FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › ステレオが壊れたりとか
2019-01-10 (Thu)  07:28

ステレオが壊れたりとか

konpo

じつは、ちょっと前からうちのステレオが壊れてしまっていて、音楽が聴けなくてどうしようかなと考えていたところなのである。
でも昨日、決心して実家に電話をかけ、「そっちのコンポ、こっちに移動させるから」と言った。
あーめんどくさい・・・。いまの壊れたステレオ、でかくて重いんだよ。
辺りのホコリを取って、これを担いで移動させるのか。この気力でできんのかな。

しかしいま、Amazonで調べたら、もうカセットテープが再生できるコンポって、ほとんどないのね。
わたしが聴きたい80年代日本のポップスは、ほとんどカセットテープなので、新しくコンポを買っても意味がない。
だから、実家のものを引き揚げてくるしかないのだ。
いままでの重低音からすれば、物足りないものになるだろうけどね。いろいろな意味で、ステレオが壊れたのは残念だわ。

それから、シカゴのDJ・VPさんが悩んでいることについて、再度考察した。
彼の運営する動画ライブで、そこのチャットにいた人に、俺らはずっとここにいるから、という言葉に対して彼は、「それ毎日言われてて、それこそが悩みなんだよ」と明言している。
いったい誰が、彼に毎日、プレッシャーを与えているのか?
わたしは、彼のサイトのリンクを覗いて、彼の店の様子を知り、どうやらほとんどの客が日系人であると理解した。
ふーん・・・、ハーフ、もしくはアメリカ育ちの日本人か。とするともしかして、こういうことじゃない?

日系アメリカ人たちはシティポップというと日本、だから俺らの国の音楽だと優越感を持っていた。
それは事実なんだけど、実際日本に住む純日本人が、「それ、違うよ。こっちが本物のシティポップ」と証言すると、竹内まりやファンの白人たちは、「え! それがほんとうの30年前の東京で流行ってた曲?!」と色めきだって興奮する。
すると、日系アメリカ人が面白くない。「俺らだって日本人なのに。日本に住む日本人にかなわなくて当たり前じゃないか」
そんで、VPさんに常連客としてしらを切るのだ。「まえの曲の方がいいよ。だってこれ、日本にいる日本人の価値観だろ。でも、ここはアメリカだ」「そう、おまえまだスランプなんだよ。このまえ、大阪のおばちゃんに怒られて、その通りにしなきゃいけないって思い込んでるだけなんだよ」「俺ら、ちゃんと待ってるから」

彼らの嫉妬を見抜いたVPさんは、新しい音楽と彼らの要望の板挟みにあって、苦悩することになる。・・・?
だってさ、どうせ店は竹内まりやファンばっかなんだから、彼らが追い求めている「30年前の日本」という異次元空間に実際いた日本人が「これ流行ってた」なんて言ってくる曲は、ふつうなら飛びつく話だと思うのよ。
それをしないっていうのは、やっぱりどっかおかしいと思うんだよね。

これはほんとのほんとの想像に過ぎないけれど、一応、どんなことになっているのか想像しておかなきゃ駄目だとわたしは思っている。
なにも考えずに生きていたら、人生何倍も損をするというのが、去年わたしが得た教訓である。
今度、VPさんからメールが来たときに、どういう対応をするかの方向性を持っておかないとね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-01-10