FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 食費の節約について
2018-02-25 (Sun)  11:41

食費の節約について

chahan

昨日は、気分が落ち着いていたので、ゆっくり家事をすることができた。
いつものように、朝アイスクリーム、昼トースト・野菜ジュース・ミルク、散歩、買い物、夕チャーハン、家計簿の点検。

今月の食費は、だいたい2万円ほどであった。
でもまー、やろうと思えば1万8千円でいけるな。
消費税が10%に上がっても、なんとかなるよ。

それから、貯蓄額について考えた。
いまの時代、貯金がゼロの人も少なくないわけだが、わたしはそんな恐ろしいこと、と考えている。
そういう人がどう将来設計をしているのか知らないが、少なくとも、わたしは「なんとかなるさ」は怖くてできない。
やっぱり同じ貧乏人として、食費から節約っていうのは、将来にとっても重要だと思うのよ。

そこで、スマホニュースで見た「一人暮らしの節約ごはん」だが、これは・・・、節約メシというよりも、ただ手を抜きたいだけなのでは? であった。
豚肉と野菜を煮るだけ? ってCMの影響を受けたのかもだけど、節約するなら安い鶏肉でしょ。
鶏肉だって、ムネ・ササミ・キモは100g≒110円くらいなんだから、ちゃんと調べて料理すればいいじゃん。
安いもやしを、やたらみんな多用するけど、あれは案外使い切れなくて腐らせちゃうのよ。
ごはんの上にチップスター? って、東京に出てきたばかりの大学生か?

そんで、こういうことを冗談めかして書いている人は、たぶん「じゃあ、食費にいくらかけてもいいよ」と言われても、やっぱりまともなものは食べられない気がするんだよね。
これは食費に限ったことじゃないけど、節約っていうのは、我慢をすることじゃなくて工夫をすることだと思う。
それができない人は、ただダラダラお金が流れていって、生活ぶりすべてが貧しくなるんじゃないかな。

とまあ、偉そうに書いてしまったが、わたしは決して、主婦向けの雑誌に載っているような万能主婦ではない。
週に一度は子どもたちとピザをつくって、それの原価はこれだけで済みます、とか読むと、うわー細かいなーと思う。
要するに、できる範囲のなかで適当に、ということなんだよね。
ちなみに、節約術の基本の一つには、好きなことを我慢しないっていうのがある。
趣味まで削ったら節約は続かないから、削らないための節約っていうのが正しいのかな。

ということで、今日は白菜をシーチキンで煮て、あとはタコでも買ってきて酢味噌で食べようかと思う。
タコも最近、高いんだよねー。高かったらべつのものにしよう。
栄養をちゃんと摂らないと、病気になって医療費がかかるから、かえってバカバカしいのよ。
そういうことも考えておかないとね。


最終更新日 : 2018-02-25