昼ごはんは、昨日、昼:そうめん、夕:冷やし中華ときたら、もう麺はいいですとなって、今日はガッツリ昼:レトルトカレー、夕:鶏のからあげ、でいくつもり。
冷えた麺で夏バテを乗り切ろうとか思ったけど、あれやっぱ逆じゃない?
くたびれているんだから、力の出るものを食べないと。
おかげでわたしはいったん寝てから、アイスクリームを2個も食べてしまったわ。
物足りなかったということね。

今日は考えることがなくなったら、また盆栽のことを考えよう。
ハサミでちょんちょん、っていうのがやりたいんだよね。
でも夏は管理が大変だろうなあ。
暇にまかせて、いろいろ悩むわー。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

パンづくりへの意欲

bred_2
暇をもて余し、あれこれすることを考えている。
昨日は、ガーデニングの棚を買おうかなとAmazonを探索し、結局まだ要らないんじゃないかとあきらめ、マドレーヌの代わりにパンをつくってみようかと調べて、難しすぎると断念しかけ、夜中に起きて大好きないちじくとバナナをたくさん食べた。
ふう。暇だと、ほんとうに食べちゃうよね。

それはそうと、パンづくりに関してはやりたいのはやまやまだが、へバーデン結節のことを考えると、ちょっと痛いんじゃないかなあという気がする。
何回も生地をコネコネしなきゃいけないからね・・・、しかしなんであんなに、形を崩しては整えてをするんだか?
最後は、キレイになめらかにしないと、おいしいパンができないんだそうだが。
関節が痛くて不器用なわたしにできるんだろうか。
でも朝食に、マドレーヌというお菓子を食べているよりは、パンの方が健康的だよな。

ガーデニングにお菓子にパンに、わたしの趣味はどんどん少女趣味になっていっている。
そして、ほんとうにやりたい読書やウィンドウショッピングや小旅行は、長患いのためにできなくなってしまった。
集中力と、なにかをする精神力がなくなったためである。
こういうと語弊があるけど、少女趣味な趣味って、日常生活で顔を洗っているのと一緒で、あんまり考えなくてもできるんだよね。
それで、障害者の施設では、やたらクッキーとかパンをつくってんのかな。

さて、そう言っている間に、200円で大量に買ったキュウリが気になり、漬物にしたが、たった10分くらいで出来上がってしまった。
家事で時間を消耗させるのは難しい・・・。
このままだと、またAmazonを見て要らないものを買っちゃいそうだから、なにか考えないとなー。
やっぱ、地道にパンをこねるか。
そのうち、いろんな種類のパンをつくれるようになって、亜熱帯の観葉植物に囲まれ、パンを焼いて一人過ごす孤独な精神障害者になる、っていうのもいいかもな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

量りがないと

hakari
昨日は、暇のあまり、やっぱりパンをつくろうと思い、材料を買ってきた。
パンのつくり方にもいろいろあるが、指の関節の悪いわたしは、生地をこねなくてもいい方法をネットで見つけたのである。

しかしふと気がつくと、うちには量りがない・・・。
薄力粉50gってどのくらいだよ。
わたしは考えた末、「水50g=50ccなんだから、そんなもんでいんじゃね?」と、浅はかにもコップで50ccくらいの薄力粉・強力粉を使った。
やっぱ足りないよね? できたパンとやらは、べちゃんとクッキーになっていた。

でも、味はまずくもなくて、これで量を間違えなければいけるなと思った。
量りを買ってこなきゃなー。
うちはそんな都会じゃないから、家の近所に置いてあるかどうかわからない。
が、あればそれを買ってきて再チャレンジしよう。

さて、家事というものはほんとうに時間つぶしにならないもので、わたしはそれで、また暇を持て余してしまった。
仕方なくゲームをやって、涼しかったから朝に加えて夕方も散歩した。
夏の盛りが過ぎたって感じがするなー。
あとは、入道雲が出て夕立ちがドバーッと降って、落ち葉と紅葉の季節がきて、ほかほか鍋の冬か。
1年ってほんとうに、あっという間かもしれないな。

