FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › ゴミ置き場での出来事
2018-01-23 (Tue)  10:00

ゴミ置き場での出来事

gomibukuro

今日は朝の目覚めが悪くて、将来のお金の計算をして苦しんでいる夢をみていた。
17年前、病気で倒れたときからずっと悪夢を見続けたが、今度のもそうなるんだろうか。
つくづく、「あなたの経済的援助はできない、だって親の介護もできないし」と、暗にわたしに、将来の介護を迫った母親に舌打ちをしたくなる。
あの人はしばしば、自分が本音を言ってしまったことに気づかないのだ。

しかし、暗い気持ちを抑えつつゴミ出しに行くと、なんだかホッとする場面に出会えた。
まず、わたしがゴミ置き場に入ると、マナーを守らず手前にたくさんのゴミが置かれてあったので、わたしは「アホが・・・」と外に出ると、あとから来たおじさんも、「なんやこれは」とぶつくさ言い出したのである。
「まえの管理会社のときは、こんなことはなかったんやで」
「そうですか。わたしはずっと離れてたんですけど、前のゴミ置き場はこんなことなかったですねえ」
「そや。前の所やろ? 最近はこんなんや」
「こんなんする人は変わらへんから、まえの管理会社がちゃんとやってたんですかね」

その後、おじさんは「ありがとう」と言って、ゴミ置き場の中に入っていったが、わたしは「見も知らない他人としゃべったのって、久しぶりだな」と、心がスッキリした。
誰でもいいから、しゃべる相手が欲しいんだな・・・、母親や主治医だけでなく。
それにしても、同じマンションのおじさんでもいいんだから、相当飢えているな。
他人が集まるどこかへ行けば、母親がどうこうだの、同じことをグルグル考えなくてすむのかもな・・・。

わたしは、ベランダに干した洗濯物を見ながら、「今度、衣類を均等にかけられるハンガーを100円ショップで買おう」などと考えつつ、こんなふうに日常を充実させたうえで、徐々に表に出たいと思った。
何年か先には、あの頃は洞穴に入っていたみたいだったけど、まあまあ頑張ったなと思えるような感じを、目指せたらいいなと思う。
忘れてはいけないのは、病気のコントロール。
カッカしたり、気分が最高ー!! になったら、早めに薬を飲んで、誰にも接触しないようにしなきゃ。
人が離れていくときのガッカリ感は、もう味わいたくないんだよね。

最終更新日 : 2018-01-23