カギを付け替える

key_pikapika

昨日は、母が電話をかけてきて、「この前、玄関のカギつけかえたって言うてたやろ? あれ、くれへんかなあ」と言うのである。
まえから「あげる」と言っていたのだが、それが合うかどうかカギ屋さんに訊いてみないとわからないので、そこは念押しした。
母は大工仕事が好きで、なんでもしてしまうのだが、防犯に関しては間違いは許されないだろう。

「最近、外国人が増えたって近所の人と言うててなあ・・・」
「あー。ふだんはよくても、災害なんかがあると略奪するのが当たり前らしいからな」
「雨戸するわ! 裏はこうしてああして」
「カギ、自分で付けるとかケチケチしてたらあかんで。安全が第一やねんから」

それにしても、嫌な世の中になったものである。
「外国人が増えたから、防犯をしっかりやる」ってことは、思いっきり外国人は犯罪をするって決めつけていることだよな。
しかし、これはまるで根拠のないことではない。
日本での凶悪犯の8~9割は、外国人なんだから。

だが、こんなことを言いながらわたしは、外国人の集まるアパートに、市のボランティアとして「在日外国人の日本語教室」のチラシを入れようとしている。
べつに、これは矛盾したことではない。
なぜなら、その土地の言葉があまりできないと、人は孤独を深め、それが犯罪の原因になることもあるからだ。
彼らは、人手不足にあえぐ日本を助けに来てくれているんだから、ボランティアしかできない障害者としては、その人たちのサポートにまわるくらいのことはしなくては。

と思いながら、韓国の掲示板を見ていたら、韓国人は先日まで、日本を東アジアにおける「蚊帳の外」とかって、さんざんバカにしていたのに、在韓米軍撤退とか韓国赤化っていう話になったとたん、「日本に行く」とか厚かましいことを言っている。
この人たち、仕事もできないだろうし、日本で不法滞在者になるんじゃないの。
さっきまで「日本人を生きたまま解剖してやる」とか言ってた人が、自分の近所にいると知ったら、誰でもゾッとするでしょ。
不法滞在はもうすでに多いらしいけど、取り締まりはぬかりなくやってほしいわ。

そんなわけで、ひとくちに外国人といっても、国籍によって危険度は違ってくるな。
まーアジア人は、総じておとなしいと思うけどね・・・。
わたしとしては、靖国神社とか国会議事堂が安全であることを願っているわ。

プロフィール

由巳ゆみ.

Author:由巳ゆみ.

2000年うつ病と診断される。
2010年躁うつ病と診断される。
現在は精神障害者として一人闘病生活を送っている。
◆LIFE,LOVE&PAIN(旧)
↑セキュリティをお忘れなく!
◆LIFE,LOVE&ごはん
  (ダイエットブログ)

◆LIFE,LOVE&PAIN
緊急避難先(FC2ブログ更新不能時)

当ブログについて

◆管理人の日記です。
◆文章の転載はお断りします。

人気ブログランキング

↑クリックして下さると励みになります

月別アーカイブ

07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 

Others

ログイン