いまのところ、わたしは大好物のいちじくを、ぱくぱく喜んで食べている。
この果実は、絶対この季節しか売っていないもんね。
わたしのいちじくに対する愛は、まるで猫にとってのマタタビである。
もう、うっとりしているからね。いくら節約人生といっても、好きなもんを少々食べるくらいはしないと、なんのために生きているかわからないよ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

人手不足のレジ

takoyaki2
昨日、スーパーに行ったら、5つくらいあるレジのうち、2ヶ所が「研修中」になっていた。
そういえば、このところ必ず1ヶ所はコレになっていたんだよね。

わたしは、「人手が足りてないんだなー・・・」と思ったが、同時にあたまの中で、数日前のことが雷のように閃いた。
「このまえ買ったたこ焼き屋のおばちゃん、たこ焼き焼くのあり得ないくらい下手で愛想も悪かった!」
まえは若々しいのが3人いて、「ソース薄めマヨ抜き6個っ!」とか威勢よく叫んでいたのに、いまは険しい表情をしたおばちゃんが「え? ソース薄め? あっそう」という態度で、しかも出来上がったたこ焼きがモチみたいに固くて、ソースは透けるほどで、マヨネーズは勝手に抜かれてあるのだった。
明らかに、店員のパフォーマンスが落ちている・・・。
前述スーパーの店員だって、先輩がついていたものの、「ちょっとお待ちください」と客を待たせてバタバタしていた。
この身の回りの急激な変化はいったい。

人手不足がずっと問題になっているが、ついに自分の地元でも始まったという感じである。
わたし自身の生活を直接脅かすようになったというか。
わたしは、おいしかったたこ焼きを思い浮かべて、あれはもう幻なのかなあと思った。
生活の質が落ちるって、こういうことを言うんじゃないだろうか。
おいしいたこ焼きを食べられない、スーパーで長いこと並ばなければならない。

だが、AIの進出があるので、レジの混雑は今後解消されるだろう。
たこ焼きを焼くAIもつくれるっていうし。
そんで今度は人が余るのか・・・、なんかちょっとのタイミングでずれたって感じだな。
移民が入るのは誰だって嫌だけど、このままじゃAIが普及するまでの数年間、日本はすごいスピードで不便になっていくんだろうな。

あと、うちの近所に大規模な商業施設ができかけていたんだけど、もうかなりの間、手づかずでほったらかされている。
その施設の客を見込んで、近くに開店したと思われるコンビニやドラッグストアが、寂しそうにしている。
あれも、人手不足でどうにもならなくなったんじゃないかな。
かなりの敷地があるんだけど、どうするつもりんだろう・・・。
なんか、いまなら障害者のわたしでも、仕事にありつけそうな気がするわ。
まー雇う側は、精神障害者の実態なんか知らないから、ついお願いしちゃって大後悔するかもだけど。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

パンづくりの道具など

keiryo_cup
今日は、診察に行ってきた。
しかし、帰ってきてからばたっと倒れて、ちょっと寝て、それからまた「しんど~い」と唸っていた。
どうしたんだろう。

それはさておき、診察の帰りみちに、パンをつくるための計量カップと計量器を買ってきた。
これがないと、つくるものもつくれないよ。
だが、前述のとおり、あまりにくたびれたので、今日はムリかもしれない。
H主治医に、「今度パンをつくってみようと思います」と言ったら、「それはええやん」と言っていた。
考えたら、わたしがやろうとしていることは、お菓子、パンづくりと、障害者施設でやることとまったく同じやん。
結局、障害者ができることってこれだけになるのよ。

とはいえ明日は、日本語教室アシスタントのボランティアもある。
これは、座っていられるから大丈夫。
日本語→ベトナム語のアプリも入れたし、辞書引き係のわたしは、辞書を引かなくていいという手抜き体制。
ラクしなきゃ、ボランティアは続かないよ。

