FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 過去へトリップ
2018-07-05 (Thu)  07:58

過去へトリップ

sakura_sepia

昨日は、すごく昔のことを思い出して、しょぼんとなっていた。
カレシを親友の友だちに奪われて、とか、その結果、親友を失ってとか、病気になってから去って行った友だちのこととか、要するに消えて行った人たちのことだ。

わたしには、人生の連続性がない。
病気前・病気後だ。
病気後はろくな人間関係を築いていないから、どうしても過去のことを思い出してしまう。
それで、あのときもっとこう言えばよかったのに、とかいまさらどうでもいいことを考えている。

わたしは、赤ちゃん返りしたときに、どうやらもとの年齢に戻らなかったらしい。
というより、調べてみたらそういうものらしい。
もう、ここから先へは行けないというとき、自我が退行し、ここまでなら大丈夫という年齢までしか上がってこないのだ。
だからわたしはいま何歳なのか知らないが、母からは、ちょっと考え方が幼稚で単純になったと言われている。
自分は、まえより子どもになっているのかと思うと、ガッカリする。
失ったものの一つだ・・・。

それで、いつまでも若いころにあったことを思い出しては、悶々と考え込んだりするんだろうな。
そんなこと、大人になったら誰もしやしない。
わたしだって、病気前のときはしていなかったはずだ。
退行って怖いな・・・。子どもに戻ってしまった自分か。
そして、わたしと接触する人はみんな、「この人、子どもっぽいな」って思うんだろうな。

そんなわけで、わたしはどうやら先に進むことを止めてしまった自分を持て余し、ただひたすら肩を落としていた。
身体障害ならわかってもらえるけど、子どもに戻りましたなんて、絶対誰にもわからない。
終わっている自分につくづく落胆するし、健康で社会で笑っている人を見ると、全然べつの世界で、すごい敗北感がじわっと胸に広がってくる。

最終更新日 : 2018-07-05