FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 恋愛の法則
2019-08-04 (Sun)  20:12

恋愛の法則

bara

今日は、一般的な恋愛について考えていた。
「恋愛におけるお互いの気持ちに、正比例・反比例の関係はあるか」である。

わたしは、因縁の元彼Eを例にとってみた。
例の、4回付き合って別れた人である。
あの人の場合、最初は向こうの方が気持ちが勝っていて、わたしはもひとつという感じであった。
2回目は、お互い同じくらいだったと思う。
しかし3回目以降、向こうは浮気するわ借金を返さないわで、わたしはさんざんな目にあったのである。

「トータルして、相手に対する愛と憎しみの両方を、お互い同じぶんだけ持っているもんだろうか」

瞬間、わたしは別の元彼のことを思い出し、答えはNOだと引き出した。
だって、その人に関していうと、わたしが身勝手な理由で別れたのだが、何年も思い出さないでいるうちにすっかり彼のことを忘れて、いまでは「名前なんだっけ?」のひどい状態なのである。
その元彼の場合を考えると、相手に対する思いに正比例・反比例の法則は成り立たず、まー考えれば当たり前なんだけど、片方だけが軽い気持ちで付き合っていることも多いだろう。

それにしても、元彼Eについて、なぜ今頃になって突然、わたしは思い出したのだろうと不思議なのだが、もしかして同窓会が近いからだろうか?
わたしは欠席と決めているのだが、彼の方は必ず来る、と前回のときに断言していた。
なんでもわかるH主治医に聞いてみたいのだが、人生で初めて付き合った女性で、4回別れてくっついた人が同窓会に来ない場合、彼はやっぱり気になるものだろうか?
ふつうは気になると思うが、最後にへんな別れ方してるしな。
もう、わたしからほかの人へ完全に心変わりしていったのかもしれない。

健康で元気だったころの恋愛を思い起こすと、わたしは例えようのない寂寥感に襲われる。
人生で二度と戻ってこない日々なんだな。
ジャズを聴き、ウイスキーを飲む自分の方が似合ってしまったいま、過去の輝かしい時間のなかにいた自分が、脳裏の蘇って仕方ないのである。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-08-04