ということで、今日は疲れたので、散歩も中止して、家でヨロヨロしていようと思う。
ときどきあるんだよね、こういうこと。
もしかしたら、夜中に睡眠薬が切れて、そのへんを徘徊してんのかもな。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

日本語教室でおはなし

kami_cup
今日は、久しぶりに日本語教室のボランティアに行ってきた。
いつものベトナムのTさんは来ていなかったので、先生のEさんに日本語の教え方を教えてもらっていた。
やっぱり最初は五十音・ひらがな・カタカナなのね。

テキストは、「第一講」から始まって、それに付随して副読本みたいなものがある。そして小テスト。先生用の指導要綱。
これ、見ているだけで暇がつぶせそうよ~。
こうやって日本語って覚えていくのかーって感じで。

「Tさんはベトナムで薬剤師やってんて」とEさんは言った。
「日本でやろうと思ったら、取り直さなあかんからねえ・・・」
そして現在、Tさんは旦那さんと一緒に、ベトナム人のいる工場で働いているらしい。
その方がいいよ、ちょっとくらい話ができる人がいないと、異国の地でしんどすぎるわ。

その後、お茶を飲みながらほかの先生と話をしていた。
「悪いけどなんの病気なの?」とEさんに訊かれて、「躁うつ病です」と答えたら、彼女は小声で「うちの父も」と言った。
えっまさか? と思っていたら、「うちは3年周期。3年ごとに外に出ていくねん」と意外なことを口にした。
えー。こんなところにも、双極性障害1型が。

ほかの先生は、双極性障害のことがわからなかったようなので、当たり障りのないようにごまかしておいた。
「春になると、考えがあふれてきて上の空になるんですよ。で、手元がわからなくなって」
「あー。そういうことは、なかなかわかれへんねえ」
「あの人、何? って思われたりするので・・・」

それから、「ふだんは何をしているの?」と訊かれて、ぐっと詰まったので、いったん「なにもしてません」と答えたが、それもなんだか変だよと思い、「精神疾患者の集まるデイケアとか行ってたんですけどね」と付け足した。
デイケアという言葉は、健常者の皆さんには相当悪い病気を思わせるので、あんまりどうかと思ったが、言ってしまったものは仕方ない。
まーこれから善行を行えば、帳消しになるだろう。

だがおおむね、先生方にはちょっとずつ、わたしのことを受け入れてもらえていてよかったと思う。
そもそも、学校の元先生たちだから、サバサバしていて話もしやすいよ。
病気のこともなんとなくわかってもらったし、あんまり飛ばさずにいこう。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

知らない間に貧困

sumaho2
昨日、菅官房長官が「携帯キャリアの通信費を4割減にする余地がある」みたいなことを言ってくれて、ラッキーと思ったのである。
と同時に、大幅なこの値下げ、なんでかなと思って、「そろそろスマホが持てない人が出てきてるんでは」と考えてしまった。

国としては、スマホも持てない国民がいるなんて、世界で格下げもいいところだろう。
しかし調べてみたら、案外貧困層ほど、スマホやモノをたくさん持っているそうである。
どこにも行けないし、将来も決まっているので、せめて身近なモノで満足しようという心理らしい。
そこでわたしは、自分のことに思案が及んだ。

わたしは先日、大学陸上部のOB会に出席したが、「あつ~い」と言ったら「そりゃ、長袖着てるやん」と言われ、「半袖なかってん」と続けると、相手は「そーんなん・・・、」と止まってしまったのだった。
あ、そうか・・・、わたしは働いていないから、お金がないって伝わって、向こうがそれ以上言うのを遠慮したんだ。
ほんとうは、半袖はあるんだけれど、デブのときに買ったからブカブカで着ていないだけなんだよね。
だけど考えたら、それだって着れる半袖を買えばいいじゃんって話になる。

