LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
0

遊び人の男の特徴

kutsu

ルーターが壊れたため、昨日はスマホの節約をして、FMを聴きながら考え事をした。
すると、なんだか「遊び人の男って、技を使うよな・・・」と思い出し始めたのである。

慣れていない女性が引っかかるのは、まず彼らのルックス。
服装を含め、誰もがさりげなくカッコいい。
そして、やたら口が上手い。
明るく、ときにはどこか影をつくりながら、おまえと会うのが嬉しいんだ、おまえと会っていると楽になれるんだ攻撃。

そして、こんなことをしてあげるのも、おまえだからだぞ、というスペシャル感。
彼らは、なにをどう演出してあげれば、女の子が喜ぶかを知っている。
このとき、彼らはやり過ぎてしまうことがあるので、そこに注目する。
ちらっと見過ごすふりをして、「いま技使ったよね・・・」と、その瞬間「遊び人の可能性が高い」と判断することが必要だ。

やたら、連れて行く場所に慣れているのも怪しい。
デートスポットが多いが、どこへ連れていくにしても、何回もここに来てるよね感がにじみ出ている。
だいたいにおいて、遊び人は、デートの流れがスムースすぎるのだ。
ふつうの男性なら、そんなにあっちへこっちへ、女の子を連れ回して楽しませたりできない。
鈍くさいのだ。でも、それが当たり前なのだ。

あと、さりげなく自前の料理をつくったりして、「俺は女のために、こんなこともしてやれる」と見せつけたりする。
だが、よーく見れば、女の子好み100%のパスタだったりして、「これ、女の子につくるために、技習得したんだよね?」と皿を前に困惑してしまったりする。
台所を見たら、ふだんなにも作ってねーだろみたいな感じだったり・・・。
遊び人って、当然、一人一人に真剣になっているわけじゃないから、結構ポカポカ抜けているんだよね。
それを、「遊び人だから逃げよう」と思うか、「こっちも遊んでやれ」と思うかは、各人の自由である。

そういうわけで、やたら遊び人の特徴を知っているわたしは、やっぱり遊び人だったんだろうか。
うーん・・・、よくわからないが、もし反省材料があるとすれば、簡単に近づいてくる男は、危ないってことですね。
今ごろだけど、1対1で誘ってくる男って、まず100%下心があるな。
そのことがわかっていれば、無駄足を踏まずに済んだかもね。
わたしの20代って、ほんとうにバブルとなって消えたなあ。勿体なかった。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する