FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 8月の大学の集まり
2019-07-16 (Tue)  07:44

8月の大学の集まり

sakuranbo

昨日は5ちゃんが面白くないので、ずーっと刺繍をしていた。
いまやっているのは、さくらんぼである。

それでフツフツと考えていたのだが、今度8月に大学陸上部の集まりがあるのだが、それに欠席しようという話である。
今年の2月、同期だけで集まったのだが、そのときわたしは、ちょっと嫌な思いをした。
なにかというと、副作用で震える手を見せたら、みんなが引いてしまって凝視されたことである。
このくらいの副作用、ごく軽いもので気もとめてないのに、わたしを何だと思っているの?

それに対する答えはこうだ、「この人、毎日遊び歩いてて親の世話になってて、いいかげんにしたらいいのに」、と思っているところへ、「げっ。気持ち悪い。どこも悪くないのになんでそんなに薬が必要なわけ?」である。
そして、気まずい思いで「ややこしいから関わらんとこ」である。

わたしは、何も知られないうちより、ずっと孤独になった。
なにか、一線を引かれたような気がした。
彼らの心のうちが見えるようだ。「でも、どこも悪くないのに。遊び歩いてるのに違いはないやろ」「治療なんか必要なん? どっか間違ってるんじゃないの」
たいていの人は、「でも、でも、でも」と続ける。
そんなに自分の「診断」を押しつけたいのか。20年間闘病している人を、一瞬で仮病だと看破してみせようというのか。

そんなことを考えていると、もう人前に出るのが面倒になったのだ。
楽しく話をするより、嫌な思いの方が強い。
わたしは働いていないためだと思うが、同期女性からはちょっと見下されている。
「あなたには苦労もなにもわかってないわよね」という視線である。人の苦労なんか、外から見てわかるはずもないのに。

そうすると、この前うちの家に突撃してきた飲み友達のY(♂)のことも腹が立ってきて、「なんで夜中に電話かけてくるかな! 睡眠薬飲んだあとの人間を引っ張り出すなんて最低だ! わたしはすべての人から見下されている!!」と怒りがこみあげてきて、自分の身の上を呪った。
なんて辛い人生だろう。仲間と楽しくやっていた元気だった頃のことが、いろいろと思い出されてがっかりする。
死にたいとか思わないが、ただただ時間に引きずられて生きているだけという気がする。

でも、なんとか通ったばかりの障害年金のことを考えて、一応マンションは売らずに済みそうだ、と気を取り直していた。
嫌なことがいくらあっても、家と着るものと食べるものがあれば、なんとかなると思えるんだよね。
孤独なんて、これからみんなだもんね。わたしも、過去はいいものも悪いものも、ある程度捨てなきゃいけないのかもしれない。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-07-16