LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

外国人が増えた

tsuyu_kirin

昨日は、元彼Sちゃんから電話がかかってきた。
「今日はやっと早く帰れた」と言う。
たった1年くらい前は、遊んでんのかっていうくらい暇そうだったのに、なんだかんだ言って、日本の人手不足の犠牲になっているな。

わたしが、昨日の「マンションにいた怪しい中国人女性」の話をすると、「それ、デリヘルだろ」と答えが返ってきた。
「でも、電話の相手も中国語やったで?」
「中国はそういう繋がりがあんの。関空で白タクやってんのも一緒でしょ」

へーそうか。
空き巣の下見じゃないかって、心配して損した。
次に、「うちのマンションに、外国人入ってくるかなあ?」と訊いてみたら、「入ってくるよ」と即答された。
「俺の近所でも、フィリピンだろ、ベトナム、インドネシア、あとたぶんミャンマーの人がいるよ」
「えーそんなに! いま、そういうことになってるのか」
どうやら、わたしはこの数年のあいだに、日本がそんなにワールドワイドになっているとは知らなかった。
どうも、かなり遅れているな。

ところで、わたしが自分のマンションに外国人が入ってくるかどうかを気にするのは、やはり騒音を立てる人が多いらしいからだ。
どうやら、居住区の静かさの基準っていうのは、国によって違うみたいね。
だから悪気はないのかもしれないけど、そんなことからいちいち説明しなきゃいけないのかと、この先うんざりする。

それから、わたしは大阪のミナミがすでに、外国人、とりわけ中国人の巣窟になっていることを予想した。
民泊がたくさんあるし、もともとあのへんは、なにやら怪しい雰囲気の猥雑な場所で、中国の育ちの悪いサイドの人たちが、好きそうな感じがするもんね。
とするともう、あそこは、わたしが知っているミナミじゃなくなっているんだろうな。
時代の流れって、淋しいな。

そして、これからの日本をまた憂いた。
とにかく、いわゆる下流市民の若者が可哀想だよね。
外国人をこんなに入れちゃって、もう完全に切り捨てるつもりだよ。
40・50代引きこもりニートと合わせて、この人たちの面倒をどうみるつもりなんかなと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。