FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 放送大学入学に迷う
2018-02-22 (Thu)  10:45

放送大学入学に迷う

hoso_daigaku

昨日は、ちょっと寝不足だったせいもあり、ソファにぐったり座って観葉植物の「ユッケ」を観ながらボーっとしていた。
それで、まえから考えていた放送大学に入学してみてはどうだろうと、ふと考えた。

重い腰を上げ、ネットで情報を得る。
どうせ、ネット授業で1科目くらいしかやれないから、なにがあるのかと思ったら、あんまり該当する面白い科目がなかった・・・。
それでも、「学校と社会」は、わかりやすい内容だし、わたしでも理解できるかなと思い、入学の検討を始めたのである。

詳しいシステムはよくわからないけど、放送大学って、放送を聞いて小テストを受けたりレポートを提出したりする、れっきとした大学なんだよね。
学生同士のフォーラムもあって、なかなか、いまのわたしのニーズに合っているかもしれない。
だけど、小テストとレポートについて書かれてあるのを読んでいたら、あたまがモヤモヤしてきて、字を拒否し始めた。
これは病気になってからだけど、脳が異常に疲れるんだよ。
勉強をし過ぎると誰でも脳が疲れると思うけど、あれがほんのわずかの頭脳活動でくる感じ。
まったく、使えないんだよね。

そしてわたしは、「これはちょっと無理だろう・・・」と思い始めた。
なんにでもチャレンジすることはいいことだけど、レポートなんかが日々のプレッシャーにならないか、という気がするのである。
わたしは度を超す完璧主義だから、自分の書いたレポートが自分の思い通りになるまで、たぶん一日かけてもやり通すだろう。
そんで、どれだけ自分にストレスがかかっているかわからずに、ある日バタッと倒れるのである。
そんなふうにして、わたしは解離性障害を発症したんだよね。

言い訳っぽくなってしまったが、気持ち的にはほんとうにやってみたいのである。
偉そうかもしれないけど、わたしは教養が好きである。
そして誰でもそうだと思うが、ある程度、有効な知識が入ってこないとしんどい。
そういう意味でも、条件だけ見ればいい話なんだけど、脳が・・・、ほんとうに使えない。

企業が精神障害者を雇わないっていう理由は、これなんだよね。
仕事の難易度の問題じゃなくて、すぐ脳が疲れて動けなくなるという問題。
精神障害者からすれば、自分の趣味ややりたいことさえできないという大きな悩み。

しかし、このままじゃ家で観葉植物を眺めている、カゴの中の鳥になってしまう。
焦らなくていいと思うけど、できそうなことを、一つ一つ検討していかなければいけないなと思う。


最終更新日 : 2018-02-22