FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 世評を語る人
2017-09-25 (Mon)  08:02

世評を語る人

sinbun

昨日は、ときどき我が家へやってくる叔父さんが、夕ごはんを食べに来た。
この人は独身で、仕事先に住んでいるのだが、いまいち何をしているのかわからない。
山が好きで、ときどきクマに会いに行ったりしている。
母曰く「楽天家すぎる」そうだが、まったく、リウマチもだんだん進行していて、どうすんの? って感じなのに、本人は「アハハ、歳やからな」と言って、病院にも通っていないという、超がつく楽天家である。

そのとき、ごはんが食べられない父は2階へ上がっていたのだが、母と叔父が話を始めると、急に話の色合いが変わった。
叔父はふつうに働いている人なので、世間の情勢に詳しい。
そして、その論評においても、確かなものを持っている。
ふだん、父と母でなにやらいいかげんな、言わずもがなな世評をしているのを聞くたび、うんざりしていたのだが、ここにきて、新鮮な空気が入ってきた。
叔父は、次から次へと、新しい情報を提供してくれる。
このスピード感。
楽だー。

それを聞いていて、そうだよな、わたしの世代だったら、こんなものか、もっと早いんだよと思った。
わたしって、ほんとうによどんだ池の中にいるな・・・。
いくら情報を取り入れたって、一緒に話す人がいないんだもんな。
元彼Sちゃんは、自分の思っていることしか話さないし、わたしの意見なんか絶対耳を貸さない。
つまんないよなー。
昔は、こうじゃなかった。
いつかまた、前みたいに誰かと、世の中のこととか、あらゆるすべてを、語れることができるのかな・・・。

情報を取り入れても、吐き出す場所がないって、苦痛だ。
結局わたしは、ただのおしゃべりのほかにも、議論がしたいのかもな。
もとからそうだった。
それは遠い未来のことになりそうで、まだまだ苦難は続くなと思う。

最終更新日 : 2017-09-25

Comment







管理者にだけ表示を許可