FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 蛍光灯を付け替える。
2018-12-02 (Sun)  08:10

蛍光灯を付け替える。

keikoto
昨日も、なーんにもすることがなくて、ソファに垂れてボケーっとしていた。
「なにかすることはないのか」と口に出して考えていたら、台所の蛍光灯が切れていたのを思い出した。
あれ、明るくなったらどんな感じなのかなあ・・・。

わたしは、電球が切れているからといって、替えなければ! という使命感に突き動かされてではなく、ワクワク感をもってしかそれをしない。
だから、いつもならこんなの、ほったらかしである。
でも、今回はうまく気持ちが入ったので、立ちあがってジャケットを着てスーパーに行った。
こういう、細かい作業を含めて「家事」っていうんだね。

スーパーで蛍光灯を選び、帰ってから椅子の上に立ちあがって、腕を伸ばして天井の古い蛍光灯を外していたら、ふと「歳をとったら、こんなの誰がするのかなあ・・・」と、これまた独り言が出た。
最近つい、考えてしまうんだよね。この段、歳をとったら危ないんじゃないのかなあとか、このボトルの蓋、開けられないだろうなとか。
ちょっと気が早すぎるとは思うけれど。

そんで新しい蛍光灯を付けてから、ワクワク感をもってパチッとスイッチを入れてみたら、なんと点かなくて点灯管の問題だった。
わたしは自分の不用意にクラッとしたが、いったんこうしたい! と思ったらあきらめないタチなので、もう一度スーパーに行って、それを買ってきた。
あー疲れた・・・。
それでもまあ、切れた蛍光灯なんてそのままにしておくもんじゃないよね。
ちょっとでも、キチンとしてまともな生活を送りたいもん。

すべてが終わってから、わたしは一応満足してまたソファに座ったが、この日にタイトルをつけるとしたら、「台所の照明のメンテナンスをした日」だな。
なんて小さすぎる一日なんだろう。
高校の同級生が、一昨日はソウルで昨日は福岡、今日が沖縄でその次は登山、とかフェイスブックで書いているのを見ると、ほんとうに同じ人間かと思う。
考えたらわたしも働いているときは、土日のうちどっちかは遊びに行ったりしていたなあ。
もう今日はなにもしたくない、という疲労を抱えながら、わたしは失ったものの大きさを味わわずにはいられない。


人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2018-12-02