もしかしてわたしは、いま言われている「貧困とは思っていない貧困層」なのでは・・・、いや、そのことは知っているんだけれど、思っているよりはるかに、ほかの人より貧しい生活をしているのでは・・・。
そういえば日本語学校で、E先生が「移民の人の月給って12万くらいやで。それで仕送りしてやってるんやから」と大変そうに言っていたが、わたしの障害年金も12万円くらいだぞ。
またまた調べてみたら、世の平均月給は34万円ということで、これがなんの平均なのか計りかねるが、その数字を見ていてわたしは無性に、「はちきれんばかりにお金を使いたい!」と思った。
でも、そんな日々はもう、一生来ないんだな。

とにかく、スマホのバカ高さはシャレにならないよ。
明らかにおかしいでしょ。請求書は何度見ても、意味不明だし。
国の威信にかけて、ぜひとも値下げしていただきたいわね。
そのうちインフレが来たら、もうこっちは服どころか、ひとたまりもないんだから。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

手ごねパンに奮闘

pan_iroiro
昨日は、パンづくりに明け暮れた。
しかし、手ごねパンってなんて難しいの!

パンづくりが初めての人間からすれば、こね始めのパン生地というのは、「このベトベトはなんだ!」って感じである。
それはびよ~んと手に引っついてきて、取るに取れず、だいたいの人はここで失敗したと思うと思う。
わたしも、コレはなんだ! と目の前が暗くなり、そこで打ち粉という薄力粉をまいてごまかしたら、やっぱりカチカチのパンになってしまった。
ふんわかパンって、どうやったらああなるの?!

それで、動画を見て研究した。
あー。あのベトベトを克服してやり遂げたら、最後はまあるいパンの生地になるのね。
なるほど。今日、もし元気があれば再チャレンジしてみよう。
それにしても、昨日あんまり頑張りすぎたから、今朝はちょっと疲れているわ。
暇でオエオエなるよりは、いいかなとも思うけれど。

ホームベーカリーという便利なものを使えばいいんだけれど、値段もいいし、機種がありすぎてさっぱりわからない。
だいいちあれ、結構大きくて置き場に困りそうよ。
ホームベーカリーを買ったはいいけど、すぐ使うのをやめたっていう話もよく聞くしねえ。
ともかくわたしのパンづくりは、リハビリでもあるので、多少材料を無駄にするかもしれないけれど、ちゃんとした手ごねパンがつくれるようになればなと思う。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

パンの出来上がり

pan_koneru
昨日は、一日中パンをつくっていた。
今度こそ成功するぞ! と意気込んで、作業を進めるたびに間違いのないよう、確認していたからである。
しかしまー、それが結果的に固めのパンを生むことになったんだけどね・・・。
パン生地ってもんは、手早く処理して、乾かさないようにしないといけないらしい。

だが今回は、ようやく食べられるようなパンができた。
あ~パンだ! 柔らかい!!
ただのテーブルパンだけど、わたしは惣菜パンとか甘いパンは好きじゃないので、これでいい。
そういうのは、もっと上達してからやってみよう。
余ったら、母のところにでも持っていくか?

こういう趣味はわたしにはなかったのだが、あんまり楽しかったので、今日もしようと思う。
今日の目標は、あのグチャグチャの生地をまとめるあたりを、乾かないようスピーディーにやることである。
何回もやるうちに、このあたりは上手くなれるような気がするな。
がんばろう。

それにしても、デイケアの方のクッキーづくりは参加者がいなくなって、取りやめになったのだが、なんでパンづくりに変更しなかったんだろうな。
こんな面白いの、絶対みんなやるって言うのに。
クッキーと違って、惣菜パンだのピザだのバラエティに富んでいるしね。
売れなきゃ持って帰ればいいんだし、デイケアはじつはわたしのように離れていく患者が多いんだけど、こういうマンネリを放置するところにも問題があるかもね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

動きすぎの一日

niwatori_batabata
昨日は、一日中すごい密度で動いていた。
なんか、躁がひどくなってるんじゃないだろうな?
一時もじっとしていられないこの感じは、なにかふつうじゃないような気がする。

それで、朝から2時間半かけてパンづくり、昼過ぎてからパンづくりの道具をスーパーに見に行き、帰ってから急に1ケ月前から痛い喉が気になり、いろいろ調べてから耳鼻科へ行った。
そしたら耳鼻科、あろうことか来月いっぱいまで金曜休診なんて書いてあるのよ。
もう~。せっかく来たのにそれは残念すぎるわよ!

