FC2ブログ

セールスマンと長話

sarariman
昨日は、お風呂のセールスマンに捕まって、大変だった。
なんだか、マンションのお風呂というものは消耗品で、定期的に替えなきゃいけないそうだ?

「まー確かに、そうかもしれませんね」
「下の階に水漏れとかしたら、取り返しがつかないですよ。それもいつ来るか、わからないんですから」
「いくらくらいかかるんですか?」
「100万とかですねー・・・」

わたしはその時点で、この話をナシにした。
いくら水漏れの可能性があるって言ってもねえ・・・、いま出す勇気はないわ。

すると、彼は「旦那さんは、今日は何時に帰ってこられるんですか?」と尋ねてきた。
「旦那さん」と言われると、途端に困ってしまうわたしである。
嘘が下手なのだ。
「女の一人暮らしです」とは防犯上言いたくないのだが、どう答えていいものか実に困る。

「えーと、わからないですね・・・」
彼は残念そうに「そうですか」と言った。
たぶん、「奥さん」一人でこんなことは決められないから、3人で話をしたかったんだろう。
セールスマンが旦那さんのことを訊いてきたときは、収入とか帰ってくる時間を知りたいんだろうな。
その後、わたしは仕方ないので、あっはっはと大阪のおばちゃんになって、褒めたりけなしたりしつつ、冷たいお茶を出してようやく帰ってもらった。
そして、「こういう場合は、どう答えたらいいもんなのかな」と考えた。

嘘をつくときは、事実に近い方がつきやすい。
わたしは、架空の旦那役に、まえに一緒に住んでいたSTを設定しようかなと考えた。
「関空の警備員で、時間が不規則。まえは正社員をやっていたけど、身体を壊していまは非正規」
なんか、収入低そうだよね。
飛行機が整備不良で戻ってきたりして、いきなり帰宅できなくなっちゃうことがあることも、事実だしな。

まーそれにしても、この暑いのに、一軒一軒回って説明して、ほんとうに仕事人は大変だよ。
それこそ、給料いくらもらってんのかなあ。
若くて元気そうな人だったけど、ブラックじゃなきゃいいけど。
わたしは年寄りでも優しくもないから、「じゃあ買いましょう」とは絶対言わないんだけどね。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.