FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 大学同期男性と飲む。
2019-03-29 (Fri)  07:25

大学同期男性と飲む。

wine2019(1)

昨日は、大学陸上部同期のY(♂)と飲んだ。
なんだかんだ言いつつ、わたしはときどき人と会っているな。
Yの場合は、横浜から大阪に仕事で来たときに誘ってくれるのである。

んで、1軒目の焼肉はとても美味しくて感激したのだが、あっと言う間に制限時間が来てしまい、全然足らなかったので、ワインバーへ突入した。
そこで、何種類かのグラスワインを楽しむ。
Yは現役中にわたしが思っていたよりも、じつは芸術肌の人で、オシャレ感覚がわりと高いのだった。
仕事で世界中まわったらしく、どこがいちばんよかった? との質問に、「ロシア」と意外なことを言った。
「建物がすごいねん」
へ~? ヨーロッパでもすごいじゃん?・・・
「俺、建物とか見るの好きやねん」
「へー」

世界中まわって、最高にいいのがロシア? なんか変わってるよね。
わたしはなぜか「ロシア国民の自分の国への満足度は低いねんで」と負け惜しみを言っていた。
「アメリカもいい! やっぱりアメリカ。新婚旅行で行ったカリフォルニア」
「カリフォルニアっていま韓国系ばっかになってるよね。でもいいところだよね」
わたしは長年海外旅行をしていないせいか嫌味なことばかり言っていた。

そうこうしているうちに、久々のワインを5・6杯飲んだ。
店には、白人カップル2人と大騒ぎの会社員男女5・6人がいて、大騒ぎの方の、女性一人が道に倒れて寝てしまった。
なんで道に出たの? 女性2人とも20歳だって言ってたから、限度を知らなかったのね。
外国人が見ていたかどうか知らないが、日本はつくづくアルコールに寛容な国である。
その後彼女は、店に入れられて床で完寝していたが、あーあ。明日仕事じゃないの?
仕事のないわたしは、ここでもまた、嫌味をつぶやきたくなるのである。

ということで、結局Yとは12時まえまで飲んでいた。
男としゃべるのは楽でいいわ。
まえに同期女子とのラインで、AIの話をしたら「わたしら古いから知らん」ってみんなに無視されたと言ったら、「えっ。知らん?!」とギョッとしていた。
こういうのがふつうに通じるからいいのよ。女性全部が古いわけじゃないけどね。
わたしが日頃、誰かとしゃべりたいと思っているのは、母親でもなく同期女子でもなく、ふつうに話ができるこういう人なのである。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-03-29