FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 美容院に行ったりとか
2019-05-05 (Sun)  09:41

美容院に行ったりとか

hairdryer

昨日は、3ヶ月ぶりに美容院に行った。
髪があたる部分が、なんだかピリピリしていたためである。
わたしは、今度染めるときは根元を除いて、と思っていたのでその通り言った。

「それなら、これがいいですよ。アルカリ成分が入ってないから、かぶれません」
といつもの美容師さんが言うので、じゃあお願いと言ったら、「カットと合わせて10,200円です」と言われたので、「ギェエエ!」と叫び声を発してしまった。
髪染めだけで6,000円ってどうなの?

しかしうちの母は、髪染めを甘くみて続けていたせいで、いまは全身にかゆみがひろがって、しかも髪染めできないのだ。
若いうちから髪染めできないと、どうしても老けてみえる。
わたしは、それだけはどうしても避けたい。
それで結局、10,200円で妥協して、安全な道をとった。
ほんとの貧乏が、見た目貧乏じゃ、もう救いようがないよ。

髪を染めてカットしてラクになったら、わたしはちょっとばかりウイスキーを飲みながら、懐かしのフュージョンを聴いた。
最近の音楽って、わたしはアフリカ音楽ばっかだと思うのよ。
つまり、リズムしかない。
でも本来、アジア人と白人は生まれつき、メロディーとベースラインがないと、聴いていてしんどくなってくると思うんだよね。
わたしが思うに、日本のシティポップが世界で流行ったのもそれで、聴いたはずのない若い世代、たぶん白人が「シティポップは懐かしい」というのもそのせいである。
だからといって、アフリカ音楽が悪いといっているんじゃなくて、たとえば黒人の子供が教えなくてもラップができちゃうとか、血筋的なものがあるということなんだよね。

だから言っちゃうと、わたしの嫌いな韓国のK-POPなんて、ほんとはアジア人は好きじゃないはずなのよ。
ちょっと聴くぶんにはいいんだけど、あれをずっと聴いていて、歳をとってもまだ聴けるとは思えない。
いいと思って聴いているんじゃなくて流行りだな。見かけを含めて、まあアイドルなんだろう。

そういうことで、アフリカ音楽が蔓延している最近の音楽シーンだが、わたしはそんなのについていく気はないので、古いジャズを聴き続けることにする。
しかし、いま古いって言われているのが自分にとって古くないっていうことは、なんだか複雑な心境になるな。
子供のときは、そういうのって渋いなと思ってたけど、そうなってしまうと全然渋いとかじゃないな。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-05-05