FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 余計な一言
2019-03-23 (Sat)  05:42

余計な一言

nihonshu2019

昨日はあんまり眠剤が効かなくてしんどいので、ついにHクリニックへ行った。
だが、H主治医は睡眠薬を増やしてくれなかった。
「夜、ちゃんとお風呂に入って、昼は寝ない。散歩でもする。自分でリズムをつくっていかないと」
あれー。まえ、こんなこと言う先生だったかな。
なんか、わたしに睡眠薬を飲ませたくない理由があるんだよな。

で、わたしはせっかく繁華街に来たのにまったくの無駄足になったので、そこらへんで一杯やって帰ろうと思った。
だが、それさえもまだ少し早い時間だったのである。
どの店も開いていないので、わたしはガッカリし、家でいつもは食べない高い刺身を買って、ビールで気をよくしようと思った。
それで、最寄り駅のスーパーでらんらんと刺身をスーパーカゴへ入れていたときである。

「ゆみさんじゃないの」
嫌な予感がしたが、そこにはうちの母親が立っていた。
・・・わたしは一応、断酒したことになっているんだよね。
昔、すごく迷惑をかけたから、それは仕方ないと思っているのだが、いまでは自分もそんなに酒は要らないと思っていて、ほんとうに付き合い程度になっているのだ。
でも、母親はわたしのことをアル中だと思っていたから、いまでもいつ飲みやしないかと猜疑心に満ちた目で見ているのだ。

わたしは、酒売り場にいる自分を見られるよりはましだと思って、先に申告した。
「これから家で一杯やるねん。Hクリニックへ行ったけど無駄足になって、店に入ろうとしてもどこも開いてなかったから」
そのとき、彼女はわたしにとって最悪の言葉を投げつけてきた。
「え? ゆみさん、最近お酒呑むの」
あのね! 昨日あなたとわたしは食事に行きましたよね?
なんでそんな無神経なことを言うんだろう。
わたしはもう酒は要らないと思ってやめているけれど、無理にやめている人なんかだったら、これほど頭にくる言葉はないよ。
わたしは憤然として、「そういうこと言われるの嫌いなんだよね」と言って、その場を去った。

だが、さっきの言葉が頭にこびりついて、せっかくの酒と高い刺身が台無しになっているのをわたしは発見して、あまりの憤怒に母親にメールを送ってしまった。
「ふだん酒なんか飲んでないよ。たまたまでしょ。なに言ってんの。無神経!」みたいなことである。
彼女から謝罪が来たが、わたしは興奮して壁を蹴ったり頭を打ち付けたり、ギャーっと叫んだり、もう猛獣になっていた。
春は駄目なのよ! イライラすんの。だから余計なことを言わないでほしいの。

結局、いつも具合が悪くなる春は、人に近づいてはいけないということを、わたしは再確認した。
日本語教室、どうしようかなあ。
一見ふつうに見えるわたしだが、いま凶暴な時期なのよ。困ったわね・・・。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-03-23