FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 末期ガン父の容態の波
2017-10-20 (Fri)  09:41

末期ガン父の容態の波

suinomi 
昨日の父の容態は、ますます悪かった。
しんどいと言って、ほとんど起き上がれない、食べられない。
わたしは、父が自分で言っていた「年内まで」というのは、もしかしたらもっと早まるのではないかと思った。

父の姿を見ると、さすがにかなり痩せている。
そりゃ、これだけ痩せたらしんどいだろうな・・・。
しかし、胃がパンパンなので、物理的に液体も入らないそうだ。
水分は、点滴で補充している。

昨夜、わたしと母は相談した。
「あんなにしんどいのが、日に日に悪くなっていったら、本人は大変やろ」
「もう、痛み止めに使うパッチを使ったら・・・、痛みとしんどさは一緒なんかな?」
「一緒かもな。明日、どうするか本人に聞いて決めよう」

しかしこの話し合いのあと、母は気になったのか、すぐに病院に電話した。
「看護師さんが・・・。だから明日、病院に行かんでいいって」
これだけの話なら、「看護師さんが来てくれるから、わざわざ病院に行かなくてもいいことになった」って、誰もが受け取るんじゃないいだろうか。
しかし、彼女が言いたかったのは、「看護師さんが言うには、パッチはうちの病院では扱っていないから、それはなし。それより、心房細動の薬は、明日病院に取りに来なくていいですよ」ということらしかった。
ナニ?? なんであの話し方で、これが通じると思うの??
この人のポカーンぶりには、しばしば腹を立てさせられる。

今朝、それで言い争いになりそうになったが、父がいたので双方沈黙。
父は、昨日と違って具合がいいとのことで、よかった。
まあ、しんどいなかでも、少しでも楽なときがあればね。
しかし、緩和ケアとはいえ、楽なばかりじゃないね。

注文していたオルゴールCDは、今日届くと思う。
じつはあのあと、アロマオイルも買ったんだよね。
うちは日本家屋で狭くて暗くて、なんか気分まで落ち込みそうだからね。
ちょっとでも爽やかな雰囲気の方が、いいんじゃないかと思っているんだよね。

最終更新日 : 2017-10-20

Comment







管理者にだけ表示を許可