FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 過去の苦い経験
2017-10-08 (Sun)  12:40

過去の苦い経験

coffee-coffee-maker

昨日はまた、過去の苦い経験を思い出してしまった。
繰り返し、繰り返しだが、病気になってから、親友たちが去っていった経緯を、再びである。

「どこが悪かったって」
わたしは考えた。
「どこも悪くない。進学も就職も、わたしはどの選択も誤ってない。最後の、理学療法士の学校も授業システムがひどかったけど、あそこは自分が高齢だから、就職のために、偏差値の高い学校であることが必要だと考えたから。つまり、わたしはたんに落とし穴に落ちただけ」

そして、落とし穴に落ちる前のわたしを思い出そうとした。
でも、もうあまり思い出せなかった。
「いまよりずっと、しっかりした人間だったような気がする」
あの頃は、なにをしても人から非難されることなんかなかった。
ふつうにしていれば、誰とでもうまくやっていけた。
あのときの自分に戻れたら、わたしは大抵のものは要らない。

次に、また将来のことを考えて、幻滅した。
最近、体調がいいから、次の障害厚生年金2級に通るのかな、という不安が湧いてきたのである。
もとの自分に戻れたら、という願望と矛盾しているようにみえるかもだが、もとの自分に戻っていないのに、中途半端に外に放り出されたら困る。
精神病は一生涯治らないとされるのに、なぜ途中で等級を落とすのかっていうと、やっぱり年金の出し惜しみをしているんだろうな。
おかげで、わたしのこれからなんて、まったく予定が立たない。

わたしが最近、信望しているアインシュタインは、「幸福な人は、現在に充分満足していて、未来を考えていない」と言ったそうだが、それでいくと、わたしは全然幸せじゃない。
現在には満足していないし、よくない未来のことばかり考えている。
でも思うんだけど、アインシュタインみたいな特別な人って、ふつうの人より幸せを掴みやすいんじゃないかな?
ナチスから逃れてアメリカへ渡航できたのも、尋常じゃない優秀な頭脳があってこそだろう。
彼の言う通りだとすると、障害者は全員、幸福になれないってことになる。
障害者なんて、全員現状に満足していないんだから。
強がっているだけ。これはほんとうの話。

障害を負うってことは、一生幸福になれないってことなのかな。
まあ近いだろうな・・・。
健康だったときの自分を追い求めて、きっとずっと生きていくんだろうな。
運命って、残酷だな。
この事実だけは、何度も何度も波のように打ち寄せてきて、わたしを無力にさせる。

最終更新日 : 2017-10-08

Comment







管理者にだけ表示を許可