FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 桜・富士山・新幹線
2018-04-03 (Tue)  11:31

桜・富士山・新幹線

mt_fuji

昨日は一日中、政治の記事を読み漁っていた。
正直、毎日ニュースを見ないから、流れがわからないんだよね。

それにしてもわたしにとって、安倍内閣をどう評価するかっていうのは、いまだによくわからなくて、どうやら権力の権化であるらしいが、でもトップを変えたら外交は大丈夫なの? という心配があるというところだ。
こういう心理も操られているのかもしれないが、正直、北朝鮮問題において、トランプってなにする人かわからないじゃん・・・。
いままでの大統領のように、「同盟国は必ず守る」っていう考えを、全然持っていないんじゃないのかな?
選挙を控えている現状と、彼の性格をみていると、いちばん選びそうな道は「ICBMの開発はやめてくれ。ほかは目をつぶってやる」のような気がするんだけど、どうかなあ・・・。

そんな肩の凝ることを考えていたら、今度はいつしかべつのことを考え始めた。
このところ、ずーっと考え続けていることだが、日本ってどういう国で、どこへ向かっているんだ? ということである。
わたしがハッキリ気づくのは、80年代世界をリードしていた経済大国の頃と、いまの日本とでは、外国人の日本人に対する態度が、180度違うのである。
日本人は毎日、満員電車に乗って、一糸乱れず行列で歩いて、ペコペコおじぎばかりして、って、いまも昔も変わらないことをしているのに、昔は「アリみたい」で、いまは「礼儀正しくて規律のとれた社会」だよ。
まったく、人の評価なんて相対的なもんだとつくづく思う。
わたしはひねくれているから、もし、日本がまた経済大国に復活したら、再びアリになるんでしょ・・・、ってひがんでしまう。

それで、これからの日本は、どう考えても経済大国に復活できないから、どういう道を歩めばいいんだろうなあ・・・、とわたしなりに想像した。
日本に来た外国人で、「日本のいいところ」でよく挙がってくるのが、「安全、伝統、歴史、自然、文化、人」かなと思う。
だが、これから人は減っていくし、伝統や工芸品などは、後継者がいなくなってなくなってしまうかもしれない。
文化も、超高齢社会にあっては、新しいものが生まれにくくなるだろう。

結局、若い人がいないとなると、いまあるものを守るしかないわけで、わたしのあたまの中では、昔むかしの日本のイメージ「桜、富士山、新幹線、ゲイシャ」が浮かぶのである。
いまなら、「桜、富士山、リニア、21世紀の未来古都」かな・・・。
なんとなく、日本は長い歴史とともに、どこかで進化が止まって、そのまま海底に沈むアトランティス大陸になるような気がするんだよね。
それか、移民でいっぱいの国かな・・・。

でも、誰かが言っていたけれど、「日本の誇りは」とか「日本とは」とか、日本がいつまでも変わらないという考えは、捨てる時期が来ているのかもしれないね。
変わるっていうことは、勇気がいるし難しい。
わたしはこのところ、いろいろ考えすぎだけど、一応、未来をどう生きるかっていうことを、心構えておきたいんだよね。

最終更新日 : 2018-04-03