FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 日本語教室ふたたび
2019-04-10 (Wed)  07:16

日本語教室ふたたび

pencil_eraser
昨日は、ボランティアの日本語教室に行ってきた。
先生方からニコニコと、「身体大丈夫?」と呼びかけられる。
ずっと不眠で休みがちだからだ。それにしても、元学校の先生たちは優しいな。

タイのTさん(38♀)は、頭がよくて仲間2人より覚えるのが速い。
この日は、「こちら、そちら、あちら」などをやった。
いつの間にか、「ついたち、ふつか、みっか」などの呼び方も覚えている。
こんどの10連休のときに、彼女らはタイへ帰るのだが、お土産にジーンズ、アップシューズなどを買うと言っていた。
10連休だよ。こんないい機会はもうないよね。
母国でのんびりしてくるといいよー。

でまあ、わたしは先生について身体を張った学習、つまり立ち上がって、「こちら」「そちら」「あちら」と手を挙げてやっていたのだが、Tさんはわかったのかどうだか?
お茶のときに、彼女はタイ航空の画像を見せてくれて、「これで帰るんだ」と教えてくれた。
彼女らはタイでも山奥の方の人たちで、どんなところに住んでいるかという絵を見せてもらったら、日本人からすればかなりワイルドである。
クーラーついてないけど、暑くないの? とか、手動で調味料をゴリゴリするの? とか・・・、でも調味料に関してはこっちの方が正解だよね。
新鮮ななにかを砕いて、料理に入れるのかな?
タイ料理の家庭料理っていろいろあるんだろうけど、どれもすごく辛いんだそうである。

いま、日本語教室にはタイ、ベトナム、中国、韓国の人たちがいて、この日はペルーの人が生まれた双子の赤ちゃんを抱いてきて、皆さんでうわぁ・・・というふんわりした声があがった。
赤ちゃんをみると、誰もが目を奪われてしまうね。
そのお子たちは、顔は日本人だったが、耳に光るピアスを入れてあって、なんだか異国情緒だった。
こうやって、新しい日本人が生まれてくるのね。
日本人は、日本人だけじゃその文化や歴史や経済を引き継げないから、がんばってほしいと思うわね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-04-10