うわの空の生活

hanbagu

昨日は、平和な一日だった。
朝、アイスクリームを食べて、昼はトースト、その後散歩と買い物に出かけ、観葉植物のユッケ(名前)を眺めながらコーヒーとジャズ。
夕食は簡単にチャーハンですませた。
一度、卵を買うと次の使い勝手に困るんだよね・・・。

だから、今日はハンバーグで明日はおでんだ。
その次は、まえに買った白ネギがあるので、それと合わせて、98円の冷凍赤魚の煮つけ。
食事メニューって、こうして古いものを使っていくことの繰り返しだなー。
そういえば、小学校の給食メニューを見ていたとき、「コレ、使いまわしてるだろ」って思ったことがあるな。
給食が嫌いだったから、メニューを睨みつけていたのかもしれない。

それから、なんとなく診察時における自分の言動について、思い出してみた。
わたしは、去年の10月、母から「介護で無理心中する人もいるねんで!」とわたしの身に起こるかのような恫喝をされてから、うわの空状態が続いている。
じつはいまでも、自分のしていることがわからなくて、部屋をウロウロしている。
勝手にカーテンが閉まっていたり、靴下を履いていたり、引き出しが開いていたり。
そしてわたしは、父が死んだことでさえ、うわの空なんじゃないかと考えた。

診察で、わたしは父の死に対して、なにも口にしていない。
言ったのは、「危篤状態を見て吐き気がする」と「亡くなりました」だけである。
しかも12月に亡くなったのに、正月に「明けましておめでとうございます」とH主治医に挨拶している。
なんか、父が亡くなったことへの実感がない?・・・
そう、まさに生活を送っている「実感」がないのだ。

それでもだいぶましになったけれど、母に脅された直後の数ヶ月間は、手元がなにをしているのかわからなくて、どうにもならなかった。
母は、わたしが実家を出て自宅マンションに移動する直前も、思いのたけに呪いの言葉を叫んで、どうも不用意な言動をして、人に悪影響を与える。
正直、マンションに移動した直後は、家事において大丈夫か? と焦ったこともあったが、いまは完全にこっちに来て大正解だったと確信している。
一緒に暮らしていこうという気概があるなら、なんの落ち度もない相手を非難しちゃいけないよね。

それと、亡くなった父のことを考えた。
いま、わたしは軽躁でぽや~んとした状態にあって、しかもうわの空だから、いまでも事の重大さがわかっていないのかもしれないな。
生まれたときから一緒にいてくれた人なのに、この実感のなさはほんとうになんだろう。
いつか忘れた頃に、どしんと悲しみがやってきたりするのかな。

プロフィール

由巳ゆみ.

Author:由巳ゆみ.

2000年うつ病、解離性障害と診断される。
2010年うつ病から躁うつ病と診断名が変わる。
現在は精神障害者として一人闘病生活を送っている。
◆LIFE,LOVE&PAIN(旧)
↑セキュリティをお忘れなく!
◆LIFE,LOVE&ごはん
  (ダイエットブログ)

◆LIFE,LOVE&PAIN
緊急避難先(FC2ブログ更新不能時)

当ブログについて

◆管理人の日記です。
◆文章の転載はお断りします。

人気ブログランキング

↑クリックして下さると励みになります

月別アーカイブ

10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 

Others

FC2ブログ

ログイン