FC2ブログ

へバーデン結節の痛み

suponji

昨日もまた、大阪の現状をネットで見ていて、そうか~、すでにミナミはアジア人観光客の巣窟か~と感心していたのである。
たぶんこれから、国際的な観光都市としての地位を不動にするだろう。
まだまだ、万博とかカジノで伸びしろがあるし、なんといってもアジアの人々にとって、明るくてラテン系の大阪人はやりやすい。
まあ、少なくとも東京よりはそうだろうな。

そういうことで、わたしが元気な頃、遊んでいたミナミはもう帰ってこない。
代わりにいろんな病気がやってきて、いまはへバーデン結節。
手指の第一関節が、炊事をしているときがいちばん痛い。
どうすんのよ、これ・・・。1~3年、治らないって書いてあるけど。
しかも、指が変形するって。どれだけ歪むの?

わたしは、同じ病気と思われる母に電話をかけた。
「痛くなかったん? どういう経過?」
「痛くなかったよ。いつのまにか変形してた。たぶん、レジ打ってたからやろうなー」
母は指の変形については、なんとも思っていなかった。
結構、気持ち悪いくらい歪んでいるのにな・・・、こだわるところって、人によって違うからな。

それで、わたしは昨日は力が抜けて、しょんぼりしていた。
足とか手をやられると、動物って元気がなくなるんだよね。
痛いんだから、忘れるわけにはいかないし、関節に無理をかけたら駄目なんだろうし、ほんとうに気を使うなあ。

8月に大学陸上部の飲み会があるんだけど、そのとき、「手の関節が・・・」なんて言うと、すごくおばあさんになった感じがする。
だいいち、化粧はできるのか。
化粧もせずに、おばあさんみたいに手をそろそろ動かしている自分って、あまり想像したくないな。
それにしても、なんでわたしだけ、こんなに病気や身体の不具合が生じるのだろう。
ほかの同級生は、せいぜい50肩くらいだよ。
へバーデン結節は、遺伝も多少含まれているようだから、双極性障害と合わせて、母方の血を呪うしかないな。

そういうことで、今日は買い物に行ったら、また冷房の利いた部屋で、しょんぼり観葉植物に話しかけて一日を終えようと思う。
吐き気がするほどの退屈に耐えて、へバーデン結節の痛みに耐えて、わたしの前途は多難である。
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.