FC2ブログ

久しぶりのパック寿司

sushi_ebi
先日、どうしても生魚が食べたくなり、スーパーでパック寿司を買ったのだが、これはなんと、父が亡くなる前の9月以来、10カ月ぶりであった。
外国人の方がよく食べているじゃないか!

食費を月2万円であげているわたしにとっては、スーパーの600円パック寿司さえ贅沢だ。
正確にいうと、お金は少し余るのだが、老後のために頑張って貯金している。
マンションを売って、生活保護なんてまっぴらごめんなのだ。
そのためには、多少の貧乏も我慢するのだ。

ところで、昨日か今日のスマホニュースで「60代の生活保護者が、熱中症で死亡した」というのがあったが、電気を止められていたことについて、賛否両論があった。
否定派の主張は、「電気代にあたるお金は、なにに使ったの?」である。
これはこの人が、どれだけ金銭の管理能力を持っていたかが気になるところである。
よく、お金が足らない生活保護者に対し、ギャンブルで使ったんだろうとか言う人がいるが、そもそも生活保護に入るくらいだから、お金の計算ができない人がいることも、考慮に入れなければならない。

わたしの死んだ友人は、ケータイとパソコンとタブレットとファックスを持っていて、「金がない」と言って、お風呂の水を半分にして入っていた。
わたしが、「それ、ランニングコストを考えたら、解約した方が得やろ?」と言うのだが、「でも、解約資金がない」とくる。
「タブレットとコレは一緒に持ってたら得やって言われてん」「でも、トータルしたら損やん。使ってんの?」「使ってない」。
こういう金銭感覚の人に、生活保護費を適切に使えと言っても、無理かもしれない。
ともかくこういった問題は、起こった現象だけ見て、こうに違いないとは言い切れない部分がある。

さて、生活保護者より生活費が少ないと自負しているわたしの、7月の家計は、管理修繕費を除いてトータル6万円であった。
このなかに医療費6千円が含まれているから、わたしは生活保護費8万円なら、余裕でやっていける自信があるよ。
だからわたしは、世の中のワーキングプアが言う「生活保護者はもらい過ぎ」というのは、少し違った意味でそう思っている。
誰かと比べてもらい過ぎなのではなく、ちょっと切り詰めたらもう少し少ない金額でもやれるはずだという意味である。

しかしまーそれにしても、いつもわたしは貧困層ばかり見てしまうけど、高見の見物をしている富裕層にも、この国のために少しくらいなにかしてほしいと思うわ。
ありていに言うと、税金をもっと払ってくれってことだけどさ。
お金のない若者が子どももつくれない社会で、国は大量の移民を入れて、まるで国民総入れ替えみたいなことをしている。
2025年までに50万人の移民を入れるって言っていたのも、さらに増やすと言い出して、どうやら完全に貧困層の日本人を切り捨てにかかったらしいことは、見ていてほんとうに憂鬱になるわ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.