LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

一人きりで吐き気

capsule

昨日の朝も吐き気がして、えずいていた。
4日間連続だ。
これは間違いなく、防犯ノイローゼによるストレスだろうな・・・。

わたしは、わたしと同じように「誰かが家に入ってくるようで怖い」という人たちをネットで見て、「これは大元に別の不安があるんだ」と感じたので、わたしの場合はなんなのかを自問自答してみた。
なにが不安って・・・、そりゃ一人なところだよ・・・、社会の誰とも繋がっていない。
社会は、正常な人たちのいるところで、精神障害者でキチガイになってしまったわたしは、異端で誰も助けてはくれない。
それが怖いんだよ。壁に釘を打ちつけて、隣に抗議されたときも、ゾクゾクして怖くて仕方なかった。
ふつうの人が怖いんだ。

わたしは、ふうとため息をついた。
これを解決するにはどうすれば・・・、いまさら新たなコミュニティになんか入っていく気力はないし。
自分が部屋の中で倒れていても、誰も気づかないであろう現実。
孤独って、淋しいのが困るんじゃなくて、身の危険を防げないことがあるから困るんだよ。
ともかく、吐き気のことだけはH主治医に言わなければならない。
診察日を早めようと思う。
こんなの、どうせ薬はないんだけどな。
カルテには、あったことすべてが書かれなくてはならない。

でも、夜は防犯アラームを窓に貼れたことで、ちょっと気が楽だった。
「007私を愛したスパイ」を観ていたのだが、内容を知っていたので、ところどころ意識が飛んでもなんとかなった。
いつか、心配事のない心穏やかな隠居生活を送りたいわ。
まーテレビと過ごす毎日については、自分のスタイルじゃないから、いずれわたしは放棄するだろうけどね。

該当の記事は見つかりませんでした。