FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › ラオスのFさん
2019-09-03 (Tue)  19:45

ラオスのFさん

sandaru2

今日も、朝しんどくてたまらなかったのだが、ボランティアの日本語教室があったので、必死の思いで行った。
今日は、いつものタイのTさん(♀)が仕事で来ていなかったので、ラオスのFさん(♀)の担当をした。

Fさんは来日して1年だが、タイ3人組より日本語ができる。
日本語検定N4・5を受けるという話だったので、今日はN4の教材を用いて勉強した。
どういうのかというと、ゴミの出し方みたいな簡単な文章の読解とか、簡単な漢字の読みである。
Fさんはひらがなの文章はわりと読めるのだが、漢字でちょっと苦戦していた。

わたしは、受験時代の自分のズルい正答率の上げ方をこっそり伝授した。
「姉と妹は、横に女がついてるでしょ。女に関係あるのはこっちかこっちだから、”妹”はこっち」
「走る、っていう字はなんとなく人が走ってるように見えるでしょ。漢字にはそういう字があるから、わからなかったら形で判断」
「高い建物は、ひろい、とおい、だったら意味が通じないから、正解はたかい」

まあ要するに、単なるテスト対策で、わかんない漢字に出会ったときの対処法である。
ほんとうに使うぶんは、勉強して・・・、Fさんはじつはほかの場所でちゃんと勉強していて、本日はタイ3人組について覗きに来たのである。
こういう語学を教えるときは、本人の意向にそって勉強を進めていくのが大事で、教える側が決して押し付けてはならない。
また、自己満足で終わってもいけないとのことで、要するに相手の様子をうかがって、ちょっと適当にやるのがいちばんいいようだ。

そういうことで、授業が終わったらタイとラオス組は「寒い」と言って帰っていた。
やっぱり南の人は寒がりだね。このクソ暑いのに、いっつも長袖レギンス姿だったりして、今日も冷房に耐えていたのだろう。
しかし室温の問題は、夫婦の仲でもケンカするというし、おじさんもいる教室の中では、全員が納得する室温はないだろうな。

わたしはわたしで、帰ったらもうぐったりして、息も絶え絶えだった。
なんでこんなに疲れるんだろう。お風呂に入っても治らず、一回横になって刺繍を始めたら、ようやく調子が戻ってきた。
5ちゃんは相変わらず面白いネタがない。韓国ネタではみんな盛り上がるが、もっと面白いことが起きてくれないとねー。
日本の第二弾輸出管理品目発表とか、在韓米軍撤退とか。
そうなったら、わたしは韓国の為替と株に張り付いて、一日中ウキウキ見ているんだけどね。

まあこの件に関して、元彼Sちゃんが、11・12月になんかありそうと予言しているので、楽しみにしている。
ちょっとは目標がないと毎日がしんどいよね。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-09-03