FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 将来住む家
2019-04-09 (Tue)  07:30

将来住む家

kanyo_shokubutu

昨日も、家でじっと考えごとをする。
もし、障害年金が3級に落ちて、収入が半分に減ったら、いつの日かきっと自宅マンションを売らなければならない。
でもその時期があまりに遅れると、マンションが古くなって、これまた売れないんじゃないだろうか。

わたしは悩んだ。
そして調べたのだが、なんと? 日本家屋はちゃんと手入れすれば80年間住めるという。
とすると、うちの実家はわたしが死ぬまでいけるということか・・・、じゃあこっちを棲み処にして、マンションを売ってしまったらどうだろう。

それで、勢いで母親に電話をかけてしまった。
「あのさ、こうしようと思うんだけど」
「あ! それはダメ。あなたのマンションはそれはもう、立地がいいんやから。ものすごく便利やねんから、それを死守。売るならこっちが先」
とまあ、熱弁をふるわれて、そうなんかなと思い、引きさがったわけである。

「それにな、こっちの家はそれもう維持が大変なんやで。近所の付き合いもあるし。無理やわ」
「そう・・・」
「あんたがお金なくなったら、ここ売ってわたしが施設に入るやん。心配いらんって」
それから、今後年金額がマクロ経済スライド方式により徐々に下がっていくかもしれない懸念を話した。
「あのな、年金っていうものはそんなに1万とか下がるもんちゃうねん。何十円とか何百円とかやで。それだけでも国からしたら、じゅうぶんなお金が入ってくるんやから。1万円も下がるなんてことはないで」
そうなのか。じゃ、巷で60~70%減るっていうのは、大嘘なのか。

ネットのそのへんに書いてあることを、母は一蹴してしまったわけだが、こっちの方がおそらく人生酸いも甘いも噛分けて、正しい実感をもっていそうだ。
そうなのか。あんまり、年金が減ってく減ってく~って気にしなくていいのかな。
そして、もし金利が上がってくれたら、貯金でまた利息が増えていくわけだしね。

そんなこんなで、たくさん考えたが、結局母の一言で、マンション売却の話はなくなった。
まえにもこの話をしたような気がするな。
よほど気にしているということだ。
しかし、くれぐれもストレスで病気にならないようにしないと。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-04-09