FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 消えゆく日本民族
2018-03-23 (Fri)  09:45

消えゆく日本民族

gojunoto

昨日はまたまたネットサーフィンをしていて、今度は日本の移民政策について考えた。
というか、それいつの間にスタートしていたの??

怪しい調査によると、現時点で日本人の約80%が移民の受け入れには反対だという。
でも感覚的にも、そのくらいなんじゃないかなと思う。
移民の受け入れで、日本人がいちばん心配するのが、治安の悪化だろう。
ヨーロッパの荒廃ぶりを見ていると、誰でもゾッとしやしないか。
急にああはならないかもしれないけど、問題になるのは1世ではなく、2世以降なんだそうである。

日本における外国人比率が増加するのも、2世以降が急激にという形になる。
おそらく、日本における日本人比率が、外国人のそれを下回るのに、そう時間はかからないだろう。
問題は、これでいいのかってことである。
確かに、日本はすでに、外国人労働者なしでは成り立たない社会になってしまっている。
でも、人が足りないからといって、無計画に移民を受け入れていたら、日本という国の文化や未来が、後世において変わってしまう。
そんな重大なことを、政府はこっそりと「移民」という名前を使わずに、すでに始めてしまっているのだ。
いったん受け入れた移民は「なかったことにして」というわけにはいかないんだから、悲劇的なことになったらどう責任を取ってくれるんだ?! と憤りを覚える。

わたしなんかは、女性的考えだから、「なんでそこまでして日本は、世界のトップレベルの地位にこだわらなきゃいけないわけ」と思う。
もうすでに、ヨーロッパの先進国は今後衰退して、あとは新興国の台頭となる世界が予想されている。
日本はアメリカにはなれないから、たぶんこっちの道だろうなと思う。
だからこれは、「国を変容させてまで世界レベルを維持する」のか「国を維持したまま小国となる」かの二者択一だと思う。
そこは、国民に議論させるべき重要なところなのに、日本政府はあまりにも勝手すぎる。

わたしはこういうことが起こるたびに、「男の発想だな・・・」と思ってしまうのだ。
「アジアのリーダーの座を譲らない」
「子どもが増えないなら、保育園を増やせばいい」
「労働者が足りなくなったから、外から補えばいい」

なんか、機械的なんだよな。人間味がない。
高度成長期時代に国土を荒らしてしまったように、今度は秩序ある日本社会を破壊していくわけだ。
だが悲しいことに、どんな方法を取っても、日本民族は消えゆく運命だ。
最後に、無駄なあがきはしない方がいいと思う。

最終更新日 : 2018-03-23