FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 失われた20年のこと
2018-08-14 (Tue)  09:47

失われた20年のこと

kusuri_shihan
昨日は、「失われた20年」について、中国人たちがあれこれ掲示板で分析していたので、ふーんと思って見ていた。
最近でこそ、中国の人は日本に大勢来るようになったので、日本経済が破綻しているなどと信じていないと思うが、それでも1・2年前までは、「中国人の爆買いがなくなったら、やっていけなくなるのでは」という観測があった。
いや、たかが個人消費で、仮にも世界第三位の経済大国が潰れないってば・・・。

いろいろ読んでいると、なんだかあの国は、すでに日本が衰退していて、老人ばかりでボロボロの家に住んでいるというイメージを持っていたみたいだぞ?
「みんな裕福なんだけど、どういうこと?」「よく考えたら、まだ世界第3位を維持している」などと、ふつうに話し合っている。
「こんなの、不買運動したって意味がない」、・・・そりゃそうだよ。それ、嫌がらせ程度だよ。
韓国も同じように不買運動をよく口にするが、ちょっと自分が日本に与える影響を、大きく考えすぎじゃないだろうか。

それはともかく、わたしは全然経済に詳しくないので、失われた20年があるにも関わらず、なぜ日本はそれほど打撃を受けていないのかを調べ直した。
コスト削減、海外への移転、企業の内部留保、そうだよな・・・、あと市民としてはデフレでモノが安くて助かってんだよな。
それらのことを横目で見ていると、中国が「日本を侮ってはいけない! 彼らは、失われた20年などと言って煙幕を張っているのだ!」と力説していて、おかしかった。
さらに共産党寄りのメディアが、漫画やアニメ産業について、「自国の考え方や文化を宣伝し、各国にとって脅威となっている」というのも、大袈裟すぎて中国らしかった。
漫画やアニメはね、夢を売ってんのよ。
それにあれは、いまの50代が子どもの頃からすでに慣れ親しんできた文化で、一朝一夕でつくられたものじゃないんだから。

そんな感じで、なんだかんだ言って、少なくとも中国メディアの一部は、まだ日本をあまり理解していないのかなと感じた。
分析が甘いというか、的を得た日本経済の考察がとても少ないし、なんか願望に近いような憶測が多いと思う。
不動産は絶対値崩れしないなんて、いまだに信じているし、それ、バブルの前の日本も言ってきたんだけど、教訓にしないんだろうか。
それこそ、夢を追ってんのかなー。

日本は、この20年というか30年間、地道にコツコツとよく道を作り直したものだと思う。
こういう粘り強さはほんとうにすごいと思うし、わたしという日本人も、そういう完璧主義のために病気になったと言えなくもない。
しかしまー、故障してはなんにもならないので、働く皆さんには無理をしないようにってお祈りします。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

最終更新日 : 2018-08-14