瞬間接着剤の呪い

nurigusuri

1週間ほど前に、瞬間接着剤で手首がかぶれてから、じつはまだ治っていないのである。
昨日は、どうしようか迷ったのだが、ついに皮膚科に行った。
またGWの後半に入っちゃうしな・・・。

それにしても、痒いところがだんだん拡がってきてしまった。
うちの母は、髪染めが原因でひどい皮膚アレルギーになり、いまでも苦しんでいるので、わたしはアレルギーを持つことに恐怖を覚えている。
母が御用達の皮膚科は、わたしも娘として認知されており、「お母さんが皮膚弱いから、あなたも弱い」と、なぜか決められている。

「腕時計をアロンアルファで直してつけてたら、ブツブツができて痒くなったんです」
「もうしてないね? 細菌はないから、ほかの人にはうつりませんよ」
「えっ、自分にはうつるんですか?」
「? 掻かなかったら治りますよ」
わたしは、痒みが全身にうつって治らなかったら困ると思ったのだが、医師は何言っているんですかという態度だった。
わたしが気にしすぎなんだろうな・・・。

だが、いまでもなんかあちこち痒い。
薬はステロイド軟膏をもらったのだが、一日一回と言われたものの、二回ペースになっている。
気になるなー。早く治らないかなー。
それにしても、ただのかぶれで、こんなに治るのが長引くなんて、おかしいよなー・・・、と思ったところで気がついた。
「中国製だ!!」

ちょっと前にも、安く買ったベルトが、付けた瞬間からあたり一辺痒くなって、全身に拡がって、身体中掻きむしって悲惨な目に遭ったことがある。
ベルトはもちろん捨てたけど、あれは立派に「弁償しろ」が通じたと思うね。
従来の日本製の、「ちょっとくらい肌に薬が残っていても大丈夫」は、大丈夫じゃないのだ。

わたしは、100円ショップで買ったものは、つくづく気をつけようと思った。
とにかく、肌に直接触れるものはヤバい。
中国人が、安全な商品を求めて、日本にやって来るのがよくわかるわ。
なにを使うにも、まず疑わなきゃいけないって面倒くさい話だけど、それでも100円ショップがなければ、いろんなことが成り立たないのが困ったところね。

プロフィール

由巳ゆみ.

Author:由巳ゆみ.

2000年うつ病、解離性障害と診断される。
2010年うつ病から躁うつ病と診断名が変わる。
現在は精神障害者として一人闘病生活を送っている。
◆LIFE,LOVE&PAIN(旧)
↑セキュリティをお忘れなく!
◆LIFE,LOVE&ごはん
  (ダイエットブログ)

◆LIFE,LOVE&PAIN
緊急避難先(FC2ブログ更新不能時)

当ブログについて

◆管理人の日記です。
◆文章の転載はお断りします。

人気ブログランキング

↑クリックして下さると励みになります

月別アーカイブ

10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 

Others

FC2ブログ

ログイン