FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 寝ぼけ眼でボランティア
2018-12-05 (Wed)  08:45

寝ぼけ眼でボランティア

kuma_makura

昨日はボランティアの日本語教室に行ったのだが、前日、眠剤を飲み忘れたような気がして2回分飲んだのでぼんやりしていて、「どうしたの?」と言われた。
あれー。やっぱり違うものなのかなあ。
自分ではあまりわからない。

そんで、ふだんではあまり考えられないミスをした。
コピーを取りにいくとき、カギをうっかり誰にも言わずに持って行ってしまったのだ。
担当者から、「持って行くときは言ってください」と言われてしまった。
あらー。こんなこと、気がつかないわたしじゃないのに・・・。

それから、コピー枚数もちゃんと数えたはずなのに、実際は6枚じゃなくて8枚だった。
この枚数を間違えるか!
やっぱり、眠剤を飲んでから行動してはいけない。
会社勤めをしていたときも、これでドひんしゅくを買ったことがある。
つまり、裏門で話した人のことを忘れていて、夕方になって「お久しぶりですね」とやってしまったのだ。
ほんとに眠剤はね、飲んだら電話もSNSもダメよ。

さて、そんな感じで、わたしのように服もちゃんと着ている障害者の場合、最初に障害者だと告知しても、途中から忘れられている場合がある。
これで車椅子でも乗っていたら、何かができませんとなっても、ああそうかってなるよね。
でも、見えない障害者の場合は、何か事情があってできなくても、どうして? 困った人・・・である。
先日のパーティの会計のときもそうだったもんね。
わたしがノロノロしていたら、隣の会計係、露骨に「もー!」って悶えていたもん。
まーその人は、とくにわたしに言わせると、「できないくせに完璧主義な人」だったけどね。

しかしまあ、日本語学校の元教員たちは、じつにカラッとしていてミスをネチネチ言うような感じではない。
それに救われて、あまり気にしないようにしようと思う。
なんといっても、賃金をもらっていないボランティアだもんね。
バイトと違う気楽さは、多少のミスは許されるってところもあるよね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2018-12-05