FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › ホットカーペットに悩む
2018-01-20 (Sat)  09:39

ホットカーペットに悩む

hotcarpet

今日、朝食のアイスクリームを食べていると、なんだか一昨日、スーパーで見つけた「室温を6°上げるホットカーペット敷」というのを思い出して、考え込んでしまった。
あれって、ほんとに利くのかなあ・・・。

うちのマンションの床は、すぐ下がコンクリートになっていて、冬は足元から冷えてくる。
それを、最初はホットカーペットで補っていたのだが、いまいち利きが悪いので、いまはそれを止めて、電気ファンヒーターで足元を温めている。
だがこれが、熱くなったり冷めてきたりで、居心地悪いのだ。
もともと、ホットカーペットが機能しないことに問題があったんだから、それを解決するツールがあれば、是非使いたい。
だが、買ってもし無駄になったら、節約生活をしている.わたしは、ガッカリしてしまうだろう。

わたしは、アイスクリームが溶けていくのをよそに、床を眺めてずーっと考えていた。
うん、やっぱり買おう。
敷いてみて、足元からほんわり温かい空気が上がってくるなんて、夢のようだ。
あれ? でもまだ10時前か。
ちょっと待つ時間が必要だな・・・。

そして、わたしはまたべつのことを考えた。
「BSを見始めたら、地上波なんてバカもいいところだな。大騒ぎして食べてばっか。母親が嘆きながら見てるけど、なんで我慢しなきゃいけないわけ。無知は美徳でもなんでもないよ」
するとわたしはだんだん、古いものにこだわり、新しいものを取り入れようとしないおばあさんに腹が立ってきて、「母親を説得して、BSを入れさせよう!」という気になった。

しかしわたしがこういう思いつきをするときは、たいてい勇み足なのである。
相手からすれば、「まあまあ、それはまた後の話で」ということが多い。
じつは、躁のときはこの調子で、パーッと無計画な買い物をしたり、新しいことを次々と思いついて、あとを考えず即実行したりする。
わたしは病歴17年で、ある程度、双極性障害がどういうものかわかっているつもりだけど、それでも行動を起こしている最中は、自覚がないことが多いので、今回のカーペットも大丈夫だろうな? と考えている。

まあ、躁による買い物は、服7万円とかゲーム8本とか、同じものばかりの浪費が多いので、まさかカーペット10枚とかいう話にはなるまい・・・。
過去には、契約プロバイダ6社の人とか、うちの妹だと、部屋いっぱいあふれるヤフオクの古着とか、やっていることはみんな同じだね。
だから症状なんだけど、結局損するのは自分なので、自分で自分の管理をするしかない。
こういった精神疾患者の一人暮らしの、難しいところでもあると思う。

最終更新日 : 2018-01-20