FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 缶ビールを少しだけ
2019-02-26 (Tue)  07:17

缶ビールを少しだけ

beer_kan3

わたしはなぜか、スーパーで買い物中、すごく喉が渇いたりするので、昨日はふと積んであった150mlの缶ビールを買い物カゴの中に入れた。
アルコールをやめて1年半ほど経つが、いまはもうお付き合い程度である。
あんなに大酒を18年間毎日飲み続けていたわりに、スパッとやめられたのは、アルコール摂取中、身体がブルブル震えてものすごく苦しいという謎の症状に見舞われたからである。
たぶん、薬とダイエットが悪かったんだな。もう二度とダイエットなんかするかー。

それで、さっそく買い物から帰ってくると、わたしはいそいそとビールを開けた。
やっぱり喉が渇いたときの一口目はビールだよね。
で、ぐいっと飲んだのだが、あ~やっぱり旨い!
一口一口を大事に飲み、だいたい4口くらいで150mlを飲み終えた。
しかし、なんだか気分が悪くなってきたのである。

「ビールってものすごい炭酸なんだ・・・、たったこれだけなのに胃がこんなに張って」
わたしは胃の膨満感に戸惑い、そして胃からあがってくる臭いにも気分を害した。
飲まなくなっていから気づいたけど、アルコールって薬品なんだよね。
すごく臭い。こんなもん、どうして一日6・7缶も飲めていたのだろう。
どうでもいいけど、あのペースで飲み続けていたら、絶対アルコール依存症になっただろうな。

まあ結論的にいうと、わたしはアルコールを好きで飲んでいたわけじゃないのだ。
酔うため。そもそも大量に飲み始めたのは、病気になってすぐのとき、うつで苦しくてのたうち回ったから、アルコールにすがったんだよね。
その後、アルコールがないと死ぬ! みたいな思考回路ができたのだ。
でもいまは、あの頃のように毎日が苦しいとか、そんなことはない。
穏やかな日々だ。ほんとうに、有難すぎて誰に感謝していいのかわからないくらいだ。

まーしかし、感謝すべきはH主治医なのだろうな。
精神疾患の治療は、医師の患者の様子と薬の見極めのよしあしに尽きる。
合う薬の配合が見つかってよかった。あとは、あまり変わったことはせずに、大人しく一日一日を過ごすのみである。
もう、アルコールも常時飲むことはないだろう。経済的にも助かって、いい結果になったと思う。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-02-26