FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 心因性嘔吐
2019-04-03 (Wed)  07:34

心因性嘔吐

medicine2019

ここ数日間、いつもの吐き気がひどくなっていたのだが、昨日はH主治医にそのことを訴えた。
「どんなときに?」
「将来の不安とか、役割がないとか、生きる価値がないとか・・・」
「典型的な心因性嘔吐やね」

わたしは、来るあいだも電車の中で吐き気を我慢していたので、疲れていた。
典型的って、ほかにもこんな人がいっぱいいるってことだろうか。
「あと、人と繋がってないんで、宙に浮いてるような感じなんです」
「うーん。彼氏つくってみるとか。相席屋って知ってる? 知らん人同士が話す。そんなんどう」
「めんどくさいです・・・」

彼氏みたいなものをつくったら、いつも化粧をしなきゃいけないし、お風呂にも入らなきゃいけないし、部屋も片づけなきゃいけないし、生きるのに不必要なエネルギーを使ってしまう。
だいいち、恋愛中の浮き沈みといったら病んだ精神に悪いよ。
相手が寛容で優しい人ならいいが、ふつうの人なら双極性障害の患者とはまず付き合いきれないと思う。

「それに、精神障害者っていったら、すぐみんな逃げますよ」
「フィットネスのおねーちゃんやってるって偽ったらええやん」
「もう20年経ってますから、偽りきれないですよ」

わたしは病気になってから、お見合いパーティに行きまくった時期のことを思い出した。
ほんとうに、人々はまず最初に「何をしているんですか」と職業を訊いてくるのだ。
それで何もしていないとわかれば、その時点で論外となる。
まさか正直に、精神障害者施設にいるとは言えないし、わたしはお見合いでなくてもあらゆる場所でおそらく、人から最低評価を受けている。
そういったことも、わたしの吐き気の原因となっているかもしれない。

H先生から、「じゃ、吐き気止め出しときますからね」と言われ、わたしはちょっと冷たい春風のなかを薬局まで歩いた。
しかし吐き気止めって、いまの環境が変わらなければ、一生飲み続けるってことになるのか。
ストレスの元を直さずに、薬で抑えるって無理矢理な感じがするな。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-04-03