FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 芝生公園のカフェにて
2019-05-24 (Fri)  08:18

芝生公園のカフェにて

ice_tea

昨日は通院日だった。
わたしはH主治医に、先日注射を打ったあと、だるくて眠くて吐き気がまた出てきたと言った。
「なんか、眠いと吐き気が起こりやすそうな気がするんですけど」

するとH先生は、「もう少し寝かせたるわ」と言い、寝るための薬を追加してくれた。
やった・・・、じつはこの日も3時間睡眠で目がしょぼしょぼ状態だったのである。
今日こそはぐっすりと寝るぞ!!

その後、ショッピングモールでビールとたこ焼きを食べて昼食としたのだが、あまりの好天候とアルコールの力で、近くの公園のカフェについ寄ってしまった。
そしてオープンカフェで、わたしは黒のタンクトップと麦わら帽子と白いスニーカーで日焼けを楽しんでいたのだが、そこへ若い3人組の女が来て、でかい大阪弁でしゃべり始めた。
それがもう~なんなのよ~。真ん前のサングラスの1人の女が、わたしを明らかに意識してるのよ。
「うちの芸能事務所が、センターが、リハーサルが、モデルが、アメリカの女優が、・・・」

バーカ! おこちゃまが海千山千の雌タヌキに挑んでんじゃねえよ。
暑苦しいのにキチッとお洒落しちゃって、素人はよく間違うんだよね、オープンカフェには冷房がないこと。
あとから来た白人のおじさんたちは、ちゃんと芝生の公園にふさわしいラフな恰好をしていたわ。
こういう場の雰囲気を読めない奴って、いわゆるいけてないってやつだよね。
結局、暑いなか我慢大会をしている女性3人組を置いて、わたしは抹茶ラテのカップを持ち、長Tシャツを着て席を立った。

ところでこの日は、ほかにも変な女子を見たんだよなー。
わたしがたこ焼きを食べているとき、隣に座ったおひとり様(20代)なんだけど、異様に石焼ビビンバの食べ方が上手いの。
お店の人ですか? っていうくらい手慣れた様子でちゃっちゃっちゃと具を混ぜ込み、食べるときも要領よくスプーンを動かし、芸術的なまでにリズミカルなのである。
でもそのさまが、少々悲哀を帯びていた。こんなところで石焼ビビンバを食べることに慣れているんですか。
いつもこうして一人なのかな。ちょっと太ってますけど、大丈夫ですか。

クリニックから帰るちょっとの間に、変なものをいくつか見てしまったわけだが、考えたらいつも暇なんだから、こういうのをどんどん目に入れていかなきゃね。
そして世の中の空気を感じとらないと。いくらなんでも100%隠居じゃね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-05-24