喉の方は、唾を飲みこんだときにギクッと痛いのだが、一ケ月前に内科にかかったときは、「首は細いから圧力をかけたら、すぐ痛むんですよ」と言われて、痛み止めをもらっただけだった。
独自に調べたところ、似たような症状を出すのは、扁桃炎と喉頭炎だが、どっちも高熱が出るって書いてあるので違うだろう。
内科の先生はしきりに、魚のホネを調べていたし、そんなもんなの?
医療費が毎月かかって仕方ないので、ほんとうは耳鼻科へ行きたくないんだけどなあ。

とまあ、昨日動きすぎたせいか、今日はしんどくて仕方ない。
朝3時に起きて5時に散歩して、洗濯して、それからまた寝た。
快適な日常生活を送りたいが、それには体力が要るな・・・。
これが躁でないかどうか自己チェックをして、大丈夫なら大丈夫、しんどいと思ったときは休まないとな。
いまのわたしは、ムリをして免疫機能を落とさないことに気をつけているのである。
なんといっても、リウマチ因子がプラスだったし、ああいうお金のかかる病気には、絶対かかりたくないんだよね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

水回りのリフォーム

senmendai
昨日は、またまたパンづくりに励んでいたのだが、あんまりつくると当然、自分一人では食べきれない。
ので、うちの母に押しつけに行った。

実家で母とパンを一緒に食べながら、べつの話をしているうちに、「わたしのマンションの水回りを、そろそろ全部替えなければいけない件」になった。
「水回りって、一ヶ所ずつやるより全部いっぺんにやった方が得やねんで」
「ふーん。いくらくらいかかるの」
「工事費含めて、最低でも150万くらい・・・かな」

わたしは、150万・・・とあたまに浮かべて、これは大変なことになるなと思った。
すると母が言葉のあとを追うように、「少し応援したるわ。100万くらい」と言った。
「えー。そんなに? いいの?」
いまのわたしに、いきなり150万円はしんどい。
なくなることはないが、そんな、食べきったリンゴの芯みたいなか細い貯金じゃ、心細すぎる。

「買うとしたら消費税が上がる前かな」
「真夏は、工事の人がいなかったりするんじゃない? 春の方が」
と、いろいろ話が決まって、どうやら来年の春くらいに水回りのリフォームということになるのかなという感じになってきた。
こういうの、自分一人で決めるより、誰かのアドバイスを受けた方がいいもんね。
母の目が黒いうちと、消費税増税のまえにやっちまうか。

そうなると、あとは女性ってことで、水回りが新しくなると嬉しくなるってもんである。
いまの出にくいシャワーも、使い勝手の悪いキッチンも、キレイで新しくなるんだ!
楽しみだなー。デザインを選ぶのも楽しみだし。
今度変えたら、こういうのはあとは一生モノになるだろう、と母は言った。
慎重にしないとな。
歳をとったときのことを考えて、できたら風呂はバリアフリーにしたいくらいだ。

そんなわけで、いつかパンフレットを見て、ウキウキするときが来るだろうと思われる。
躁によるアホ買いは、母がいるからストップがかかるだろう。
もう、決めてあるんだよね。
大きな買い物をするときは、人に相談するか何度も自分で考えるか。
いまがそのときって感じだよ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

画材を買う

easel
昨日は、午前中になにもかも用事を済ませてしまい、午後はなにをやっていいのかわからなくなった。
「やっぱり、なんか趣味をもたないとなあ・・・」と部屋を見渡しながら考えたのである。

