FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › ダメージジーンズの衝撃
2018-07-11 (Wed)  13:53

ダメージジーンズの衝撃

jeans
ここ数日、ファッションのことを考えているが、そんななか、あるサイトで「40・50歳代のダメージジーンズは痛い」と書いてあったのを読んだ。
へー。神経質なことを言うね。

しかし、あちこち見てみると、たくさんの人が「痛い」と言っている。
うそ~? どこが痛いの??
わたしはふつうに穿いていますけど・・・、しかも、あれをなんで「破れている」と表現するの?
あれは、着崩しの一種じゃないの。

わたしは思わず、ダメージジーンズに穿き替え、鏡のまえに立ってみた。
ん~? そんなにおかしいか? っていうよりアリだぞ??
そりゃ、顔は20代とはいかないが、たとえシワがあったとしても、ほかのアイテムで魅力的になれるんじゃないのかなあ?
要するに、若作りとしてビシッと決めるんじゃなくて、ジーンズだけ気を抜いています、という感じとかさ。
その場合、あんまりお肉がポヨッとかしていない方がいいだろうな。あと、姿勢とか動作をエレガントにするとかさ。

そんで、世の40・50歳オーバー女性たちが、口々に「自分はキレイめのジーンズ」って言っているのを見て、なにがキレイめだよと思った。
キレイなジーンズなんてつまんないのよ!
彼女らは、「スキニーもやめた方がいい」と主張していたから、つまり無難の代名詞・リーバイス501あたりを意味しているの?
いっつも、そんなしょーもないストレートを穿いているのかな? オシャレをあきらめているよね!
ファッションの老化って、40歳から始まるのか。早いよな。

わたしは、40・50代の女性のファッションをあちこち見て、どこがダメージジーンズをアウトにしてしまうんだろう、と考えてみたが、それは髪型だと思った。
どんなに若いコーデをしていても、7分分けのセミロングじゃ「奥さま」になってしまう。
多いのは耳を出したショートだけど、あれ、最高に老けてみえるよ。
若者と同じ流行を追っちゃダメだけど、その流行を年相応にアレンジしたあたりが、いちばんいいとわたしは思う。

そんなわけで、中年女性の皆さんが、保守に回っているのを眺めつつ、「若作りとか、人のケチばかりつけてないで、自分を磨けばいいのに・・・」と思わないわけでもない。
わたしはこの件に関しては、数少ない「着たいものを着ればよろしい」の人に、大きく賛同する。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

最終更新日 : 2018-07-11