LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

サイコパス介護

omutsu

末期ガンの父の看病で、また母の行動にうんざりしてきた。
これは引くに引けない、トイレ問題である。

ヨボヨボの重病人だって、トイレは自分で行きたいという欲求があるはずだ。
そこは、絶対尊重しなければならない。
しかし、母は違う。
「自分が介護したい」という、おかしな理由で、父をおむつ状態にしようとしたのだ。

昨夜、母が、「お父さん、ポータブルトイレもあかんかったわ」と言うので、それに乗ることさえできないの? とわたしは思った。
「だから、おむつの中でしてもらおうと思って」
「え? それはあかんやろ」
「でも、お父さんがそれでいいって」

ついこの前まで、歩行介助つきでトイレに行っていたのに、おむつでいいって??
わたしは、ヘンだなと思った。
もしかしたら、母は「お父さん、もうその状態やったら、おむつしかないわ」とか何とか言って、本人に諦めさせたんじゃないだろうか。

果たして今朝、わたしが父の身の回りをあれこれしていたら、父がトイレについて、「ゆみ、(歩行介助)頼むわ」と言い出した。
「うん、いいよ。いま? あとで呼ぶ?」
すると、父は黙ってうなずいた。
わたしの心には、ちょっとした怒りが湧いてきた。

母は、なにを言っているんだ。
父は、おむつの中で用を足すなんて、全然納得していない。
昨夜の、「ポータブルトイレがあかんかった」というのは、できないんじゃなくて、本人が同意しなかったという意味か。
ポータブルトイレが嫌な人が、おむつを受け入れるわけがない。
「どうせ、食べてないから、そんなに出ないから」というのが、母の主張だったが、じゃああなた、やってみたらどうですかという腹立たしさが沸き起こってきた。

さて問題は、明日なのである。
明日は、前回を反省したのか、躁状態の妹がやって来る。
この人は、まえに来たとき、父の両脇を一人で抱えてトイレまで行くという、ウルトラCをやった人なので、病人にとっては辛いかもしれない。
母が、「お父さんはもう、おむつの中じゃないとできへんねん」とか、「あんたには歩行介助は無理やわ」とか、独自の考えを吹き込まないといいけど・・・。
わたしは不在なので、事がどう進展するかわからない。
あわよくば、父がおむつを拒否してくれて、妹が「いつもはどうしてるん?」という流れになればいいけど。
母のサイコパス介護から、父を守らなければ。

該当の記事は見つかりませんでした。