ふと、イーゼルがあたまに浮かんだ。
わたしはじつは、中学時代は美術部に入っていて、絵をまったく知らないわけでもないのだ。
「イーゼルといえば油絵と決めてかかってたけど、べつに水彩画でもええやん」・・・
とにかく、趣味は簡単で気軽なものがいいのだ。

もうひとつ、わたしが絵を描くという選択肢をいままで取らなかったのは、風景・静物画が嫌いということであった。
「この狭い部屋のなかに、なにを描くものがあるんだ」と思っていたが、よく考えたら、わたしの好きな人物画をやればいいんであった。
どっかの写真を引っ張り出して、まーアレンジしながらそれを写すというか。
遊びだしね。そんなんでいいんじゃないのかな。

そうと決まれば、わたしはAmazonで、イーゼルその他画材道具一式を購入した。
思っていたほど高くなかった。
お金のことを考えて趣味も持たず、時間を持て余してゲーゲー吐き気に苦しんでいるなんて、そんなアホな人生はないよね。

なんだか、Amazonか注文確認メールは届いたけど、お客様番号が来ていなくて、待ちの姿勢に入っているが、その間になにを描くか決めなきゃな。
いま描きたいのは、アフロの黒人女性なんだよね。
ツンとすましたような表情で、色彩が多いやつ。
こういうのは水彩よりアクリル画がいいのかもしれないけど、まー細かいことは言わない。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

水彩VSアクリル画

pareto
昨日、「さ~て、水彩画の描き方の勉強でもすっか」と動画を観たら、アレ? 皆さん、机に紙をそのまま置いて描いていらっしゃるじゃないですか。
「あれ~。 そういうもんだっけ?」
遠い記憶によると、中学時代のわたしは、イーゼルに板を置いて、そこに木炭紙をクリップで留めて描いていた。
水彩はそうしないの? 水が垂れるからとか?

ともかく、机に置いて描くといっても、机にそんなスペースはない。
わたしは、「このままアクリルに転向するか?」と悩んだが、アクリルは固まりやすいという欠点があるので、トロいわたしには難しいかもしれない。
でも、ほんとうに描きたいのはアクリル画だから、そのうち要領がわかってきたら、転向するということでいいのか。
だいたい水彩画なんて、滲んだ葉っぱとかばっかでババ臭いよ。

ところが、こんなことを考えているうちに、わたしはあることでガツンとあたまを殴られたような気がした。
老眼だ!
じつはわたしは老眼鏡を2つ持っていて、一つは近くを、もう一つは遠くを見るためのものである。
なぜこうなったかというと、眼鏡屋さんで遠近両用をかけたら、すごく気持ち悪くて、それを店員さんに言ったら、「かけた途端にそう言う人は、遠近両用はムリです」と断定されたからだ。
それはともかく、遠くを見たり近くを見たりを頻繁に繰り返す写生は、わたしがもっともやりにくい作業の一つである。
というか、ほんとにできるのか・・・。
なんだか、肝心はところを忘れていた気がする。

まーともかく、案ずるより産むがやすし。
とにかく、あまり多くのこととか考えずに、好きなようにしよう。
だって、リハビリだし遊びだもんね。心配して苦しんでどうなるのって感じ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

ボランティアとか絵とか

himawari_manatsu
昨日は、日本語教室のボランティアに行ってきた。
この日はベトナムのTさんは来ていて、知らない間に日本語がとても上達していた。
50音をひらがな・カタカナで読み書きできて、ボキャブラリーが一層増えている。
聞けば、YouTubeで日に3時間勉強しているんだそうだ! すごい根性だね。

そんなTさんに、わたしは「面白い」と言われてしまった。
え? どこが・・・。確かに、周りはみんな元教師の人格者ばかりだから、わたしはかなりズッコケには見えると思うけど。
なんか勘違いされていなければいいがなー。
とにかくわたしは、二度も子ども帰りしたおかげで、本来の精神年齢ではないのだ。
さよなら~、なんて言って、子どもみたいに手を振っているから、そういう捉え方をされるのかもしれない。

