FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 母親といて疲れること
2019-01-03 (Thu)  09:08

母親といて疲れること

kadomatsu2

昨日は実家から帰ってきて、ようやくリラックスできた。
パソコンから動画ライブを流して、コーヒーを飲んで、ぼーっとして、こんな時間がわたしには必要なのだ。
いそいそと世話をされたり、話しかけられたりするのは、少しならいいがずっとはしんどい。

シカゴのDJ・VPさんは、相変わらずご自身の動画ライブの画面にある、クリスマスの飾り付けを除いていなかった。
うーん・・・、そりゃ出した宿題が120だか130曲だかの80年代日本ポップだからなー。
その道の草分けとして評価されている彼は、「どのレコードを買おう?!」とか悩んでいるのかもしれない。
だけど、わたしが送ろうと思っている曲は、その130曲だけじゃないのよ。
あと、40曲くらいあるかなあ。もう、ここまで来ると嫌がらせだよね。
でも、このまま誰だかわかんないようなアーティストを、ヴィンテージだといって欧米人同士で有難がるのはやめてほしいの。

思うに、母親といて疲れるのは、こういう話とか韓国の悪口とかが一切できないこともあるんだと思うんだよね。
で、一方的にわたしが興味もないTVの内容を聞かされ、「見て!」とかやられるので、相手の土俵に無理矢理引っ張り込まれて、手足も出せずボコボコにやられる感じ。
彼女は楽しいだろうけど、こっちはため息だよ・・・。

あと、言いたくもないって感じだけど、わたしは実家にパン切りナイフが2本あるのを知って、そのうち1本を持って帰ろうといつもの席の横に置いておいたんだけれど、知らないうちにもとに戻されていたんだよね。
なんで勝手にそうしちゃったかって、やっぱりわたしには前科があるから、振り回されると困るって思ったんだと思う。
あの人、じつはまったくわたしを信用していないんだな。
それでわたしは、マンションに帰ってから相当嫌な思いをした。
心の底で疑われているのを知って、わたしが彼女を信頼すると思っているんだろうか?
なんで、一言「これ、しまっとくよ」と言えないんだ。黙っているから二人の間に疑心暗鬼が湧くというのに。

そんな感じで、ともかくわたしはマンションに帰ってきてよかった。
近々どこかへ連れて行って、と彼女は言っていたが、こっちは当分顔を見たくない心境だよ。
亡くなった父親の代わりを仰せられると、双肩に重すぎるものがのしかかって、わたしは吐き気がする。
えずいているんだけど、それなりに苦しいから、ストレッサ―からは逃げたいんだよね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-01-03