FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 深夜の介護
2017-11-22 (Wed)  10:19

深夜の介護

okidokei
疲れた・・・。
昨夜は遅く、父の看病で二回起きた。
一回目は嘔吐で、二回目はトイレ・着替えである。

この程度で、しんどいとか言っているのは甘いんだろうけど、この調子で年明けまで頑張れるのかと不安にも思う。
これからもっと、要介護度は上がっていくんだろうし・・。

「ヘルパーさん、呼ばなあかんな」
「そうやな、素人の介護ばかりやと疲れるよな」
わたしと母は同意した。
しかし、深夜の介護だけは、さすがにヘルパーさんは来れないから、一定のしんどさは出てくるんだろうな。
わたし自身の体調は大丈夫なんだろうか。
一般に、精神障害者はストレスに弱く体力がないのだ。

わたしが「介護のやり過ぎ」をくどくど言ったからか、母は「明後日、ゆき(妹)に来てもらってもいい?」と言い始めた。
もちろんかまわないが、母は毎日、わたしと顔を付き合わせているのが、嫌になったんだろう。
わたしも嫌だよ。
案外こういうのって、介護そのものより、介護人同士のいがみ合いなんかで、トラブルのかもね。

父には、こうしたややこしい関係を、まったく気づかせずにいる。
父は、もうかなり弱っていて、小さく話したりするが、身体を動かすときなどは、されるがままだ。
ほとんど何も食べず、水もわずか、点滴で不足分を補っている。
痛みがまったくないのが救いだ。
この時点で、こんなにも痛みを訴えないガンって、ラッキーなんじゃないだろうか。

さて、疲れたわたしは、母には悪いけど、明後日マンションで放送大学を見ながら、ゆっくり過ごそう。
しかしこれ、一人で介護している人ってどうやってるの?
絶対無理のように思えるんだけど・・・。
父の場合も、介護人二人でもダメになったら、入院になるだろうと思う。
その時期を、できるだけ遅らせられたらいいなと思う。

最終更新日 : 2017-12-31