自宅に帰ったら、Amazonから画材が届いていて、ワクワクしながらイーゼルに板と紙をセットし、絵の具とパレットを確認した。
お~、新たな趣味が目のまえに現れて、なかなかいい感じ。
でも、まだ筆が来ていないんだよね。
描くのはやっぱり、カッコいい黒人女性にする予定です。

今後、一日のスケジュールとしては、散歩、朝ごはん、洗濯、パンづくり、昼食、買い物、お絵かき+ゲーム+ネット、夕食、考えごと、就寝みたいになるかな。
ちゃんとやるべきことを列挙して、さあ次、っていうふうにやると、暇を感じたりしないんじゃないかと思うんだよね。
しかしこのローテーション、まさにデイケアだな。
まったく、障害者のやれることは限られている。

望んだ人生じゃなかったけれど、せめてささやかな幸せにあやかりたいね。
パンを焼いたり絵を描いたり、なんか少女趣味だけど、わたしの人生は大きく方向転換したんだよって、病歴18年にもなったら納得しないとね。
まあ、平穏でのんびりした生活に感謝しています。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

母のかまってちゃん

banana2
昨日つくったバナナ・チョコチップパンが、我ながらなかなかおいしい!
だんだんパンづくりのコツがわかってきたようである。
そうなるとなんだか楽しくなって、あれもこれもとつくりたくなる。

しかしそうなると困るのは、一人暮らしだということだ。
要するに、余ったぶんは自分で処理しなければならない。
わたしはちょっと気おくれしたが、母にそれを押しつけようと決意し、電話した。
「パンあるけど、いる?」
「いるいるいるいる!」

ものすごい欲しがりようだったので、わたしはそんなに手づくりパンが好きなのかーと思い、暑いなか自転車を漕いで、実家まで行った。
すると母は、パンなんか見向きもしないで、堰を切ったように自分の話を始めるのだった。
・・・彼女は、パンじゃなくて話し相手が欲しかったのか。

こう言っちゃ悪いけど、人の好意を利用して、まあ言えば自分の欲望を満たすために呼びつけるのって、どうなの。
化粧品メーカーのお得意さんが、営業レディを呼びつけて、関係ない世間話をしているようなもん?
とにかく、こんなことなら、わたしは焼きたてのパンを持って、汗をかいて、せっせとペダルを漕いだりしなかった。
なんだかなあ・・・、父の没後、母が「かまってちゃん」になっていくのが、嫌な感じがする。

母は自称「一人が好きな人」で、友だちはいないし、近所の人とも挨拶をする程度だ。
でもさ、だーれもしゃべる人がいなかったら、ふつうの人はやっぱキツイと思うよ。
いままで50年も連れ添った人がいて、その人のことは空気になっていたから、空気がなくなったらどうなるか、いまやっと気がついたのかな。

だけど、わたしは空気の代わりにはなれない。
彼女は毒親だったし、まったく話が合わないし、もし話したとしても、やっぱり父のように、わたしが聞き役に回されるのでしんどいのだ。
だから、ここはムリせず、いくら親だからって100%ご期待に沿う必要はないのだと、言い聞かせておく。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

プロフィール

由巳ゆみ.

Author:由巳ゆみ.

2000年うつ病、解離性障害と診断される。
2010年うつ病から躁うつ病と診断名が変わる。
現在は精神障害者として一人闘病生活を送っている。
◆LIFE,LOVE&PAIN(旧)
↑セキュリティをお忘れなく!
◆LIFE,LOVE&ごはん
  (ダイエットブログ)

◆LIFE,LOVE&PAIN
緊急避難先(FC2ブログ更新不能時)

当ブログについて

◆管理人の日記です。
◆文章の転載はお断りします。

人気ブログランキング

↑クリックして下さると励みになります

月別アーカイブ

11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 

Others

FC2ブログ

ログイン