FC2ブログ

公園に行く算段

funsui

先日、吐き気を抑えるために、外出しようと企んだのだが、雨がずっと降っていたので実行に至らなかった。
だが、そろそろ様子を見て、公園へ行ってみようかなと思う。

行き先は、N公園と考えていたが、駅からけっこう歩くので、繁華街にあるT公園にしようかなと考えた。
T公園はそんなに広くないけど、気の利いたカフェとか、気持ちのいいビル群が見える。

しかし、食事はどうしよう。
T公園は、N公園より洗練されていて、ベンチでサンドイッチを食べていたりすると目立つ。
わたしは、たまには店に入って、ちょっとスパゲティでも食べてみようかなと思った。
考えたら、すごく久しぶりだな。メニューを広げて、なにがあるのかワクワクするのとかって。
こういう感覚を失うと、健常者として生きてきた数十年間を無駄にしてしまう気がする。

一度、デイケアの障害者集団で、居酒屋へ行きたい! ということで、場所を案内したことがあるが、着くとみんな、ぼや~っと立ち尽くして誰も入らなかったことがあった。
おそらくみんな、若い頃からの発症だから、居酒屋に来たのは初めてだったんだろう。
でも、わたしはそのとき、「これってハンディキャップだ」と思った。
一つ目は、「居酒屋というポピュラーな空間に入ることができない」というハンデで、二つ目は「案内してくれた人への、感謝や謝罪の言葉を口にしない」というコミュニケのハンデである。
わたしは、いくら隠居していても、そこまで社会生活が困難になるのは嫌なんだよね。
店も街を歩く人もどんどん変わっていくんだし、いろんな意味で置いていかれないように頑張らないと。

さて、気持ちはそういうことだが、またしてもほんとうに行くかどうかは、まだわからない。
なにしろ、いつもと違うところへ行くには精神力がいるのだ・・・。
そして、あんまり長居すると、翌日ぐったりしている自分も想像できる。
スパゲティを食べたら、そこで精神力が果てて、公園どころじゃなくなるかもなあ。
ほんとうに、いつの時点でこんなに弱くなったんだか。
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.