FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › あきらめるべきもの
2019-08-12 (Mon)  20:19

あきらめるべきもの

asagao

今日は、昨日数時間外で飲んだことで、朝からしんどくてたまらなかった。
ぐんにゃりとしながら、昼すぎまで寝たり起きたりを繰り返す。

一緒に飲んでいた大学陸上部同期のY(♂)には、結構詳しく病気のことを話したが、ふつうの人ならもう聞きたくない、というところまでふーん、と聞いていたので、もしかしたら先日うちに突撃してきたときの、わたしの異常な様子になにか気づいたのかもしれない。
まあね。家がそこら中汚くて散らかっていて、本人は朦朧としていてしゃべっている最中に気絶する、というような有様を見ていたら、誰でもおかしいと思うよね。

でもわたしは、それで自分のことをわかってもらえた! などと喜ぶ気はさらさらなく、逆に無力になって舞台裏を見られた・・・、としょんぼりするのだった。
まさに、鶴の恩返しの舞台裏ってやつである。
鶴がハタを織っているところでも、日記帳でも、見たらもとに戻らないものってあるのだ。
わたしがふだん、生命力を使い果たして、ずるずると時間に引きずられている残骸を見て、彼は「こんなだらしない奴だったのか」と思ったことだろう。

すると大学時代、健康で飛び跳ねていた頃のわたしまで、打たれ弱くてだらしない人として記憶が上書きされる。
べつに、この人でなくたってそうなのだ。
「病気なのか、気の毒に」が、いつしか「プラプラ遊び歩いている人」に変貌していく。
「親の世話になって、何もせずなーんにも考えてない怪しい人」というのが、いまのわたしの称号である。

こうして、仲間になってくれるかなと思った人も、やっぱりわたしから離れていく。
わたしは悪くないのに、人の世が、わたしをキチガイとして人から自然に寄り分けているかのようだ。
そしてわたしはまた下を向いて、何もかもあきらめよう・・・と自分に言うのだが、少し胸が苦しい。
寂しさよりは悲しさが強い。あきらめなければならないもの、失っていくものが、多すぎるような気がする。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-08-12