FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 障害年金を覗き見たりとか
2018-06-25 (Mon)  09:19

障害年金を覗き見たりとか

brain

昨日の昼、散歩していたら偶然、繁華街に遊びに行く母と出会い、そのまま連れて行かれたのだった。
彼女は決して出かけるのは好きではなくて、世の中から遅れないために、努力してそうしたことをしているのだ。

2時間ほど、服を見たりお茶を飲んだりしてプラプラしたあと、わたしはそこそこにして帰ってきた。
あんまり調子に乗って動いて、帰宅後にドーっと疲れが出ると困るからだ。
そして、またぼんやりと植物を眺めたり、2ちゃんねるを見たりしていた。
2ちゃんは最近、メンタルヘルス板は見ていなかったのだが、久しぶりに見ると、皆さんやっぱ頭が働いていない・・・。

人のことは決して言えないんだけど、「働くと障害年金が出なくなるかも?」というテーマは、いまも昔もずーっとあるのに、いまだに同じことを言い合っている。
そんなの、「精神・診断書・年金・PDF」のキーワードで、トップでヒットするんだってば。
これは、お医者さん向けの「診断書の書き方」なのだが、こういう内部文書を見ないと、素人同士で話し合っていても、実際のところなんかわからない。
それなのに、わたしがリンクを貼っても読まない人がいるんだから、あれはただ悩み合いたいんだろうか。
どうも、わたしを含め、精神障害者は生産性に欠ける。

障害年金欲しさで必死の人も相変わらずいて、あちこち書類をかき集めて、5・6回も年金事務所に行ったという女性が、なんか自分がいかに努力したかを力説していたが、これはまず落ちるだろうな。
そんな生産性のあることができたら、障害者なんかじゃない。
その人って、どうやら書類さえ提出したら誰でももらえる権利がある、って捉え方をしていたみたいだけど、たぶんまだ健常者社会にどっぷり浸かっているんだろうなー。
本物は、「お金? それどころじゃない」である。
だいたいは、本人は作成できなくて、家族や人に頼んでいる場合が多い。

ともかく、久々にメンタルヘルスの世界を覗いて、あーなんかわたしって長老になったな、という気がした。
一部を除いて、ああいうところで質問している人って、まだ病気になってから日が浅い感じ。
見下しているんじゃなくて、奇妙な話だけど、「もうわたしはこの段階じゃない」って感じ。
昨夜寝るまえ、自分の人生を眺めたときに、これは悲観じゃなくて落胆だなと思ったんだけど、もうジタバタするエネルギーもなくなったってことなのかな。
年金はなくなるとわたしも困るけど、大抵のものは失ってしまったなと思う。

最終更新日 : 2018-06-25