FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › シャネルズで笑う。
2018-12-29 (Sat)  11:28

シャネルズで笑う。

chounekutai
昨日はまたまた一日、シカゴのDJ・VPさんの動画ライブを見ていたのである。
すると数少ない大学の友人から、「今年の仕事が終わりました。来年もよろしく」みたいなラインが来たが、あれ? なんだか実感が湧かないわ。
もうすぐ、お正月なのか・・・。

でもわたしには、とくに挨拶をする人もいないので、ほかにはVPさんに送った80年代日本のポップスの動画を見たりしていた。
ときどき、カバーとしてニコニコ動画が上がっているんだけど、それが面白いのはともかく、わたしは古いがシャネルズで吹いた。
これっていわゆるブラックフェイスでしょ・・・。アメリカ人が見たらどうなんの?
VPさんは白人だからゲラゲラ笑っているような気がするが、おい見ろよこれ! とか仕事仲間に言ってそう。
それで、ニコニコ動画のバカさ加減と同時に、日本人はやっぱりヤバいなとか言わているんだよきっと。
しかし、あれを誰かが批判したところで、もう30年以上も昔の話。時効だよね。

そんなふうに、80年代の日本のポップス界を振り返ると、ほんとうにあの当時は、みんなバカで豊かで弾けていて楽しかったのだなと実感する。
ニューミュージックって、ポップもファンクもロックンロールもジャズフュージョンも、何でもかんでもビックリ箱から飛び出して、ぱーっと花火が打ち上げられている感じ。
あの頃の夜は、終電過ぎでも人がワイワイいて全然淋しくなくて、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」の歌詞じゃないけど、真夜中の2時過ぎにやっと捕まえたタクシーに乗って、ぐったりと帰っていた。
「プラスティック・ラブ」ファンの外国人はみんな、あの時代の東京に行きたいって言っているんだよね。
そりゃそうだよ。あそこは狂乱天国だったもん。
そんな場所に、彼氏にふられて一人で強がっている女の子がいたら、助けてあげたい! って思うよね。

とまあそんな感じで、わたしは久々にあの狂乱天国を思い出した。
もう、二度と来ることはないとわかっているから、寂しく思っている人は、ほかにもいるかもしれないね。
もちろん、元彼Sちゃんのように、「俺は家庭で忙しかった」という人もたくさんいるだろう。
音楽って、その当時を思い出すよね。
正月をまえに、なんか胸に迫るものがあるわ。音楽っていいよね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2018-12-29