FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 水彩VSアクリル画
2018-08-28 (Tue)  07:43

水彩VSアクリル画

pareto
昨日、「さ~て、水彩画の描き方の勉強でもすっか」と動画を観たら、アレ? 皆さん、机に紙をそのまま置いて描いていらっしゃるじゃないですか。
「あれ~。 そういうもんだっけ?」
遠い記憶によると、中学時代のわたしは、イーゼルに板を置いて、そこに木炭紙をクリップで留めて描いていた。
水彩はそうしないの? 水が垂れるからとか?

ともかく、机に置いて描くといっても、机にそんなスペースはない。
わたしは、「このままアクリルに転向するか?」と悩んだが、アクリルは固まりやすいという欠点があるので、トロいわたしには難しいかもしれない。
でも、ほんとうに描きたいのはアクリル画だから、そのうち要領がわかってきたら、転向するということでいいのか。
だいたい水彩画なんて、滲んだ葉っぱとかばっかでババ臭いよ。

ところが、こんなことを考えているうちに、わたしはあることでガツンとあたまを殴られたような気がした。
老眼だ!
じつはわたしは老眼鏡を2つ持っていて、一つは近くを、もう一つは遠くを見るためのものである。
なぜこうなったかというと、眼鏡屋さんで遠近両用をかけたら、すごく気持ち悪くて、それを店員さんに言ったら、「かけた途端にそう言う人は、遠近両用はムリです」と断定されたからだ。
それはともかく、遠くを見たり近くを見たりを頻繁に繰り返す写生は、わたしがもっともやりにくい作業の一つである。
というか、ほんとにできるのか・・・。
なんだか、肝心はところを忘れていた気がする。

まーともかく、案ずるより産むがやすし。
とにかく、あまり多くのこととか考えずに、好きなようにしよう。
だって、リハビリだし遊びだもんね。心配して苦しんでどうなるのって感じ。
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(クリックして下さると励みになりますJ↑)

最終更新日 : 2018-08-28