LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

ベランダの改良

beranda

昨日は、ずーっとベランダを見ていて、なんだか殺風景だなあと思った。
よそのお宅を見ると、いろんな目隠しカバーをしている。
ああいうので、中から見てオシャレなやつをつけたら気分がいいんじゃないかな・・・。

わたしは、どんなのがいいかいろいろ考えた。
木製は、放置しておくと変質して見た目が悪くなるしなー。
もとからヘンな色のカバーがあるけど、あれはつけている人のセンスを疑うよ。
ゴザ・・・、西洋かぶれしたわたしの部屋が、和風に変身してしまう。

それにしても、あちこちのベランダを思い出してみると、みんな結構、無防備に洗濯物とか布団とか干しているよね。
あれで、家族構成がわかっちゃうと思うんだけど。
神経質なわたしは、卑屈なくらいコソコソしている。
なるべく、女がいるっていう気配がないようにしたいんだよね。
プロの空き巣狙いは、何階であろうと入れるっていうしね。

そんなことを考えていると、ふと「うちのマンションって、ストリートビューでどう写ってんの?」と気になって、検索してみた。
すると、当たり前だがそのまんま・・・、はー・・・、なるほど・・・。
それにしても、皆さんの洗濯物、ばっちり写ってんじゃん。
これじゃ、「おっ、ここは女性の一人暮らしだな」とかバレて、犯罪者にとって都合のいいツールになるんじゃないの?
これは、開発した人のエゴがあったんじゃないかな。
なんか、気持ち悪い用途しかないような気がする。

それで、わたしは「やっぱり、ベランダには住人の素性がバレるようなものは置かない方がいい」という結論に達した。
ストリートビューなんか、一回撮影されちゃったら、当分のあいだ自由に閲覧可能だもんね。
まったく、人の生活を勝手に監視するなよって感じ。
わたしはつまんないなーと気持ちを抱えて、それでもなにか方法はないかと、知恵を絞ることにした。
とにかく、1日じゅう家にいるから、視界に入るところをなんとかしたいんだよね。
家で大半を過ごす主婦が、過剰に部屋を飾ったりする気持ち、わかるわー。

該当の記事は見つかりませんでした。