LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

漫画・アニメ・ゲーム時代

chopa

昨日は、ビル・ゲイツが「日本の未来は」という話をしている動画を見た。
えっ? とわたしは興味を持った。
じつはそこのところ、すごく心配しているんだよね。
だって、いまから人口が減っていくし、最先端技術もなんだか高止まりしているような気がするし。

すると、ビル・ゲイツは言っていた。
「日本はこれから、これまでのような成長は望めないだろうけど、未来は明るい」
? これって、慰めの言葉??
だけどたぶん、この人、現実的なことしか言わないよ。
わたしはうーんと考えた。
最近、あたまの体操のために、物事は「ふーん」で終わらせないようにしているのだ。

ビル・ゲイツってそういえば、AIに対して危機感を持っている人だったよね。
この人だったらたぶん、「これから人類は、AIに支配される方向で進む」と思っている気がする。
だとしたら、世界で勝ち組になるためには、AIが真似できないような何かを持っていることだよ。
それって、日本になにがある?

それでわたしは閃いた。
「漫画・アニメ・ゲームだ!」
もしかして、これからの日本は、テクノロジーが地盤沈下していく代わりに、漫画・アニメ・ゲームの国になるって、ビル・ゲイツは予言しているのかな?
これらだって、いわば日本独特の最先端技術だもんね。
もうすでに、日本はリオデジャネイロ・オリンピック閉会式のときに、安倍首相がマリオに扮装して登場しているし、政府もソフトパワーを意識しているんじゃないかな。

思えば、日本って変わった文化を持っているよね。
雪が降れば、あちこちにアートな雪だるまが現われるし、コスプレしていてもみんな知らん顔、未来都市かと思えば伝統があって、人々は真面目で礼儀正しいのに巨乳のロリキャラがいたり、誰かが言っていたけれど、まさに「規律あるカオス」だな。
わたしは日本びいきするというのではなく、リスクヘッジとして、あらゆる方向に触手を伸ばせる集合体って、強いと思うのよ。
そう考えてみると、確かにビル・ゲイツの言う「明るい未来」っていうのは、これから世界がAIに席巻されるというのを前提とした場合、見えてくるかもなーと思う。

とまあ、ふだんこれからの日本を憂いているわたしとしては、少しでもいい材料を掴みたいのである。
過労死とかいじめとか、マイナス材料もいろいろあるけれど、とにかくこれからも、日本が平和な国であることを願っているんだよね。

該当の記事は見つかりませんでした。